« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

7月のコラボレーションメニュー

予約の小澤です。

お問い合わせが多い「ゴラボレーションメニュー」

少し早いようですが7月の料理内容をお知らせします。

先ずはお寿司、握りを三貫 先付替りに 初夏のネタから一例、さっぱりした鮪の赤身
015

和食の前菜、今月は九州の食がテーマです
Photo

お造り三種は仕入れにより
Photo_2

主菜はNZ産サーロインを炙り焼きにしてグリーンペッパー風味、南瓜などの夏野菜を添えています。
Photo_3

〆のお蕎麦は冷たい汁そば 山芋、オクラ、ナメコなどとろとろの具と一緒に
Photo_4

如何でしょうか。

7月は食事代わりにさっぱりとした冷たいお蕎麦をおだししています。

是非、お試しください。


2015年6月23日 (火)

7月のハンバーグステーキと6月限定ハンバーガー

鉄板焼の小寺です。

一足早く7月のハンバーグステーキをご案内します。

牛筋肉の赤ワイン煮込みをソース替わりにして召し上がって頂く、リッチなハンバーグステーキ
Photo
味にはちょっと自信がありです。

サラダ、焼き野菜とたっぷり野菜を召し上がって頂きますので、栄養バランスに気を配っていらっしゃる方にもおすすめできます。

今巷でも人気沸騰のドライエージドビーフ(D・A・B)、和牛の希少部位を召し上がって頂くランチなどもご用意しております。

是非、鉄板焼7月のランチメニューをご覧ください。

最後に、こちらは6月限定でお出ししているハンバーグステーキ、いやハンバーガーです。
Photo_2

あと一週間で御仕舞いですから、是非食べにいらしてください。


2015年6月22日 (月)

 ワインが飲みたくなる“ビストロディナー”

コンチネンタルダイニングの岡本です。

「ワインが欲しくなるカジュアルな料理」をテーマにしてお作りしているメニュー“ビストロディナー”

柴田シェフが毎月フランス各地の地方料理から季節に合う一皿をお作りしています。

今月は、前菜にジャンボンペルシェ=ハムソーセージ、タンなどの煮凝りを冷製で
Photo

メインはコッコヴァン=地鶏の赤ワイン煮込み
Photo_3

前菜はさっぱりとした夏向きの前菜、一転してメインは濃厚な赤ワイン煮込み、どちらもワインに良く合うお料理です。

お手軽な価格のセットメニューです。

是非こちらの6月のディナーメニューをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

2015年6月19日 (金)

今月の週末限定の宝楽焼きは四国鳴門をテーマに作りました

日本料理の西野です。

週末限定でお出ししているお得なメニュー“宝楽焼”

今月のテーマは四国、鳴門の海をイメージして食材を選び品書きを致しました。
Photo_6
(写真は三人前の盛り込みイメージ)

小鯛、さざえ、昆布の鳴門巻などを盛り込み、お食事には蛸の釜炊きご飯を用意しております。

ご家族、お友達とのお集まりにご利用いただければ、と大皿に盛り合わせにしてお出ししております。

是非、こちらの六月の週末限定“宝楽焼き”品書きをご覧ください。

ご予約、お待ちしております。

2015年6月18日 (木)

裏メニューの“ハンバーガー”表に登場

鉄板焼の小寺です。

月替わりでお出ししている“ステーキ屋さんのハンバーグステーキ”が好評、月を追うごとにご注文が増えています。

6月はチェダーチーズとデミグラスソースのハンバーグステーキをご用意します。
2_2

あるお客様から「ハンバーグステーキが有るならハンバーガーも出来るだろう」というご要望を頂き・・・

私くし特製のハンバーガーを作りました。
Photo
和牛100%のビーフパテを200gも使っています。(因みにハンバーグステーキは130gです。)

裏メニューで密かにお出ししていたお料理、今月からメニューに載せます。

どうぞ鉄板焼6月のランチメニューをご覧ください。

ご注文が多ければ定番化、ご注文が少なければ・・・・消えます。


こちらの“前沢牛サーロインのステーキサンド”もついでにメニューに入れました。
Photo_2
サシの綺麗に入った前沢和牛をグリルにし、焼き野菜をたっぷりと添えています。

2015年6月17日 (水)

