« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

やれば出来きる 

鉄板焼きの新作です。

鯛と小海老の蒸焼 雲丹のソース

Photo_2

鉄板焼きの概念を覆す(大げさですか?)お料理
一見フランス料理店で出てくる料理のように見えますが、鉄板焼きで作った料理です。
熱々の鉄板の上でドーム型のカバーを使って“蒸す”調理をします。
ソースも小鍋を使って仕上げます。

鉄板焼きと言うと「脂が強くて、どうも・・・」と敬遠される方、そんな方々にも美味しい料理を召し上がっていただこうと、コースの一品として作りました。

3月のレディースランチのお魚料理としてお出しします。


鉄板焼き 小寺

2014年2月26日 (水)

3月のコラボレーションメニューご案内

予約の小澤です。

後一週間でいよいよ3月です。

ご接待に最適、和洋寿司を組み合わせたコラボレーションメニューをご案内します。

先ずは日本料理から春の前菜
飯たこ、そら豆、春小鯛の手毬寿司など
3


続いて お椀
3_2


メインはお肉料理、筍グリル タラの芽のフリットなど付け合せています。
3_3


〆のお寿司は旬の素材を見繕い、その日の仕入れにより
2gatu

お箸で召し上がっていただく、和洋寿司の良いとこ取りのメニュー、ご接待のご利用に最適、人気です。

ご予約をお待ち申し上げます。

予約 小澤

2014年2月24日 (月)

試作中 鉄板焼きのデザート

鉄板焼きの小寺です。

今、3月のMENU試作の最終段階です。

ちょっと良い出来具合の一品をご紹介

これはレディースランチのデザート“桜餅”です。
鉄板の上で米粉の生地を焼き、餡を詰めて桜餅を作りフルーツのフランべと盛り合わせてみました。

Photo_4

3月のレディースランチでお召し上がり頂きます。
こちらのMENU、もう少しお待ちください。


鉄板焼き 小寺

2014年2月21日 (金)

本当にお得 週末限定MENU

知らないと損 大袈裟ではありません。

本当にお得!!

3月の週末限定MENUをご紹介
日本料理は“宝楽焼” 伊勢海老、蛤、筍、こごみ、そら豆など山海の恵を盛り込んで6,300円
Photo
(写真は3人前です)


コンチネンタルダイニング お昼の“シャルキトゥリーとローストビーフ食べ放題”
3,990円
Photo_2

鉄板焼きの“黒毛和牛&鮑” 平日12,600円が「なんと!」10,500円
Photo_3
(写真は和牛の肉一例です)

明日は土曜日 ご家族とご一緒にクラブでお食事されては如何ですか
2月のメニューはこちらをご覧ください。


予約 小澤

2014年2月20日 (木)

鉄板焼きのハンバーグステーキ

鉄板焼きの山根です。


ランチのハンバーグステーキはお召し上がりいただけたでしょうか

お店でお出ししている和牛ステーキと同じ肉を使って作っています。
当然牛100%、肉質を楽しんでいただくため少し粗く挽いています。
目の前でお焼きしますので、その様子も楽しんで頂けると幸いです。
2

鉄板のお皿に乗せて目玉焼きを添え、仕上げにソースをジュッとかけ回し完成
Photo

先月はおろしポン酢ソース
今月は照り焼きソース
来月はマデラ酒ソース

毎月味わいを替えてご用意致します。

その他、赤身の美味しいドライエージングビーフ、希少部位のランチなどご用意しておりますので是非ご利用ください。


鉄板焼き 山根


2014年2月19日 (水)

寒い日が続きます、“けんちん蕎麦”は如何

雪もようは避けられましたが、まだまだ寒い日がつづきます。

そんな日のお昼はお腹の中から温まる“けんちん蕎麦”は如何でしょう。
Photo

昨年人気を博した“ぶりの照り焼き”もお膳で用意しております。

詳しくは日本料理2月のお昼お品書をご覧ください。
鱈ちり鍋などもご用意しております。

ご来店をお待ち申し上げます。

日本料理 大澤

2014年2月17日 (月)

ホワイトアスパラガスが春を呼ぶ

コンチネンタルダイニングの伊藤です。

このホワイトアスパラガスが出回ってくると、春も間近。
毎年楽しみになさっている方も多いと思います。

私どもではシンプルな調理方法で楽しんでいただきます。
写真のようにホワイトアスパラを湯がき、オランデーズソースで召し上がっていただきます。
Photo

甘く柔らかな穂先も美味しいのですが、シャキシャキとした茎の味わいも捨てがたい
Photo_2

2月から4月の間、仕入れます。

是非、お召し上がりください。

2014年2月14日 (金)

赤坂一日限定寿司割烹 富山編

2月13日に実施しました寿司のイベントをご紹介します。

今回は富山市の富美菊酒造 羽根様のご協力とご指導を得て、能登半島富山湾の美味しい物を集め、お酒と一緒に楽しむ会を催しました。(写真右から2番目)
Photo_5

お酒は当然 富菊酒造の羽根屋
Photo_6

氷見の鰤にノド黒、魚津の蛍烏賊、甘海老をはじめ、能登のなまこなど日本酒の肴をお召し上がりいただき、握りのところでは珍しい氷見牛の昆布締めを炙ったり、一貫に白海老約20尾使った握り、そして冬定番のずわい蟹などをご用意。
是非、当日の「2014.2.13赤坂一日限定寿司割烹メニュー.pdf」をダウンロードをご覧ください。


当日のお料理から一部をご紹介
「ぶりの三段活用」と題した前菜です。
氷見の鰤を昆布締め、炙り、ぶり大根の三種の料理方法でお楽しみいただきました。
Photo_13

脂ののった鰤のハラ身を炙りで、カボスを添えて爽やかに
Photo_11

こちらは珍味のお皿です。
蛍烏賊の黒造り、なまこ、甘海老の昆布〆
Photo_14

白海老の握り 黒部の塩で頂きます
Photo_16

などなど

ご参加の皆様はお酒も料理もたっぷりと召し上がり、お腹をさすっていらっしゃいました。

次回は静岡のお酒と駿河湾の幸をテーマに計画をしております。

詳細が決まりましたらご案内させていただきます。
お楽しみに


日本料理 佐藤


2014年2月13日 (木)

赤身にこだわって三年 

鉄板焼きのメニューをご覧になってお気づきの方もいらっしゃると思います。

三年前から“赤身の美味しいお肉”に目覚め、こだわって仕入れをして来ました。

現在お店でご用意している牛肉の種類とグレードは
①ニュージーランド産アンガス種のドライエージングビーフ・・・熟成肉
②国産牛の希少部位・・・ザブトン、芯タマ、ミスジ、サンカクなどの名前で呼んでいます
③黒毛和牛のおいしい赤身肉・・・・秋田鹿角(かづの)牛など
④綺麗にサシの入った特選銘柄・・・能登牛など

一様に赤身と言っても、牛の種類により肉質も異なりますので、調理方法も替えています。
説明しますと
2】希少部位のイチボの場合は
Photo
表面をしっかりと焼付けますが、中心部までは火をとおしません。
程よい弾力を感ずる綺麗な赤身がふっくら盛り上がっています。
焼き過ぎますと折角の赤身が硬くなりますので、いわゆるレア状態。


3】黒毛和牛のヒレ(秋田鹿角短角牛)では
Photo_2
和牛独特の柔らかな肉質を活かした焼き方をします。
中心はほんのりピンク、じっくりと熱を通します。焼きすぎず全体をしっとりと仕上げています。
噛み締めるほどに肉の味わいが増す、程よくサシが入った赤身のお肉です。

これからも“美味しい赤身”にこだわり、ご提供してゆきたいと考えております。
どうぞ鉄板焼き2月のディナーメニューを一度ご覧ください。

次回はドライエージドビーフ(DAB)について、写真を交えてご説明させて頂きます。

ご来店をお待ちしております。


鉄板焼き 小寺

2014年2月12日 (水)

春のつまみ色々

寿司の倉持です。

寒さ厳しい2月とは言え、料理の世界は春を先取りしています。
夜のメニュー 織部”では色々と酒のツマミをお出ししています。
Photo

ヤリ烏賊の印籠 程よい軽い甘さに炊いています。
Photo_2

甘えびの昆布締め 富山の人は昆布締めが大好き
Photo_5

ほろ苦い菜の花お浸しに優しい味わいの湯葉を組み合わせました。
Photo_7

氷見の鰤を炙りで、脂がのっています。
味のアクセントに大蒜の醤油付けで頂きます。
Photo_4

春を告げるノレソレ(穴子の稚魚、これは瀬戸内産)です。 
春先だけの珍味、この季節には欠かせません。
Photo_3

如何でしょうか。

漁の状況により魚介の仕入れも代わってきます。
今回は能登半島、富山湾の幸を中心に揃えて献立を組ました。
その時々の美味しい物を作りますので、お楽しみに


寿司 倉持

2014年2月10日 (月)

美味しい料理は美しい 春の料理

こちらはコンチネンタルダイニングの2月のお料理です。

先ず前菜から


・・・蛍イカ、真鰺のサラダ もずくのドレッシング・・・
Photo_7
器を和食器に替えて盛り付ければ、日本料理にも見えます。


ふた皿目は
・・・白海老のベニエ 雲丹のリゾットに乗せて・・・
Photo_8

メインは
・・・ブリのロースト 春菊のソテーと焼葱を添えて 鬼おろしのソース
1_2

能登、富山から取り寄せた魚介類をたっぷり使ったディナー“海の幸”コースは如何でしょう。


以上、予約小澤でした。


2014年2月 7日 (金)

“能登牛” ご存知ですか

今月、鉄板焼では“能登牛”を仕入れました。

これは試作、試食の時に撮影したもの

サシが綺麗なマーブル状に入ったサーロイン、塩胡椒を満遍なく利かせます。
Photo


美味しさを閉じ込めるために、高温の鉄板で焼き目をしっかりと付けています。
Photo_2

美しいレアに仕上がりました。
A

美味しそうでしょう。
能登牛 善いじゃありませんか。
是非鉄板焼2月のディナーメニューをご覧ください。

気まぐれに裏メニューの“蟹卵とじ丼”なんて物も作りました。
Photo_3
一声かけていただければお造りできます。

週末のご来店をお待ちしております。


小寺

ここ10年ほど日本各地酪農地域でブランド牛の開発と商品化が活発になっています。

早々と認知度を上げてきたブランド牛に、黒毛和牛では飛騨、佐賀、能登など、短角では岩手、褐(赤)牛は土佐、熊本などの知名度が高まっています。
単に有名なブランド牛を求めるだけでなく、健康的に育った美味しい牛肉を探して仕入れ、皆様に召し上がって頂きます。
よろしくお願いします。

2014年2月 6日 (木)

私は仔羊が大好きです。私の作った“仔羊のステーキアッシェ”食べてください。

コンチネンタルダイニングの伊藤です。

ランチの自信作をご紹介させてください。

仔羊のステーキアッシェ=粗挽にした羊肉をベーコンの輪で包み、焼き上げています。
ソースは羊のジュ(焼く時にでる肉汁)にフォンドヴォー、香り付けにバジルを加えたシンプルな料理です。
Up

私は羊が大好き。
春先になると“プレサレ”という、海岸寄りの牧草地で育った仔羊がでまわってきます。
これが待ち遠しい。
皆様にも仔羊の美味しさを楽しんでいただきたく、仔羊をランチメニューに入れました。
一口食べたならば、旨い!と唸ってください。(お願いします)

2月のランチメニューのビストロランチでお出ししています。


コンチネンタルダイニング 伊藤


2014年2月 5日 (水)

寒い日が続きます そんなお昼に鱈汁は如何

2月の初旬は一年で最も寒い季節

日本料理ではお昼に熱々の鱈汁を小鍋仕立てでご用意します。
2_3

鱈の身と白子をたっぷり、ハクサイ他の冬野菜で脇を固めています。
2up

鱈の身はホロホロ、白子はトロリと良く摂れた出汁で炊かれています。
軽めのポン酢でお召し上がりいただきます。

その他、昨年ご好評を頂いたぶりの照り焼き膳を今年もご用意しておりますので2月のランチご案内をご覧ください。


日本料理 西野

2014年2月 4日 (火)

ぶり対決

相談した訳ではありませんが、日本料理とコンチネンタルダイニングのメニューに鰤が登場します。

先ず、日本料理のお昼にお出ししている“ぶりの照り焼き”
誰もが納得、ご飯に良く合う照り焼きです。
日本料理 お昼の品書き
1_3

こちらは、コンチネンタルダイングの夜のメニューより
寒ブリのロースト 大根鬼おろしソース 春菊のソテー添え
1_2
春菊のソテーと焼き葱を添えており、見た目は日本料理の様でも食べると美味しいフランス料理 不思議です。

2月は白海老、ほたる烏賊など能登、富山の魚介類を使った海の幸コースがお薦めです。
是非ご注文ください。


予約 小澤

2014年2月 3日 (月)

ポークジンジャーと生姜焼きはどう違うの?

レセプションの若い女性スタッフからコンチネンタルダイニングの徳永先輩に素朴な質問がありました。

「ポークジンジャーと豚の生姜焼きはどう違うの?」

Photo

徳永先輩の答えは
「ご飯がお皿で出てくるのが“ポークジンジャー”で、茶碗で出てくるのが“生姜焼き”」
だそうです。

説得力は有りますが、ちょっと違うような・・・。

コンチネンタルダイニング2月のランチメニューにポークジンジャーが登場します。

コンチネンタルダイニング 河原

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »