« すっぽんを頂く | トップページ | 加茂なすの田楽 »

2013年8月19日 (月)

初物 新いか

寿司の倉持です。

“新いか”が入荷しました。
烏賊の種類は色々ありますが、“新いか”は墨いかの子供の呼称、夏の盛りから初秋に出回ります。
Photo_3

ちょうど一貫づけの大きさ、歯応えと噛みごこちの快さに美味い!、美味い!と唸ります。
Photo_4

新いかの旬は初夏に走りの物が鹿児島辺りから始まり、盛夏に瀬戸内界隈と漁場が北上して秋口には房総の富津あたりまでと約2ヶ月ほど、日本海の出雲崎辺りで新いかの旬はしまい。
秋も深まってくると築地は様々産地から送られてくる墨烏賊のシーズンとなります。

夏の風物詩、“新いか”をお楽しみください。

8月限定の酒と肴、握りのコース“織部”はお値段そのまま“ぜいたく織部”に変身。
ぜいたく織部のご案内
松茸に雲丹、旬の美味しい物をつまみでお楽しみいただき、握りもお好きなものをご注文いただけます。何が美味しいかは、どうぞ私におたずねください、色々と取り揃えております。

寿司は今日19日から営業しております。

寿司 倉持


« すっぽんを頂く | トップページ | 加茂なすの田楽 »