レディースランチ 寿司より

寿司のカウンターに立っている池田です。

ただ今お出ししている寿司のレディースランチをご紹介

先付けは、北海道産のアスパラをお浸しで
001

真だこと新生姜の酢の物
008

縞鯵、真子鰈のお造り
017

旬の稚鮎を唐揚
005

握りは、小肌、トロ、赤身、コチ、縞鯵など仕入れにより
021

〆は富山湾の白エビを小丼で
019

産地も気にしながら旬の素材を仕入れ、色々召し上がって頂こうと工夫しております。

詳細はこちらの品書きをご覧ください。

ご予約、お待ちしております。

2015年6月16日 (火)

たかが出汁巻、されど出汁巻 日本料理の基本のキの字

日本料理の西野です。

6月のお昼に出汁巻卵と福子(フッコ、スズキの一つ手前)の塩焼きをお膳に組んでお出ししています。

Up
実は私、蕎麦屋でお酒を頂く時にはそば前に必ず出汁巻卵を注文するほどの卵好きです。

自分勝手とは思いますが、皆様にも美味しい出汁巻卵を召し上がっていただこうと思いお昼の品書きに入れました。

卵焼きの名脇役、染め卸し(大根卸しに醤油を含ませたもの)もたっぷりと添えています。これが無くては卵が引き立ちません。

一緒にお膳を組むのは福子の塩焼き、茄子のお浸し、ぜんまいの煮物、お造りは鰹の造りとご飯に合うものを取り揃えました。

私だけでなく、男性は卵好きの方が多いようにお見受けします。

出汁をたっぷりと含んでフワフワの卵焼き、是非お召し上がりください。

たかが出汁巻き、されど出汁巻き、日本料理の基本です。

その他、お昼には宇和島スタイルの鯛めし、なめこととろろを添えた蕎麦ご膳、夏野菜と和牛の蒸篭蒸など初夏のお料理を揃えています。

是非、こちらの品書きをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

2015年6月15日 (月)

たこ飯、旨いものです

日本料理の佐藤です。

夜のコース“巧” 今月のテーマは四国の味覚

ただ今、夜のコースで真ダコの釜炊きご飯を食事におだししています。
Photo
瀬戸内で広く食べられている郷土料理“たこ飯”、これは旨いものです。

詳細は、どうぞ6月夜の品書きをご覧ください。

また、お昼は宇和島スタイルの“鯛めし”もご用意しております。
049
こちらも是非、お試しください。

ご来店お待ちしております。

ちょっとウンチクをご披露


続きを読む "たこ飯、旨いものです"

2015年6月 9日 (火)

日本料理とフランス料理のコラボレーション

予約の小澤です。

今月のコラボレーションメニューをご案内します。

前菜代わりの寿司は握りが三貫 こちらは一例の“鯵”
Photo_5

和食の前菜 烏賊酒盗和え、きびなご南蛮漬け、蒸鮑など
Photo

お造りは旬の素材を仕入れにより
Photo_2

主菜はフランス料理のお肉 アンディーブとクレソンを添えフォンドボーのソース
Photo_3

〆は夏野菜を添えたお蕎麦
Photo_4

日本食とフランス料理、食文化のコラボレーションです。

しかもお箸でお召し上がり頂けますので、ご年配の方々にも、ご接待のお席でも人気です。

詳細はこちらにリンクを張っておきますので、ご覧ください。

ご予約をお待ちしております。

2015年6月 8日 (月)

♪夏が来ると思い出す♪ 混ぜカレー

コンチネンタルダイニングの徳永です。

6月に入って暑い日が続いています。

毎年この季節になると“混ぜカレー”をお出ししています。
Mazekakare_2

東京の方には馴染みが薄いかと思いますが、大阪では庶民の味の代表格“混ぜカレー”は街中の洋食屋さんで大人気。

中でも難波の食堂「自由軒」が有名です。

“混ぜカレー”と言えば大阪人、いや関西人(除く京都、滋賀)は全国にどこにでもある物と思っています。

見た目はカレーのおじや、リゾットとでも言いましょうか、出汁を利かせたカレールーとご飯を混ぜて調味し、温泉卵を乗せてお出しします。 

お世辞にも見た目が良い、美しい盛り付けとは言いがたい料理ですが、「一度食べたら癖になる」これが庶民の味たる由縁でしょう。

「ウスターソースが欲しい」という通の方、どうぞ遠慮無くおっしゃってください。ソースをお持ちします。

関西庶民の味“混ぜカレー”是非お試しください。

今月のヒルズランチにはサクサクの鯵フライもお出ししています。

詳しくはこちらの6月のランチメニューをご覧ください。

2015年6月 5日 (金)

イベント 一日限りの赤坂寿司割烹 “茨城編”

