« ヘミングウェイを偲んで | トップページ | 稚鮎 »

2013年7月22日 (月)

走りの秋刀魚

寿司の倉持です。

夏もこれから、まだ7月ですが“秋刀魚”が手に入りました。
まだ脂も少なく、かえってサッパリといただけます。
1

頭を落とし腹開きにし腸を抜き、腹側の小骨を取り除き、元の姿に戻してお客様にご覧いただきます。
青魚、光物は仕込の手間を惜しんではいけません。
1_2

お造りにし生姜醤油で頂くも良し、軽く酢洗いして大葉、茗荷など添えていただくも良し。
走りの秋刀魚も捨てたものではありません。
卸から三尾だけ分けてもらいましたので、売り切れの際はご容赦ください。

寿司 倉持

« ヘミングウェイを偲んで | トップページ | 稚鮎 »