« きんきの煮付けと佐渡のコシヒカリ | トップページ | “ヘルシー膳” 内容を一新しました。 »

2013年10月 8日 (火)

舌平目のボンファン&シャリアピンステーキ

コンチネンタルダイニングのディナーから2品ご紹介します。

先ずはお魚料理、画像は海の幸コースのメイン、“ソール ボンファン”という名のクラシックなお料理です。
Photo
舌平目は伊勢湾の出口、伊良湖岬周辺で捕れたもの。
伊勢湾は良質な砂地に恵まれており蛸、海老、貝類からフグ、穴子、コチ、鱸など海の幸の宝庫です。
新鮮な平目のアラで摂ったダシに白ワインとクリームをたっぷりと使い、ソースを仕上げ、グラタン状に焼き上げています。お魚の旨みをたっぷり含んだクリームソースで舌平目の美味しさをふんわりと包んだお料理です。

つづいてご紹介するのは、ビストロディナーのメインディッシュ“シャリアピンステーキ”
玉葱の美味しさを最大限に活かした日本発祥の一皿です。
良く良く色づくまで炒めて甘みを引き出した玉葱をソースに、さらに具に用いステーキを被っています。
お肉も玉葱でマリネされて柔らかくなっています。
Photo_3
ロシアの音楽家シャリアピンさんの為に作った、日本のホテル発祥の一皿、どなたもご存知と思いますのでホテル名は伏せておきます。
今回はクラシックなお料理、そして誰もが「たまには食べてみたい」と懐かしく思われる料理をご紹介しました。
10月のコンチネンタルダイニング ディナーMENUご案内是非、ご覧ください。


コンチネンタルダイニング 岡本


« きんきの煮付けと佐渡のコシヒカリ | トップページ | “ヘルシー膳” 内容を一新しました。 »