« 麦とろ飯 あと十日で終了 | トップページ | 土曜限定メニュー 「ローストビーフをお好きなだけ」 »

2014年8月25日 (月)

メンチカツに恋をした

コンチネンタルダイニングの徳永です。

時に思い出したように食べたくなる物、そして“そこそこのご馳走”、そんな食べ物が幾つか有ります。

人により好みもあるでしょうが、私の場合はビーフカツ、とんかつ、エビフライ・・・なんと全てが揚げ物(ア・ゲ・モ・ノ)。

そんな訳で今月のランチにご用意しましたのは、“メンチカツ”。
Photo

揚げ立ての熱々、ナイフを入れるとジュワッと肉汁がこぼれ出すヤツです。

メンチカツはこうじゃなきゃいけません。

ソースはウスターソースとケチャップを使い、ピリッと辛みを利かせています。

このソースにメンチから溢れた肉汁を溶き合わせ、ご飯と一緒に口に運んだ時には・・・

「あ~旨い」と悶絶状態、脳内の食欲中枢が私を支配し、メンチカツは私の胃袋をわしづかみ。

そう、私はメンチカツに恋をしてしまいました。


前回の「筑豊幼少期編(記憶の中のハヤシライス)」に多くの方から反応(賛否両論)をいただき、ありがたく思っております。

是非、ランチを召し上がりにいらしてください。
ヒルズランチご案内

お待ちしております。

« 麦とろ飯 あと十日で終了 | トップページ | 土曜限定メニュー 「ローストビーフをお好きなだけ」 »