« 秋深し隣は何を喰う人ぞ・・・“ドリア”でした | トップページ | 主役はどっち?の料理ショー  牛タンシチューvsハンバーグステーキ »

2015年10月 6日 (火)

旨い魚料理「金目鯛と松茸の煮おろし」お昼に如何

日本料理の西野です。

夏を越え秋を迎えて脂ののった金目鯛と盛りの松茸を使って“煮おろし”にしました。

060

出汁と大根の甘さが重なった美味しい吸い地を軽く片栗でとじてを器に張り、ぱりっと焼いた金目鯛に香り高く炙った松茸、柔らかく炊いた里芋など秋の味覚をたっぷりと盛り付けてみました。

ちょっとご馳走感のある一皿、見た目も上品に仕上がりました。

お客様をお持てなしするに最適なお料理かと思い、お昼の贅沢膳でお出ししています。

是非、お召し上がりください。

今月は栗ご飯と茸のあんかけ豆腐、はらこ飯などをお出ししております。
こちらに日本料理、お昼の品書きのリンクを張っておきます。

存分に秋の味覚をお楽しみください。

« 秋深し隣は何を喰う人ぞ・・・“ドリア”でした | トップページ | 主役はどっち?の料理ショー  牛タンシチューvsハンバーグステーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旨い魚料理「金目鯛と松茸の煮おろし」お昼に如何:

« 秋深し隣は何を喰う人ぞ・・・“ドリア”でした | トップページ | 主役はどっち?の料理ショー  牛タンシチューvsハンバーグステーキ »