« 旬の鰤をしゃぶしゃぶで・・・週末限定お得なメニュー | トップページ | 「う~っ、寒!」そんな時には“鴨南そば” »

2015年1月19日 (月)

"魚沼の雪室で熟成させた新潟県産三元豚ロース肉"のカツレツ

コンチネンタルダイニングの徳永です。

お題が長く、硬い表現で恐縮です。
それだけ真面目に生産した豚肉でポークカツレツを作りました。
Photo_5

新春は全店で佐渡、越後の味覚をテーマにメニューを作っており、我がシェフ柴田が探してきたのが唐突にも「越後雪室熟成ポーク」って言っても誰も知らない隠れブランド(これから知名度が上がるはずです)。

雪深い新潟の山村の雪室で地元の豚肉を氷温熟成させると繊維質が柔らかくなり、かつアミノ酸も増えるという、まったくもって結構な豚肉です。

話は単純、旨きゃ良いんです。
しかも生産者もハッキリしています。
精肉環境も安全に配慮されています。

真面目な生産者が作った良質な食材を使って、美味しい料理を作る。
これが我が柴田シェフのスタイルです。

どうぞ、1月のランチメニューをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

« 旬の鰤をしゃぶしゃぶで・・・週末限定お得なメニュー | トップページ | 「う~っ、寒!」そんな時には“鴨南そば” »