2017年3月29日 (水)

牛丼、鮪丼、天丼に親子丼 ご用意してます

バーの荒木です。

最近、御昼どきにお一人で来店される方が増えている様に思えます。

そんな方々にBARでご用意したのが“丼物”

人気No1は和牛で作った牛丼
Photo_6

続いて鮪丼
Photo_7


天丼も
Photo_9

定番の親子丼
Photo_10

気が付けば丼物だけで4種類、お昼時にはパスタ、カレー、サンドイッチとカジュアルなメニューを幅広くご用意しています。

どうぞこちらのクラブHPラウンジ ランチメニューご覧下さい。

たまにはひとり飯も良いものです。

2017年3月28日 (火)

寿司、和食、フランス料理と蕎麦のコラボレーション

サービスの佐藤です。

4月のコラボレーションメニューをご案内します。

先ずは、お腹に少し溜まるお寿司をお出しし

Photo_4


飯蛸柔らか煮、空豆、豆乳桜寄席、姫栄螺など春の前菜

Photo

お造り、旬の素材三点盛り

Photo_5

主催はAUS産サーロインのグリル 八角と黒胡椒風味のソースで

Photo_2

〆はしらすおろし蕎麦です

Photo_3

寿司、日本料理、フランス料理とお蕎麦で組んだコース、ご接待を中心に好評を頂いております。

天ぷらの追加、お造り、肉料理のグレードUPなどご要望ございましたら、ご予約時にお申し付けください。

こちらクラブHPメニューでは皆様のご利用目的に応じたお料理、コースメニューのご紹介を致しております。

是非、ご覧ください。


2017年3月27日 (月)

和食材で季節を楽しむフランス料理“シェフズディナー”

コンチネンタルダイニングの柴田です。

4月のシェフズディナーは春の食材をたっぷり使って組んでおります。

一足早く写真でご紹介させて頂きます。

先ずは前菜
水蛸、小海老とイクラに卯の花のサラダ
Photo_8

新ごぼうと新たまねぎのスープ
Photo_10

鰆の西京焼きスタイル 柚子と醤油風味で召し上がって頂きます
Photo_2

国産牛サーロインのグリル 白ごまのソースに焼き茄子と空豆
Photo_13

料理の技法はフレンチですが“卯の花”、ごぼう、柚子、胡麻などと旬の野菜をたっぷりと使った健康的なメニューに仕上がっていると思っております。

メニュー詳細はこちら4月のディナーをご覧ください。

ご利用をお待ちしております。

2017年3月23日 (木)

3月のお昼は“桜祭り” 桜海老の掻揚蕎麦、桜鯛茶漬け、桜ます若狭焼

日本料理の大澤です。

3月の品書きは春満開

お昼に人気の蕎麦ご膳は、桜海老のかき揚げを添えてお出しします。

Photo_6

根三つ葉の胡麻醤油がけ、金平牛蒡などとお膳を組んで、とろろ昆布のお握りと一緒にお出しします。

こちらは春景膳と名付けた昼食の主菜 桜鱒の若狭やき

Photo

そのほか、桜鯛茶漬けもご用意しております。

Photo_2


三月のお昼の品書きは、一足早く“桜”が満開です。

詳細はクラブHP日本料理3月お昼の品書きをご覧ください。


2017年3月22日 (水)

ハムとチーズを挟んだチキンカツ

コンチネンタルダイニングの仁藤です。

3月のヒルズランチのお薦めチキンの胸肉にハムとチーズを挟んで揚げた“コルドンブルー”をご紹介

Up

今回の付け合せはジャーマンポテトと温野菜にしました。

Photo_2

ソースはフォンドヴォーをベースにし、赤ワインを加えたリッチな味わいです。

お手軽に召し上がって頂けるヒルズランチではパエリア、ほたる烏賊とウルイのペペロンチーノなどもご用意しております。

その他、低脂質減塩の料理の“マンスール”、定番フランス料理の“ビストロランチ”、銘柄和牛の“ステーキランチ”とご接待に相応しいランチもご用意、詳細はどうぞこちらの3月ランチメニューをご覧ください。

2017年3月21日 (火)

イベントレポート 一日限りのワインバル 3月17日

コンチネンタルダイニングの河原です

3月17日にお催されたイベントWINE BARのレポートです。

Photo_6

今回のテーマは“日本のワイン”、横浜君嶋屋様のご協力で品揃え。
君嶋社長とのワイン談義にゲストも楽しまれたご様子
お気に召したワインは購入頂き、自宅へお届けしました。

Photo_7
・勝沼醸造       アルカブランカ ブリリャンテ2013(泡)
・小布施ワイナリー  プティヴェルド サンシミ2014
・中央葡萄酒      グレイス茅ヶ岳、甲州 菱山畑、甲州 鳥居平畑2015
・ファンキーシャトー  シャルドネ、ピノノワールヴァン ドゥー2015
・セイズファーム    カベルネソーヴィニョン2015
・丹波ワイン      丹波鳥居野 ピノブラン シュールリ
など15種類

Photo_10
Photo_8
Photo_9

料理もワインに合うおつまみ中心に
ブルスケッタ、イベリコハム、オリーブなどの軽い物からラクレットチーズ、おでん風ポトフ、メンチカツ、焼き鳥(トリュフ風味、わさび、柚子胡椒)などの温かい料理、ジャーマンポテト、パエリア風ピラフなどお腹に溜まる物もご用意し、〆の食事には“桜海老のペペロンチーノ”をお出ししまた。

こちらはメンチカツ、生ハム、ジャーマンポテト、海老のアヒージョにオリーブのお皿
Photo_11

”おでん風ポトフ”なんて洒落たお遊びも
Photo_12

皆様、わいわいガヤガヤ、試飲を兼ねた飲み放題を楽しまれていらっしゃいました。

「飲んで食べて12,000円は安い、飲み過ぎちゃったよ」とありがたいコメントも頂戴しましたので、次回も頑張って企画を進めます。


2017年3月16日 (木)

人気です 和食材で季節を楽しむフランス料理

コンチネンタルダイニングの岡本です。

最近人気の“シェフズディナー”をご紹介します。

こちらのコンセプトは「和食材を使って季節を楽しんで頂くフランス料理」


前菜は自家製サーモンマリネに春うどのサラダを添え、大葉の香ソースで召し上がって頂きます。
Photo_5

コンソメスープ 手毬麩と新アスパラの葉をあしらっております。
Photo_6

魚はアイナメの木の芽焼き、アイナメをソテーし木の芽の香りで、山椒風味のソースと筍のリゾットを添えています。
Photo_7

国産牛ポアレ溜まり醤油、バターで炊いた揚げ牛蒡と山葵の付け合せです。
1

この季節は山菜や芽吹いたばかりの野の恵みなど春の香りを楽しんで頂きたい、とメニューを作りました。

料理手法はあくまでもフランス料理です。

夜はその他に定番のビストロ料理のディナー、海の幸で構成したディナー、銘柄和牛のステーキディナーとご用意しております。

是非こちらの3月のディナーメニューをご覧ください。

2017年3月15日 (水)

イベントレポート “テタンジェ”シャンパンメーカーズディナー

コンチネンタルダイニングの河原です。

10日夜にシャンパンメーカーズディナー“テタンジェ”を開催しました。
写真を中心にイベントの概要をレポートさせて頂きます。
Photo
Photo_3

店内はシャンパンに相応しいシックな装飾を施し
Photo_2

当日お出ししたシャンパンとお食事のメニューです。
(クリックして拡大)
Photo_9

テタンジェのシャンパンアンバサドリス みどり福永フェレ氏をお迎えしました。
3
Photo_4

今回のイベントはテタンジェの輸入元であるサッポロビール様のご協力を得て開催
Photo_6
ご参加の皆様はテタンジェを思う存分に楽しみ、ご満足頂けたご様子でした。

次回のイベントは17日に一日限りのワインバル「日本のワイン」を開催いたします。
お席は若干の余裕がありますので、是非ご予約ください。
詳細はこちらHPのワインバルご案内をご覧ください。


2017年3月14日 (火)

お昼のご接待にいかが、佐賀牛のステーキセット

コンチネンタルダイニングの岡本です。

最近はお昼のご接待が多くなったように思います。

こそでご用意いしたのが銘柄和牛をシンプルに召し上がって頂く“銘柄和牛のステーキセット”

こちらがメインの佐賀牛のフィレ肉のローストです。

Photo

南瓜のコロッケと春菊のソテーを添え、黒胡椒風味のソースで召し上がって頂きます。

前菜は当日見繕い6種盛合せ、続いて人参のスープをサーブ、ステーキの後にデザートとコーヒーをお出しします。

限られた時間のビジネス利用の方々に最適かと思います。

こちらに3月のランチメニューのリンクを貼っておきます。是非、ご覧ください。


2017年3月13日 (月)

赤味噌仕立ての“牛鍋” お昼に如何

日本料理の西野です。

今月の贅沢膳は“牛鍋”

男女を問わず牛肉がお好きな方が多いようにお見受けします。

そこで牛肉をお江戸伝統の味、食が進む赤みそのたれで召し上がって頂きます。

Photo_10

あえてすき焼ではなく、味噌仕立ての鍋にしました。

Photo_11

浅草や両国界隈のすき焼、桜鍋、どじょうなどの老舗にもお江戸の味の共通点があります。

濃い味の醤油、赤みそ、木綿豆腐、葱、いづれも古くから慣れ親しんだお江戸の味。

気のせいか愛知、三河の味に似ていると思うのは私だけでは無いでしょう。

濃い味の牛鍋ですが、その他お昼にはさっぱりした鯛茶漬け丼、桜海老のかき揚げ蕎麦、ご接待向けのお弁当などのご用意もございます。

どうぞこちらの3月お昼の品書きをご覧ください。


«和食材で季節を楽しむフランス料理“シェフズディナー”