« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月28日 (木)

“ふぐ”始めました。

寿司の倉持です。

今年から寿司でも“ふぐ”を始めました。

白身のシコシコ、モッチリとした歯応えです。
ふぐを握る時には身を薄く引き、何枚かを重ねて食べ易く握ります。
11

その他のお薦め
先ずは旬の始まり“甘エビ”、つまみで如何でしょう。
Up

海水温が下がり脂の乗ってきた鯖、軽く酢でしめてあります。
Photo

香箱がに、市場の値段もこなれてきました。
Photo_4

寒さが身に染む夜は熱燗など如何でしょう、手取川の本醸造がお薦めです。


寿司 倉持

2013年11月26日 (火)

12月のコラボレーションMENU

予約の小澤です。

毎月下旬になると秘書の方々から「次月のコラボレーションメニューは?」とお問い合わせを頂きます。
月末にはWEBのホームページにUPされますが、一足早くお知らせします。

日本料理の前菜
海老黄身寿司、タラの芽揚げ、合鴨ロース煮、二色栗茶巾、スモークサーモン蕪巻など
12_3

澄し汁
炙り白子、蓮根餅
12up_2

お肉料理
牛サーロインのロースト、三種の小さな冬キャベツ、柚子胡椒風味のソ-ス
12a_2

本日の寿司
握り寿司六貫、巻物、留椀
Photo_2

この後、デザートとコーヒーをお出ししております。

12月のコラボレーションメニューも美味しそうです。
ご予約をお待ちしております。


小澤

2013年11月25日 (月)

ハンバーグが帰ってきます。

「ハンバーグやらないの?」とのご意見を多数の方々から頂戴しました。

そこで12月のランチで復活
Photo_6

今回は、懐かしい“目玉焼き”乗せスタイル
Photo_7

ソースは玉葱をたっぷり使ったオニオンソースです。

来週の月曜までお待ちください。


鉄板焼き 小寺


2013年11月22日 (金)

目、目、目、目・・・

目がいっぱい、沢山の目にこちらを見つめられているような気になります。
Up

冬の淡水魚の代表、公魚(ワカサギ)です。
ワカサギと言えば天麩羅、揚げ物、当店でもお昼のお弁当に「香り揚げ」にしてお出ししています。

品書きは、こちらのお昼の霜月弁当をご覧ください。

●銀だら西京焼き
●合鴨の小鍋仕立て
 など気楽に召し上がって頂ける昼食もご用意しております。


サービス 永島

2013年11月21日 (木)

冬は寿司が美味しい季節です

Photo
(写真は鮪赤身、ブリ、コハダ)

いよいよ寒さが厳しい季節となってきます。これからの季節は、一年で最も寿司ネタが豊富で、しかも美味しい季節になります。
皆様へ、美味しい物を幾つかご紹介させていただきます。


まずは白身
カワハギと肝
11

ハタ
Photo_2

すし屋に欠かせない鮪、中トロと赤身です
Photo_3

つまみにボタン海老など如何でしょう。
北海道産の20cmは有ろうかという大物、雌は緑色に輝く卵をたっぷりと抱いています。
Photo_4


今夜あたり寿司は如何でしょう。


寿司 倉持


2013年11月19日 (火)

ベーゼンドルファーのピアノ

今週からフロン奥のギャラリーに1台のピアノが置かれています

Photo_2

ベーゼンドルファ社のアートシリーズです。
Photo
お気づきでしたか、ピアノの蓋裏にはクリムトの「接吻」が描かれています。
(写真をクリックし、拡大してご覧ください。)

このピアノは12月8日の行なわれる渡辺貞夫氏チャリティーコンサートに使用する為、ベーゼンドルフ社からお借りした物、限定25台の内の1台です。

渡辺貞夫氏のチャリティーコンサート詳細はこちらをご覧ください。今回は、米国大使館が展開している「トモダチ事業(TOMODACHI))」への寄付を予定しいます。


フロント 稲垣

2013年11月18日 (月)

ざぶとん?

