« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

「一度で二度美味しい」チキン南蛮 如何でしょう。

コンチネンタルダイニングの揚物ネタ担当の徳永です。

10月のヒルズランチから、私の大好きな揚物の九州地区東の横綱“チキン南蛮”をご紹介。
Photo_2

鶏胸肉をカリカリの空揚げにし、熱々の状態で甘酢にどっぷり浸し・・・味がしみ込んでいます。

先ずはこのままで一口、甘酢が脂を流し思いのほかさっぱりと頂けます。

そしてタルタルソースをのせてもう一口『ん・・・旨い!(孤独のグルメ風に)』とうなずきます。

「一度で二度美味しい」とはこのチキン南蛮の為にある言葉、しかもこのチキン南蛮、ご飯に良く合います。

ポテトサラダはしっとり濃厚、千切りキャベツ水切りもバッチリ、パリパリ感充分、シンプルなドレッシングが爽やか。

ご飯は大盛りもサービスします。

この他に熱々のシーフードドリアなどもご用意しております。

どうぞ、こちらのランチメニューをご覧ください。

因みに九州の揚物界では西の横綱は大分の“鶏天”、大関はやはり大分の“鶏唐揚”、鹿児島の“つけ揚げ”と続きます。(評価者:私)


2015年9月29日 (火)

お昼の黒毛和牛を使ったステーキ膳 ご存知でしたか?

日本料理の大澤です。

先月よりお昼に「黒毛和牛ステーキ膳」をお出ししております。

海外からのお客様をおもてなしなさる際、「分かり易い日本料理の組合せでメインを牛肉にして欲しい」というご要望に応えて作りました。
Photo_2

こちらのお膳の特色は

一、主菜の焼き物が黒毛の和牛

二、天麩羅、お刺身の定番料理を加え、季節の野菜を美しく盛り、和食の要素満載

三、三回のお料理サービスにまとめてあり、時間もかからない

如何でしょうか、お気に召して頂けるでしょうか。

お昼のご接待に最適かと思い、ご紹介させて頂きました。

10月のお昼は「松茸と金目鯛の煮卸し」「はらこ飯」などご用意しております。

どうそこちらの秋満載のお品書きをご覧ください。


2015年9月28日 (月)

良いところを見繕って 美濃“寿” にぎり十貫と巻物 

寿司の池田です。

10月から新しく美濃“寿”というランチを始めます。

内容は握り十貫に巻物、ネタは私が仕入れの中から旬の美味しい処を見繕いご用意致します。

006
今回ご紹介するネタは鮪が赤身、中トロ、大トロ、白身が鯛、光物は鯵、墨いかとぼたん海老に赤貝、軍艦がウニとイクラ、そして鉄火巻、分かり易いように台に盛り込んでいます(実際は一貫づつ握ってお出しします)。

漁、仕入れの都合もありますのでネタはその時々に工夫させて頂きます。

正直、お客様がご自身の「お好み」で良い物を注文されると、ちょっとお値段が張る時もあります。

それでも「旨い寿司を食べたい」・・・と言う方に最適な品書きかと思い、定額で上物のネタをお召し上がり頂けるようにご用意しました。

その他、お気軽にお召し上がり頂ける昼品書きをご用意しております。

ご来店、お待ちしております。

2015年9月25日 (金)

トロトロ卵のオムライス 茸のデミグラスソースかけ

コンチネンタルダイニングの徳永です。

今月もあと残すは1週間、シルバーウィーク明けで皆さんスケジュール調整に苦慮なさっているのでは

そんな忙しい時こそ、クラブのランチをご利用ください。

お勧めはトロトロ卵のオムライスに茸をたっぷりり入れたデミグラスソースをかけています。
004
忙しい最中のお昼、さっと食べられて美味しい、おすすめのランチアイテムです。
Photo_2
ご覧のようにボリュームもたっぷり

たまにはお一人で昼食、これも気分転換に良いのでは・・・

コンチネンタルダイニングはお一人様大歓迎です。

その他にメンチカツ、ローストビーフサンドイッチなどご用意しております。
どうぞコンチネンタルダイニング ランチメニューをご覧ください。

2015年9月24日 (木)

肉汁飛び散るメンチカツ(ちょっと大げさ)

コンチネンタルダイニンングの徳永です。

皆様、お待たせ致しました一年ぶりに“メンチカツ”がランチに登場します。

Photo
ご覧んください、肉汁たっぷりのメンチカツです。

さらにパルメザンチーズを隠し味に使ったポテトサラダを添えています。

是非お召し上がりください。

当然ご飯も用意しております。

そして9月のパスタは秋の味覚“キノコたっぷりのペペロンチーノ”です。
019

その他、トロトロ卵のオムライスなどもメニューにのせております。

是非ランチの詳細をご覧ください。


2015年9月19日 (土)

イベントレポート 一日限りの炉端居酒屋“鉄”開店

サービスの佐藤です。

9月18日、鉄板焼で開催した炉端居酒屋“鉄”のレポートです。

スタッフの集合写真で“鉄”のオリジナルTシャツを着ているのが店長の小寺、代理の大口、主任の永島
この3名が正規の店員です。
Photo_5

焼き物は一日店長の小寺が担当
Photo_6

普段は鉄板焼ですが・・・今日は居酒屋に変身
Photo_7

全国著名な酒蔵からワンカップ
Photo_8

おつまみは馬刺しから始まります。
Photo_2

さざえ
Photo_3

ホッケは焼き物の王様
Photo_4

今日は満席、遅くいらした方は立ち飲みで、12名のお客様をお迎えしました。

プライバシーの関係で飲んで、騒いでいる写真はお見せできません。

次回はのテーマは「新橋ガード下」、年明けの2月頃を予定しております。

2015年9月18日 (金)

流行りってのもなんだかね~ “日本のウィスキー”在庫放出

BAR荒木です。

TVの「○ッさん」の影響で急にブーム沸騰、今や売切れ続出の日本のウィスキー。

Photo_3

ウィスキー好きの方々の中には「“ブーム”とか“流行”に振り回されるのは、どうもね」「売れれば良いってもんじゃないヨ」とおっしゃっている方も。

私も同感です。

と言いつつも、実は私しこっそりと仕入れて在庫を蓄えておりました。
(そこは商売ですので・・・)

Photo_4

私のお勧めを2点

先ずはサントリーさんが造った「響 ディープハーモニー」

「白州原酒」をシャトー ラグランジュの樽で熟成させ、さらにシェリー樽で寝かせた「知多モルトグレーン」とブレンドしたという逸品。

シングルモルトからニッカさんの宮城峡シェリーカスクの20年、ダンディな貴方にはこれなんぞピッタリでしょう。

今回はレアな国産ウィスキーでリストを作り10月からお出ししますので、ご覧ください。

Image0001
(クリックして拡大)

こちらはDATA「Japaenswhisky.pdf」をダウンロード

ご来店、お待ちしております。


2015年9月17日 (木)

BARの新商品“ステーキ丼”ボリューム満点です。

BARの荒木です。

バーではお昼に親子丼、天麩羅そば、カレー、スパゲティ、ローストビーフサンドなどを用意し、気軽なランチにご利用頂けるようにしております。

どちらかと言うと少し貫禄の付いた方々向けにボリューム、味付けなど注意して料理を作っておりますので、若い方には若干物足りないかと思い、柴田シェフと相談しガッツリ召し上がって頂ける料理をつくりました。

BAR限定“ステーキ丼”です。
1

パスタボールを被いつくす140gのNZ産サーロインのステーキ、茸と季節の野菜もたっぷり添え、下のご飯が見えないほどです。

Photo

味付けはBBQソース、生姜風味が食欲をそそります。

是非一度お試しください。

こちらにクラブの9月のメニューのリンクを張っておきます。BARのメニューは最下段にあります。

2015年9月16日 (水)

9月は毎日が肉の日 250gのサーロインステーキが2,900円

鉄板焼の小寺です。

ランチの目玉企画は”肉の日”です。

9月2日、鉄板焼では2,900円(税サ込)でDAB=ドライエージングをたっぷり召し上げって頂きます。
077
これで決まり・・・と思いましたら、支配人から「企画がショボイ」「どこでもやっている」と散々なコメント。

で、結果「9月は毎日が肉の日」となり、一ヶ月間通して2,900円(税サ込)で提供させていただきます。
ボリュームは、なんと250g!

こちらの鉄板焼ランチメニューをご覧ください。

皆様の期待を裏切らない鉄板焼チーム、ご予約どうぞよろしくお願いします。

(これでお客様のご利用が増えないと、私は・・・)

2015年9月15日 (火)

仔羊お好きですか? 

コンチネンタルダイニングの柴田です。

皆様のご注文を日々見ていますと、仔羊にご注文が集中する事があります。

夜のご接待のお食事は好き嫌いの問題を避ける為か、どうしてもメインディッシュは“牛”が中心になるようですが、お昼の御仲間内のランチではご自身のお好みでご注文くださるからでしょうか。

私が思ったよりも仔羊がお好きなかたが多いよう、そこで今月の低脂質で塩分を控えたランチメニュー“マンスール”のメインでお出ししています。

確かに羊は低脂肪、脂の沸点も低く消化も良いと言われており、皆様にお勧めしたい食材の一つです。

特に仔羊には羊特有の匂いも少なく、肉質も柔らか。
(「この肉々香りが旨さの一部」、と羊好きは言います。)

Photo

さらにウンチクを

肉料理の焼き具合を表す表現で“ロゼ”という言葉があります。
Photo_3

火が通っていない生の状態の“赤”から、、完全に火の通った“白”へ至る途中、芯まで均一に加熱がされ美味しそうな状態で止めたのが“ロゼ”。

この色合いは肉の中に万遍なく肉汁が閉じ込められて旨味が逃げていない状態、柔らかさも良い加減です。

そんな事に注意しながら毎日肉を焼いている訳です。

仔羊のグリル、是非お召し上がりください。

2015年9月14日 (月)

茸のペペロンチーノ この組合せ最高です!

コンチネンタルダイニングの徳永です。

私がお薦めする9月のランチの一押しは、パスタの基本“ペペロンチーノ”。

シンプルだからこそ奥が深い。

ヒルズランチのパスタは“茸のペペロンチーノ”、オリーブオイルと茸は最高の組合せです。
019

夏の暑さで消耗した体力を復活させてくれる良質な糖質と脂分が豊富
017

なお、控えめですがニンニクが入っておりますので、午後一番に商談のご予定有る方は・・・ご自分の判断でお願いします。

ヒルズランチでは“肉汁たっぷりのメンチカツ”もご用意しております。

こちらの9月のランチメニューを是非ご覧ください。

追記:パスタ料理にのめり込み、基本のペペロンチーノを極める為男のパスタ道という本を成した方もいるほどです。

2015年9月10日 (木)

メニュー マンスール 動物性脂質と塩分を控えたランチメニュー

コンチネンタルダイニングの柴田です。

皆さま脂質、塩分の摂り過ぎに注意されているのでしょうか、最近ランチメニュー マンスールのご注文が増えてきました。

今日は、9月のお料理をご案内します。

前菜替りの冷製パスタ 
008
蟹の身をほぐしいれたトマトソースです。 

そして人参とポロ葱のスープをお出しします。
(済みません、写真が有りません)

メインディッシュはお魚、又はお肉をお選び頂きます。

お魚はイトヨリのポアレ 
2_2
蕪のピューレとバジルのソースで召し上がって頂きます。

お肉は骨付き仔羊のグリル 
Photo_3
オレンジ色はパプリカのムース、そしてクスクスを付け合せにしています。

仔羊の火入れ、綺麗なピンクに仕上がっています。
Photo_4

こちらにデザートとコーヒーのコースです。

さっぱりと召し上がって頂け、ボリュームもしっかりとありますので、物足りなさは感じないと思います。

脂の摂り過ぎでお腹がもたれる事もありませんので、午後のお仕事にも障りが無いとご案内させて頂きました。

是非こちらの9月のランチメニューをご覧ください。

2015年9月 8日 (火)

今月のハンバーグは茸の2種ソース

鉄板焼の小寺です。

写真は今月のハンバーグステーキ

マッシュルームはクリーム、シメジはデミグラスソースと二種類のソースをお楽しみ頂きます。
072

マッシュルームがゴロゴロと入ったクリームソースとシメジのブラウン色のデミソース

この二種類のソースが混じり合ったマーブル状の中間帯、ここも捨てがたいものです。

好評頂いているランチスープ、今月は豚骨スープ、お替りはご自由ですから遠慮なくお申し付けください。

ご存知とは思いますがハンバーグステーキは和牛100%、上質な脂の甘さをお楽しみください。

こちらの鉄板焼ランチメニューも是非、ご覧ください。

2015年9月 7日 (月)

秋の味覚 ハラス、イクラ、秋刀魚の握り

寿司の池田です。

早い物でもう9月も半ば、先日荒川の土手でススキを見つけました。

市場に並ぶ魚も秋の物に替わっています。

今のおすすめしているネタは秋刀魚、ボタンエビ、墨イカ
057

ツマミはやはり鮭でしょう。
脂ののったハラス
063

イクラは外せません。
061

如何でしょう、今夜あたり焼き松茸の香りで一杯。
Photo

酒のツマミを一揃い召し上がっていただき、握り寿司でしめる「織部」・
いろいろと旬の美味しい物を見繕っておだしします。
当然、松茸や秋刀魚の握りもお出しします。
どうぞ寿司 夜の品書きをごらんください。

ご来店、お待ちしております。


2015年9月 3日 (木)

松茸と和牛の“すき煮”

日本料理の福田です。

初物の松茸が出まわりはじめました。
Photo_6

日本料理ではお昼のご馳走に“松茸”と“和牛”を小鍋でさっと炊いたすき煮をご用意します。

053

ご飯は佐渡のコシヒカリ、甘辛の出汁で炊いたすき煮でご飯が一層美味しく頂けます。

夏の猛暑でつかれた体、美味しい食事で体の内側から癒しましょう。

すき煮の他、秋刀魚塩焼き、とん汁と茸ご飯と食が進むメユーを揃えております。
是非、お昼の品書をご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

2015年9月 2日 (水)

とん汁と茸ご飯の組合せ

日本料理の大澤です。

お昼の品書き「今昔物語」、今月はとん汁と茸ご飯の組合せです。
040

根菜類と豚肉、良質な食材を使い健康に注意されていらっしゃる方々に安心して召し上がって頂けるよう、カロリーも多すぎず、栄養バランスにも配慮しています。

一緒にお膳を組むのは、長芋豆腐、柿の和え物、もって菊としめじのお浸しなど秋の味覚も満載。

どうぞ9月お昼の品書きをご覧ください。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »