« ちょっぴり辛い茸のトマトソース スパゲティ | トップページ | 旬のネタを召し上がって頂くお昼の美濃“寿” 寿司より »

2015年10月13日 (火)

栗ご飯と茸の餡かけ揚げ出し豆腐 お昼に如何

日本料理の西野です。

10月に入り少し風が冷たくなってきました。

そろそろ銀杏の葉にも黄色い色がさしてくる頃でしょうか。

今月のお昼の品書き「今昔物語」では熱々の揚げ出し豆腐に茸の餡をかけてお出ししています。
062

ご飯は“栗ご飯”をご用意、戻りガツオのお造り、椎茸と蒟蒻の炊いたの、胡桃豆腐など秋の味わいを添えてお昼のお膳にしました。

昔しながらの煮びたし、白和え、煮付けなどの料理方法で過度に脂質を摂取せず、さらに副菜を多くご用意したバランスの良い品書きを心掛けてお作りしております。

私どもの「今昔物語」でしたら、一回の食事で三十品目以上の食材を召し上がって頂けます。

健康に注意されている方、ご自身のお食事に是非、「今昔物語」をお試しください。

きっとお気にめすと思います。

今月のお昼はその他に“金目鯛と松茸の煮卸し”、“はらこ飯”など秋の味覚を揃えております。

是非、こちらの品書きをご覧ください。


« ちょっぴり辛い茸のトマトソース スパゲティ | トップページ | 旬のネタを召し上がって頂くお昼の美濃“寿” 寿司より »