鉄板焼きの小寺です。

今日ご紹介するのはお昼にお出ししている肉、部位の名前を「ザブトン」と言います。
Nz

ニュージーランド産のアンガス牛のお肉です。
当店では「ザブトン」と呼んでおりますが、関西では「ハネシタ」と呼ぶお店もあります、弾力を感ずる食感が特徴の肉質です。

11月のお昼に“てりやきステーキ”としてお出ししています。
玉葱をたっぷり使った醤油とみりんベースの和風ソース、そこえにグリーンレモンの酸味を程よく加え、食が進む味付けに仕上がっています。
Photo_9

今日のランチに“てりやきステーキ”は如何ですか。

どうぞ鉄板焼きランチメニューをご覧ください。


小寺

2013年11月14日 (木)

アルザス、ロレーヌの恵

コンチネンタルダイニングの岡本です。

11月はフランス北部のアルザス、ロレーヌ地方のお料理をお出ししております。

今日はお昼のBISTRO MENUでアルザス、ロレーヌの恵と題してお出ししているコースをご紹介します。

先ず、前菜でお出ししている“キッシュロレーヌ” その名のとおりご当地で有名なベーコンと玉葱のタルト
Photo_2

続いてスープアルザシェンヌ、オニオンとシュークルートのスープ
Photo

メインは魚料理、肉料理からお選び頂けます。

虹鱒のパートフィロ包み アルザスワインのソース
Photo_3

三元豚バラ肉のフリカッセ パイ包み
Photo_4

これら写真の料理にデザート、コーヒーがサーブされます。

どれも美味しいお料理です、お昼のご接待などのご利用に如何でしょうか。


岡本

2013年11月13日 (水)

白子ぽん酢

日本料理の西野です。

こちらは、夜の極みコースの前菜 “すけとう鱈の白子”を“雲子”の名前でお出ししております。

Photo_4

冬を迎えて栄養をたっぷり蓄えた新鮮な鱈、その白子を使って作っております。
フワフワとろける食感、しっとり濃厚な甘みが特徴、青葱の小口と酢橘、紅葉おろしを添え、自家製のぽん酢は酸味抑え目、さっぱりと召し上がっていただけますので、是非お試しください。

11月の夜の品書きはこちら


日本料理 西野

続きを読む "白子ぽん酢"

2013年11月12日 (火)

今月のお薦めは“神戸牛”

鉄板焼の小寺です。

鉄板焼、今月の特選和牛の銘柄は“神戸牛”ランクはA4です。

Photo_5

お値段はコースで12,600円とお手軽にお召し上がりいただける価格にしました。
11月と12月限定の大盤振る舞い。
メニューはこちら

忘年会などのグループ利用にお応えし6名様からカウンターを貸切でお使いいただけます。

どうぞ、お早めにご予約ください。


2013年11月11日 (月)

ビーフシチューにバターライス

11月のヒルズランチのお薦めはビーフシチューです。

Photo_2

デミグラスソースを基本に和牛スネ肉の赤ワイ煮込みを加えて煮込み、バターライスを添えています。

ポテトとフロマージュブランのサラダ又は、アルザス風のシュークルートのスープから一皿お選びいただき、メインにビーフシチュー、なかなか良い組合せかな、と思います。

その他、ヒルズランチでは太麺を使った洋食スタイルのミートソーススパゲティ、とろとろに煮込まれたポークカレーなどお気軽にお召し上がりいただけるお料理を用意しております。
どうぞ11月のランチご案内をご覧ください。

ご来店をお待ちしております。


コンチネンタルダイニング 徳永

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

“せいこがに”入りました

寿司の倉持です。

11月6日は、待ちに待った越前蟹(ズワイガニ)の解禁日。
早速、仕入れました。

Photo
越前蟹の雌をせいこがに、せこがにとも言います。石川、能登地方では香箱がに、地方により呼び名が異なります。

甲羅の大きさは手のひら大、殻の中にはミソがたっぷり、そして内子(卵)もたっぷりとはらんでいます。
茹でてつまみに如何でしょう。
Photo

お薦めの食べ方は、身を食べた後の殻に熱燗を注いで中に残ったミソを溶いてクィッとやる。
濃厚な蟹ミソの風味が熱燗に溶け出し、旨さ倍増!! 蟹の季節の醍醐味です。

ご予約頂ければ、身をむいて食べやすく準備をしておきます。


いらっしゃるなら金曜の夜がねらい目、明日土曜はお休みを頂きますので金曜限定のお得なセットがあります。
お好みを伺って握り20貫が10,500円、普段では考えられない大盤振る舞い。
週末限定、お得なメニューを是非ご覧ください。


寿司 倉持


| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

合鴨のハリハリ鍋

日本料理の西野です。

11月のお料理からお昼の合鴨を使った小鍋仕立てをご案内します。

冬に向かってたっぷりと脂をためた合鴨のロースを濃い目の出汁で葱、豆腐、野菜と一緒に炊き、熱々をお出しします。出汁に鴨の脂が加わり、美味しくいただけます。

Photo_2

「一寸、寒くなってきたな」と言う日、お昼に如何でしょう。
身体が温まるお料理です。

その他、去年ご好評をいただきました“銀だらの西京焼き”、今年もお出しております。
是非、日本料理 お昼の献立をご覧ください。


日本料理 西野

2013年11月 6日 (水)

アルザスの料理 シュークルート

コンチネンタルダイニングの伊藤です。

11月のランチにお出しするシュークルート、ドイツと国境を接するアルザス地方の有名なお料理です。
Photo_4

冬の保存食、キャベツを発酵させたシュークルートにベーコン、ソーセージ類、コンフィなど肉の加工食品とジャガイモなどを組み合わせた山里の郷土料理。

キャベツの発酵による軽い酸味、肉類からでる風味が重なり、美味しい一品に仕上がりました。マスタードをたっぷりと添えてお召し上がりください。
お昼のシェフズランチのメインディッシュにお出ししております。

11月のランチメニューを是非、ご覧ください。


コンチネンタルダイニング 伊藤

2013年11月 5日 (火)

てりやきステーキ

鉄板焼きの小寺です。

カジュアルなお昼のご利用に11月は“てりやきステーキ”をお薦めします。
Photo


お肉はオーストラリア産牛肉の肩ロースの一部でザブトンと呼ばれる部位、赤身に適度なサシが入った食感の良いお肉を150g使っています。てりやきソースは玉葱と醤油、みりんをベースに和歌山産グリーンレモンを加え、爽やかな甘辛味に仕上げました。

写真のように鉄板プレートを熱し、塊で焼いた肉を置き、てりやきソースがジュージュー音を立てるほどの熱々でお出しします。波刃の付いたステーキナイフをご用意しておきますのでご自身で切ってお召し上がりください。

その他、
●ニューシーランド産アンガス牛のドライエージングビーフ
●国産牛の希少部位
などお手軽なランチもご用意しております。是非、鉄板焼き11月のランチご案内をご覧ください。


鉄板焼き 小寺

2013年11月 1日 (金)

銀鱈の西京焼きと佐渡のコシヒカリ

日本料理の西野です。

佐渡からコシヒカリの新米が届くようになりました。
炊きたてのご飯は米粒もツヤツヤ「漬物とみそ汁があればそれだけで充分」という気にさせます。が、私どもは料理屋、そういう訳にも行かず「ご飯をもっと美味しく頂ける料理は?」と自問自答。

私の答えは「銀鱈の西京焼き」です。
Photo_3

11月のお昼の献立に入れました。是非お召し上がりください。

新米と西京焼きの組み合わせがお気に召しましたら、ご遠慮なくご飯のお替りもお申し付けください。


日本料理 西野

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »