2022年5月26日 (木)

土曜限定、”宝楽焼き””季節のお弁当「菖蒲」”に”ステーキフリット”

予約の田中です。

今日ご家族ご友人などのお集まりに最適かと土曜限定のお得なメニューをご紹介

コンチネンタルの土曜限定お得なメニューは、国産牛ステーキのセット

P2090445

250gまでお好みのボリュームでご注文を伺いし、ステーキが焼きあがるまでの間は前菜盛り合わせのプラターとシーザースサラダもご用意して、ランチのお値段は何と! 4,180円(税込み)と大変お得な価格となっております。

食欲旺盛なお若い方でも安心?して注文頂け、ご満足して頂けます。

日本料理では、土用限定のお昼の品書き”宝楽焼き”5,000円(税サ込み)

土曜限定お昼の宝楽焼き

P2160231

さらに季節の松花堂弁当”菖蒲”も(税サ込)で5,000円でご用意、同窓会など会費制のご利用シーンにピッタリかとおすすめします。

そのほかこちらクラブHPのお得な情報ページには様々な特典、お得なメニュー、例えばお寿司のおまかせ20貫11,000円、10貫5,500円などもご紹介しております。

是非、一度ご覧ください。

 

2022年5月25日 (水)

土曜限定 魚料理と国産牛を両方食べられるお得なメニュー 

鉄板焼の小寺です

土曜限定でお魚(蝦夷あわび/本日の鮮魚ソテー)、お肉(国産牛サーロイン/フィレ)からお好みで選んで頂けるメニューをご用意しています。

P2150559

(写真はイメージ)

メニュー構成は、前菜、サラダ、お魚料理、お口直しの野菜、国産牛、一緒に季節の焼き野菜、そして白ご飯(うに炒飯、ガーリックライスも追加できます)、最後はデザートとコヒー紅茶、と言う構成で11,000円(税込み)

お得な料金でご用意しておりますので、是非こちら土曜限定お得なメニューPDFをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2022年5月24日 (火)

好評です 霧峰牛を使った”ジャンボコロッケ” 

コンチネンタルダイニングの岩田です

今日、おすすめするのはランチからジャンボコロッケ

186_20220427111201

何と!宮崎産の霧峰牛を使ったジャンボなコロッケです

188_20220427111201

感の良い方は、もうお分かり・・・ステーキディナー&ランチで使っている宮崎産の霧峰牛フィレ肉の端のお肉を使っています。ステーキ肉を用意するに際し、両端が少しづつ余ります。このお肉を挽いてコロッケに使い、贅沢なコロッケに仕立てています。さらに嬉しいことに”ジャンボ”と名乗るにふさわしいボリュームです。

是非、お召し上がりください。

その他ヒルズランチでは門司の名物料理”焼きカレー”。”魚介のスパゲティ”などカジュアルなお料理をご用意しております。詳細はこちらのランチメニューPDFをご覧ください。

2022年5月23日 (月)

お昼の宝楽焼き 5千円(税サ込)土曜限定です

日本料理の西野です

土曜限定のお昼の品書きが先月から海鮮”宝楽焼き”を主菜とした品書きに一新されました

P2160217

小鯛、サザエ、海老、笹巻麩、そら豆などを蒸し焼きにした豪華な主菜です

小鉢、副菜、鮪叩きなどの副菜に佐渡国仲平野のコシヒカリ、留椀に香の物、水菓子のコース仕立て

お昼のお集まりに便利な5千円(税サ込)のお値段に収めております。

詳細はクラブHPからお薦めのページをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

なお、女性限定の少量多品種で色々と楽しめるメニュー「レディースランチ」5千円(税サ込)もご用意しております。

※男性のご注文は6,500円(税サ込)でお願いしております。

2022年5月19日 (木)

ランチ&ディナーの”オーセンティック”なメニュー

コンチネンタルダイニングの飛知和(ひちわ)です

ランチ&ディナーにお出ししている「オーセンティック」と言うメニューがあります。

メニューのコンセプトは名前のとおり「どなたもご存知、安心して注文できる有名な料理」=オーセンティックです

今月の夜のメインはウインナーシュニッツエル(仔牛のカツレツ)

P2040214

前菜に、真鯛のカルパッチョ、スープはジャガイモのポタージュと言う安心できるお料理で組み合わせています

なお、お昼のメイン、チキンディアブル(鶏もも肉のマスタードパン粉焼き)も定番のフランス料理

メニュー詳細はクラブHPからメニューご案内をご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2022年5月18日 (水)

土曜限定のお得なランチ&ディナーのステーキセット 国産牛サーロインです

コンチネンタルダイニングの岩田です。

写真は、コンチネンタルダイニングの「土曜限定 国産牛ステーキフリット」

P2090445

250gまでお好みのボリュームでご注文を伺い、ステーキが焼きあがるまでの間に

P2090344

前菜盛り合わせのプラターとシーザースサラダを召し上がって頂き

お値段は 何と! ランチで4,180円(税込み)と大変お得な価格設定となっております。

食欲旺盛なお若い方でも安心?して注文頂け、ご満足して頂けます。

詳細は、こちらクラブHP]からお得な情報ページをクリックしてご覧ください。

ご予約、お待ちしております。

 

2022年5月17日 (火)

お昼に”鰈の煮つけ”は如何

日本料理の河原です

今月のお昼のお薦め膳の主菜は”鰈の煮つけ”

P2160319

冬の平目、夏の鰈と言う言葉があるように、白身の美味しい魚の代表です

この鰈を濃いめの汁で煮つけにしていますから、身はフックラとして綺麗な白身のまま、運がよければプチプチの卵もお楽しみ頂けます。煮つけには針生姜をたっぷりと添えておりますから、さわやかな後味も楽しんで頂けます。

煮魚には”白飯”が一番合うと思いますが、ちょっと贅沢をとおっしゃる方には”博多海鮮丼(+550円)”を替わりにご注文頂けます。

P2160356

こちらにお薦め膳品書き詳細 を載せておりますので、是非一度ご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

 

2022年5月16日 (月)

低脂質、減塩で健康的なランチメニュー”マンスール”

コンチネンタルダイニングの定池です

今月のランチメニュー”マンスール”を写真でご紹介します。”マンスール”のテーマは「低脂質かつ減塩で健康に留意したお料理」、言い換えれば、胃にもたれない、しかも栄養バランスの良い食事です。

先ず前菜、カリフラワーのババロア 完熟トマトと生ハムのサラダ バジル風味

P2160179

スープは、ベビー帆立と春レタスのサフランスープ

P2160106

メインは、お魚又は肉料理を選んで頂きます

魚料理は、スズキのソテー カレー風味のバルサミコソース 春キャベツのソテー

P2160114

そして肉料理がポークフィレ肉のステーキ グリーンマスタードソース リヨネーズポテト添え

P2160120

バター、クリームなどの動物性脂質を極力控え、ビネガー、マスタード、柑橘類などを使って塩分を抑えた料理でメニューを構成しています。

香辛料も上手く使う事で食欲も湧きますし、良質な蛋白質と旬の野菜でバランスの良い栄養素もとれる献立になっていると自画自賛。

動物性脂質を控えていますので、日頃からご接待が多く、過食気味とおっしゃる方にも向いているランチかと思います。メニュー詳細はこちらのPDFでご覧いただけます。

是非一度、お試しください。

 

2022年5月13日 (金)

5/27 ボルドーのワインイベント【満席御礼】

コンチネンタルダイニングの岩田です

今日は、ワインバル「ボルドー編」の【満席】のお知らせです

前回2月の北イタリア編では30名様限定で会員、ゲストの方々に参加頂きました。多数のお申込み、お問合せを頂きましたが、COV対策でフィジカルディスタンスを確保したテーブル配置としまし為、38名様限定とさせて頂きました 

P2150116

エノテカ(株)六本木ヒルズ店からスタッフを派遣頂き、ワインの説明と希望する方にはご購入頂けるように協力頂きました

今回の「ボルドー編」はポーイヤック村の赤ワインを中心にビストロ料理と一緒にお楽しみ頂く、カジュアルなイベントです。目玉は”シャトー・ムートン・ロスチャイルド2012”の試飲

日程  5月27日(金曜) 18時30分から 【満席御礼】

参加費 35,000円(料理、ワイン、税サ込)

クラブHPからイベントのご案内

ご提供するワイン、お料理など詳細は、上記のリンクでご覧頂けます。

 

 

2022年5月12日 (木)

蕎麦ご膳は二八の細打ちのせいろと高菜飯 黒豚のつけ汁、天ぷらの追加も

日本料理の倉田です

GWが終わると急に夏模様、毎日が初夏と言ってよいほどの陽気です。この時期、お昼には「さっぱりした物が良い」とおっしゃる方も多く、そんな方へお勧めしているのが「蕎麦ご膳」

お蕎麦は二八の細内のせいろ、つけ汁は少し濃いめに仕上げております。今月は九州の食文化、食材をテーマに品書きを作っておりますので、蕎麦にも鹿児島の黒豚の汁をご用意、追加(+550円)で注文頂けます。

P2160396

一緒にお出しするご飯は九州特産ちょっとピり辛の高菜飯、小鉢は切り干し大根の旨煮、しらすと明日葉のお浸し、新じゃがの煮物という食の進む総菜料理

P2160379

お好みで天ぷら盛り合わせを追加する事もできます

P2160403_20220427131401

お昼の「蕎麦ご膳」品書きPDFで詳細をご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

 

«九州の味覚がテーマ 日本料理、お昼の品書き