« スパイシーチキンピラフ | トップページ | 鉄板焼の“裏メニュー”ステーキ&タイ風カレー »

2015年1月 7日 (水)

手間をかけています“ブリ大根” 

日本料理の西野です。

1月のお昼のお勧めは、皆様ご存知のブリ大根です。
Photo_2
飴色に炊かれた大根、口にほおばるとジュワッと煮汁が溢れ、大根の甘味にブリの旨さが重なり、これが旨い。

この大根を炊くのに一手間をかけています。
米のとぎ汁で下茹でした大根をブリの煮汁で炊き、一晩ねかせて味を含ませてからお出ししています。ブリも骨がホロホロになるまで炊きます。

能登半島を中心に福井、石川、富山、新潟、この地域では冬はどちらのご家庭でもコトコトと炊いたブリ大根が食卓には欠かせません。
日本海を回遊してくるブリは佐渡の廻りを必ず通ります。氷見のブリも有名ですが、佐渡沖のブリも中々の物です。

1月は佐渡、越後をテーマにした品書きをお昼、夜と出しております。
のっぺい、やなぎ鰈の一夜干し、野鴨の鍋、鮭の炊込みご飯などで夜のコース巧 佐渡、越後の味覚を作りました。
是非お試しください。

« スパイシーチキンピラフ | トップページ | 鉄板焼の“裏メニュー”ステーキ&タイ風カレー »