« 初夏の主役は“鱧” | トップページ | クラッシックなモスコミュール、でも新しい? »

2013年7月 4日 (木)

コチ、真子鰈、シャコ爪

寿司の倉持です。

今日は良い白身が入りました。
房総は金谷、保田周辺の地物を活け〆で仕入れております。

コチです。
地味な存在ですが、モッチリとした上品な白身が白身好きの方々に愛されており、私も大好きです。
薄造りにし、ぽん酢、紅葉下ろしなど添えて頂いたら、最高です。
Photo

真子鰈(マコガレイ)です。
度々平目と比較され、カレイを下に見る方がいらっしゃいます。そんな方に召し上がっていただきたいのが、この季節のカレイ、産卵期直前しっかりと身をつけたこのカレイを召し上がって頂ければ、「カレイもイケルじゃない」と認識を新たにされることでしょう。
Photo_2

本日のお薦め一番、通称“シャコ爪”シャコの爪を剥いたもの、1箱200gくらいでしょうか。
ご紹介しておいてなんですが、鮮度が命ですから沢山は仕入れません。売り切れの際はご容赦ください。
Photo_3
<余談>大変な手間をかけてコツコツと漁師の奥さん達が剥いてくれたものです。
      暇な時に何匹分のシャコの爪が入っているか数えてみます。

寿司 倉持

« 初夏の主役は“鱧” | トップページ | クラッシックなモスコミュール、でも新しい? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。