« “河豚”始めます | トップページ | 和牛筋肉の赤ワイン煮込みとハンバーグ  »

2014年10月31日 (金)

バナナの叩き売りと焼きカレーの共通点

コンチネンタルダイニングの徳永です。

11月のヒルズランチから“焼きカレー”をご案内します。

明治の初めから昭和にかけて、海外との窓口として栄えた港街、門司。

そこで生まれた「ハイカラさん」な料理が“焼きカレー”です。
Photo
グラタン皿にピラフを敷き、特性のカレーソースを流し入れ、上からたっぷりとチーズをのせたら後はオーブンへ。グツグツに焼けたところでお出しします。

東京に居て、門司のご当地グルメ“焼きカレー”を食べられるお店、そうは有りません。

マイルドな焼きカレーがお好み方へは温泉卵のトッピングも用意しています。

お気軽にお申し付けください。

そうそう、バナナの叩き売りも門司が発祥の地です。

九州は福岡県出身の徳永でした。

※焼きカレー発祥の地は諸説ありますが、私は故郷福岡県の門司説を推しています。

« “河豚”始めます | トップページ | 和牛筋肉の赤ワイン煮込みとハンバーグ  »