サービスの佐藤です。

6月の寿司割烹イベントは茨城の酒と食。

今回は筑西市来福酒造の藤村様が茨城の食文化を手ほどきしてくださり、蔵よりお酒もご用意くださいました。
015
(前列中央が来福酒造藤村社長)

今回の目玉は“純米大吟醸超精米8%”
010
92%を精米時に取り除き、米の芯だけを使って仕込んだ、蔵元渾身の一本です。

来福酒造様は様々な種類のお酒を小さなタンクで仕込んでいるのが特色
今回はその中から花の酵母を採取し仕込んだお酒をいくつかお持ち頂きました。
来福酒造ホームページ

今日お召し上がりいただいたお料理とお酒のリストです。
(クリックして拡大)
201565

料理長倉持が茨城の食材を用いて作った酒肴の一部をご紹介。

筑波山麓生湯葉
002

幕末の志士 水戸天狗党 芹沢鴨
007

酒のあて色々
005_2
常陸牛来福の酒粕漬け、奥久慈のいぶり豆腐、助さん角さん(?)など

この寿司割烹イベントも早七回、ご参加くださった方々も開宴直後は穏やかな雰囲気でスタート、しかしお酒が入ると徐々に賑やかに・・・皆様、栃木のお酒“来福”と倉持の酒肴を楽しんでいらっしゃいました。

次回は冬、石川・富山・新潟辺りの食と酒をご紹介する企画を計画しております。

2015年6月 3日 (水)

和牛と夏野菜のせいろ蒸し

日本料理の大澤です。

暑くなると皆様サッパリとした物でお昼を済ませたくなります。

お昼のお勧めは栄養バランスも考え、しかも食の進むものをご提供しようと作った“和牛と夏野菜のせいろ蒸し”、ポン酢で頂くお料理です。

Photo_7

先付は季節の枝豆をズンダにして海老などと和えた品、そしてお造りにぜんまいの煮物を添え、ご飯は食が進むように茗荷ご飯、春から夏の食材で品書きを組んでおります。

お膳スタイルでご提供致しますので、お急ぎの方にも使い勝手はよろしいかと思います。

こちらの6月お昼の品書きを是非ご覧ください。

ご来店をお待ちしております。

2015年6月 2日 (火)

鯵フライとポテサラで貴方の胃袋鷲づかみ

コンチネンタルダイニングの徳永です。

お待たせしました“アジフライ”、今年も6月のランチに登場します。

さらに今年はポテトサラダも一緒にお皿にのります。

Photo_5

熱々の揚げたてをお出しします。
Photo_4

鯵フライにはタルタルソースをたっぷり添えています。

タルタル(業界用語)とポテサラ=卵+マヨネーズ+ジャガイモ+酸、この組合せが良いのです。

とは言えウスターソース派の方、遠慮無くおっしゃてください、直ぐにお持ちします。

鯵フライ&ポテサラの最強コンビ、男性陣の胃袋を直撃、グッと鷲づかみにする事間違いありません。

柴田シェフはフライヤーを追加購入し、沢山の注文に応じられる様に準備万端整えて皆様をお待ちしております。

追記:ご飯もご用意しております。

どうぞコンチネンタルダイニング 6月のランチメニューをご覧ください。

2015年6月 1日 (月)

宇和島の郷土料理“鯛めし”をお昼に

日本料理の大澤です。

今日ご紹介するのは四国の郷土料理“鯛飯”、ご昼食にいかがでしょう。

鯛を削ぎ切りにし、卵と醤油のタレに絡めて丼に載せた“宇和島スタイル”の鯛めしです。
Photo

紫蘇をたっぷりと添えてさわやかな丼に仕立て、鰹たたき、ジャコ天、焼きナスなどと一緒にお膳に組んでおります。

その他お昼には夏野菜と和牛のセイロ蒸し、だし巻卵とフッコの塩焼き膳、とろろとなめこ卸のお蕎麦などご用意しておりますので、こちらの6月お昼の品書きを是非ご覧ください。

先月お出しした“鯛茶漬け”が皆様から沢山の注文を頂きました。柳の下の二匹目のドジョウ(鯛?)を狙って今月も鯛をお昼の品書きに入れました。

四国では「鯛の炊込みご飯」と「お造りを卵と出汁でまぶした丼」の二種類“鯛めし”があります。

どちらの“鯛めし”を品書きに入れるかで料理長の西野さんと佐藤マネージャーが喧々諤々。

最終的には西野料理長のお昼はスムースな料理提供が重要との主張が通り、宇和島スタイルの鯛めしになりました。

味は私の折り紙つきです。

その他、出汁巻卵などのお膳もご用意、6月お昼の品書きをご覧ください。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »