2018年1月19日 (金)

外は冬、ネタは一足早く“春”の兆しも

寿司の池田です。

正月が明けたかと思ったら、日本海側は大雪、冬本番です。

さてこの季節は一年で一番脂がのった素材を楽しんでいただける時期、美味しい寿司ネタとツマミをご用意しております。

先ず皆様ご存じの鮪、今が旬です。

Photo_2

握りでお勧めは鯛、縞あじ、こはだも丁度良いサイズで美味しく、貝類も帆立、つぶなども

Photo

お昼のお勧め一番はお手軽な“唐津”、握り七貫に巻物の組み合わせ、内容は仕入により見繕わせて頂きます。

Photo_4

その他にも色々と品書きを用意しておりますので、クラブのHPを是非、ご覧ください。

市場を覗くと、赤貝、ミル、つぶなど貝種類も増えてきました。
いよいよ春間近、といった感じです。

ご利用、お待ちしております。

2018年1月18日 (木)

温かな“鶏けんちん汁そば”、“能登海鮮鍋” お昼にご用意

日本料理の西野です。

正月明けて、これからが一年で一番寒くなる季節

料理で体の芯から暖まっていただこうと、お昼の品書きも温かな物をご用意しております。

先ずご紹介するのは”鶏けんちん汁のお蕎麦”、先付にお菜三品、高菜のお握りでお膳に組んでお出ししますのでお時間に限りのある方にもピッタリ

208

こちらは一人鍋仕立ての“能登海鮮鍋”鰤、ずわい蟹、甘海老など海鮮に加賀のすだれ麩、焼き豆腐などを盛り込んで熱々でお出しします。

185

その他には白エビのかき揚げを入れた天麩羅ご膳、鴨ロースを煮炙りして丼にしたお膳などもご用意ございます。

是非、ご利用ください。


2018年1月17日 (水)

ジャンボ海老フライ ご好評頂いております。

コンチネンタルダイニングの永島です。

今月のヒルズランチでお出ししている海老フライ、“ジャンボ”と冠をつけております。

045


差し渡し22㎝を超える大きさ、立派な尾頭付で食べごたえ充分。

身はプリプリ、カラッと揚がって一口ほおばると海老の身の甘さが口に広がります。

046

先ずそのまま一口、次にタルタルソースをたっぷり添えて、今度はウースターソースでと、何度も味の変化をお楽しみ頂けます。

今回の海老フライ、厨房の飛知和さんの力作、本人もお勧めしておりますので、是非ご賞味ください。

その他には焼きカレー、菜の花と浅利のスパゲティなどカジュアルな料理もご用意しております。

詳細はこちらのHPをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

2018年1月16日 (火)

鴨の煮炙り丼にけんちん鶏そば

日本料理の岡本です。

お昼の品書きから二品ご紹介

先ずは鴨を使った丼、名付けて“鴨の煮炙り丼”

118

鴨ロース肉を甘辛のタレで炊き、薄切りにしてから炙って香ばしさをのせております。

味は蕎麦屋の鴨焼きをイメージしていただくとよろしいかと思います。


こちらは、けんちん鶏そば

211

やはり寒くなると温かな料理が喜ばれますので、出汁で冬の根菜類と鶏を炊き熱々のけんちん蕎麦に仕立てております。

どちらのお料理も小松菜のお浸し、蒟蒻とぜんまいの白和えなどとお膳に組んでお出しします。

その他、お蕎麦は白エビと冬野菜のてんぷら蕎麦、贅沢なずわい蟹、鰤、甘海老などの海鮮一人鍋などもご用意しております。
詳細はクラブHPメニューご案内をご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

2018年1月15日 (月)

当店の冬の定番“焼きカレー”如何でしょう

コンチネンタルダイニングサービスの永島です。

1月のヒルズランチから私のお勧めは“焼きカレー”

Photo_2

バターライスにカレールーをのせ、チーズをかぶせてオーブンで熱々に焼いてお出しします。

器の端のチーズが焦げ、香ばしく食欲をそそります。

焼きカレー発祥の地は九州の小倉と言われており、ここ数年彼の地ではご当地グルメとして売り出しており、TVなどにも取り上げられているようです。

九州出身の弊社徳永の発案でお出しするようになってから早5年、寒さが厳しいこの季節の定番料理となっています。

ヒルズランチではその他にジャンボ海老の定食、浅利と菜の花のスパゲティなどもご用意しております。

是非、こちらのクラブHPをご覧ください。

追記:今月よりメニューに“サイドディッシュ”の項目をつくり3品ご案内しております。

①ミニシーザーサラダ 600円 ②海老フライ(1本) 600円 ③ハーフカレーライス 800円

「少しだけ追加したい」、「野菜をとりたい」、「海老フライ1本だけ食べたい」などのご要望に応えしてメニューを作りました。

2018年1月12日 (金)

“新春プラン” 4名でお一人無料、他特典満載

予約の鈴木です。

1月~2月はお得なプランを沢山ご用意しております。

その一つ、毎年恒例の「新春プラン」を9日からご用意、その一部を写真でご紹介

日頃会員のご予約窓口を担っていらっしゃる秘書、総務の方々にクラブを実体験して頂きたく、ご用意したのが「新春プラン」です。

こちらは寿司よりランチメニューの寿司十貫イメージ
158

クラブの各店舗で4名のご利用でお一人分が無料になる昼夜の特別メニューを昼夜ご用意しております。詳細はアークヒルズクラブプロモーションご案内をご覧ください。


また、「Webクーポン提示でワイン持ち込み料無料」もございます。

20180102_web_coupon

こちらの「Webクーポン」と「新春プラン」を同時にお使いになると、とてもお手軽な料金でお食事して頂けます。

詳細はこちらのクラブHPをご覧ください。

皆様のご利用、ご予約をお待ち申し上げます。

2018年1月11日 (木)

“白エビのかき揚げ”で天ぷらご膳

日本料理の大澤です。

お昼ご飯に天麩羅はいかがでしょうか。

お昼に白エビと冬野菜の天麩羅を主菜にした品書きを用意しております。

127

汁はシジミ、佐渡産のコシヒカリと胡瓜、沢庵、柴漬けの食事に小松菜のお浸し、蒟蒻とぜんまいの白和え、さらに鮪やまかけとお膳に組んでお出しします。

野菜類もたっぷりと頂けますし、魚介のタンパク質、天麩羅で脂質と栄養バランスの良い品書きになっていると思います。
正月明けの飲みすぎで疲れた肝臓もシジミのオルニチンで元気も復活(と願っております)。

今月は新商品の“鶏のけんちん蕎麦”、“鴨の煮炙り丼”などもお出ししております。

是非お試しいただきたく、こちらのクラブHPを是非ご覧ください。

2018年1月10日 (水)

2月16日、一日限りのワインバル“ブルゴーニュ編”ご案内

コンチネンタルダイニングの河原です。

これで4回目になるワインバル、今回のテーマは“ブルゴーニュ”です

日程は2月16日(金)の夜18時30分~

参加費は14,000円(ワイン、おつまみとしめの食事、税サ込)

Photo


今回はアカデミー・デュ・ヴァンより講師お二人をお招きし、皆様にワインの紹介をさせて頂きながら試飲を楽しんで頂こうと考えています。

ご用意するのはブルゴーニュの著明な生産者のワインから

白ワイン:ムルソー、シャブリ、ピュリニーモンラッシュ etc

赤ワイン:コート・ド・ニュイ、ジュヴレ・シャンベルタン、シャンポール・ミュジニー、モレ・サン・ドニ etc

などを入れたリスト選定を進めており、お飲みになって気に入ったワインは購入頂けます。(酒販店よりご自宅へ配送)


当然、おつまみお食事もブルゴーニュに因んでワインに合うエスカルゴ、ブッフブルギニョンなどをご用意しようかと、料理長と相談中です。

席数に限りがございますので、ご検討中の方もご一報頂けると幸いです。

ご予約、お待ちしております。


2018年1月 9日 (火)

今月のハンバーグはオニオンソース

鉄板焼の鈴木です。

お昼の一番人気は和牛100%のハンバーグステーキ、今月はオニオンソースで召し上がって頂きます。

ソースは玉葱をじっくりと炒めることで甘さを引き出した手間ひまかけて作りました。

Photo

当店では栄養バランスを考えて、お肉だけでなく野菜も沢山召し上がって頂こうとメニューを作っており、普段目にしない珍しい野菜もお出ししますので、是非お楽しみください。

今月のランチスープはコンソメスープ、肉を沢山使う鉄板焼だからできるスジ肉をたっぷりと使った贅沢なスープです。スジ肉はコラーゲンを含むゼラチン質がたっぷり、おかわりもご遠慮なくお申し付けください。

ご注文、お待ちしております。

2018年1月 5日 (金)

焼きカレーとジャンボ海老フライ、菜の花と浅利のスパ、お昼にご用意してます

コンチネンタルダイニングの仁藤です。

年明けのヒルズランチ、揚げ物第一弾は“ジャンボ海老フライ”
043

大きすぎて写真から尾がはみ出すほど(?)の海老を2尾、ボリュームたっぷりです。

もう一品ご紹介するのは、昭和の初めに小倉で誕生したと言われ、昨今人気の“焼きカレー

Photo_2

チーズを乗せて熱々に焼いてお出ししますので、上あごの火傷にご注意ください。

新春のイメージにぴったり”菜の花と浅利”のスパゲティ

084

ほろ苦い菜花、浅利の出汁をたっぷり含んだオイルソース、間違いない組み合わせです。

1月は9日からメニュー替わり、是非こちらのクラブHPをご覧ください。

ご来館、お待ちしております。

«明けましておめでとうございます。