« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

スケアクロウ ムッシュ・エタン他 ナパヴァレーのカルトワイン事情 

コンチネンタルダイニングの河原です。

26日(金)夜に開催されたカリフォルニアワインのイベント、盛況でした。

018

㈱中川ワイン様のご協力を得てナパヴァレー、特に小規模かつ個性溢れるワインを生産しているワイナりーの近況を「カルトワイン事情」と題して木村様(中央右)よりうかがいました。

012

当日お飲み頂いたワインはスケアクロウ ムッシュ・エタン他
005
・スパークリングワイン JCB by ジャン・シャルル・ボワゼ No.9
・白ワイン   2012 ハドソン シュルドネ カーネロス
・ロゼワイン  2014 チェッカーボード ロゼ ナパ・ヴァレー
・赤ワイン   2011 レアム ザ・テンペスト
・赤ワイン   2011 メルカ CJ カベルネ・ソーヴィニヨン

ご参加の方より
「この価格でこの内容はあり得ない。毎回楽しみにしている」
「久しぶりに楽しくて飲みすぎちゃった」 
「本当に楽しかった。よりディープな話を聞けて、ますますカリフォルニアワインが好きになった」 
「絶対次回も来るので予約お願いしますね」 
「料理もワインもとても良かった。またよろしく」 
などのコメントを頂いております。

次回は7月22日、「西海岸のカルトワイン事情」と題し、引き続き㈱中川ワインより山村様をお招きして第2回を開催する予定です。

011

詳細が決まりましたら、またお知らせします。


「祝 北海道新幹線開通」3月は富良野の和牛 鉄板焼より

3月にご用意する銘柄和牛は北海道の“かみふらの和牛”

富良野と言えば倉本聰さんの「北の国から」

あのTV画面そのまま、穏やかな風景が広がっています。
Bokujyou
(写真は富良野の風景)

今回ご提供するお肉は上富良野 明正牧場で生産されたお肉、大雪山系の麓、富良野町で大自然の恵みを十分に得た水と空気の中でのびのびと育った黒毛和牛です。

肉質はキメが細く、色鮮やかで、やわらかく、風味豊かなお肉です。

A4

ランチディナーそれぞれにA4ランクのかみふらの和牛を使ったメニューをご用意しております。

是非、ご賞味ください。


2016年2月25日 (木)

お知らせ 3月のコラボレーションメニュー

予約の小澤です。

恒例、次月のコラボレーションメニューのお知らせです。

ご挨拶替わりに寿司を三貫、旬のネタを見繕い、お出しします。
Photo_7

日本料理の前菜も春の彩
Photo_4

季節のお造り三点盛り
3

主菜はNZ産のサーロイングリル
Photo_5

〆は山菜とろろ蕎麦です。
Photo_6

最後にデザートとコーヒーをお召し上がり頂きます。

3月に入りますと“春”を感じていただけるよう、盛り付けにも彩がでてきます。

お箸で頂ける寿司、和食、フランス料理の良いとこ取りの組合せ(コラボレーション)

ご接待、御仲間内の会食に最適かと思い、一足早くご案内させて頂きました。

ご予約をお待ちしております。

2016年2月24日 (水)

のっぺい、柳鰈の一夜干し、鴨鍋、鮭釜炊きご飯に笹団子

サービスの佐藤です。

只今、日本料理でお出ししているコース巧(たくみ)の“越後の味覚”をご紹介します。

越後の郷土料理と言えば「のっぺい」

1

「鴨鍋」 鳥屋の潟など水辺が多い中越地方は古くから鴨猟が盛ん 

Photo_2

その他に前菜には能、名立のかぶら寿司、広く海辺で食されている「柳鰈の一夜干し」、村上の「鮭の釜炊きご飯」、など盛りだくさんの越後の味覚を盛り込んでいます。

詳細は2月のお品書きをご覧ください。

お酒もやはり越後村上の宮尾酒造から
Photo_4
端麗“旨口”の〆張鶴、我ながら渋いチョイスです。

ご来店をお待ちしております。


2016年2月23日 (火)

イベント満員御礼

予約の小澤です。

お陰様で下記のイベントが満席となりました。

・2/26 ナパヴァレーのカルトワイン事情

・3/11 統括料理長 福田による旬采賞味会“ふくた屋”

・3/18 日本酒利き酒イベント “ぽん酒会”

・3/31 羽田クロノゲート見学会

一部の方にはキャンセル待ちをお願いしており、恐縮しております。

アークヒルズクラブはこれからも会員相互の交流、コミュニケーションの場として文化芸術、ゴルフなどスポーツ、社会見学、趣味など様々なイベントを開催してゆく予定でおります。

今後ともよろしくお願い致します。

お昼の寿司 春が近づき、ネタが変ってきました。

寿司の池田です。

最近は日差しも温かくなってきたようで、お休みの日に娘と公園を散歩していましたら梅のつぼみが少し膨らんでいるのを見つけました。

この時期はネタも冬から春の物へと変って、握っていても楽しい季節。
そんな旬のネタを握り、お昼にお出ししています。

Photo

さより、真鯛、ほっき貝、槍烏賊などに定番の赤身、中トロ、車海老、などの組合せです。

こちらに菜の花と蛤のお浸しにお椀と氷菓子がセットになっており、お昼の美濃十貫“福”でお召し上がりいただけます。
Photo

そろそろ白魚、さより、小肌、桜鯛など出まわりはじめてきました。

その日その日の美味しい物を仕入れてお出しします。

どうぞこちらの2月の寿司品書きをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。


2016年2月18日 (木)

「日本のウィスキー」 希少品を揃えました

Barの荒木です。

昨年からブームの“日本のウィスキー”

Photo_7

騒ぎも治まったかと思いきや、肝心の原料のモルトが早々に底をついている状態です。

しかし当店では、しっかりと商品を確保しております。

今回はリストにしてお出ししております。

一例をご紹介

余市蒸留所・・・余市15年、竹鶴25年、他

宮城峡蒸留所・宮城峡10年、15年、シェリーカスク20年、他

山崎蒸留所・・・響ディープハーモニー、響30年、他

秩父蒸留所・・・イチローズモルトちびダル、他

詳細はこちらの「bar_rea_whisky_list_2016.1.pdf」をダウンロードをご覧ください。


2016年2月17日 (水)

略して「タコスパ」

コンチネンタルダイニングの仁藤です。

今日ご紹介するのは略して「タコスパ」、ちょっと辛いトマトとタコのラグーソース

Photo_6

このタコのミートソースが旨いんです。

クタクタに煮込まれたブロッコリー、彩だけじゃありません。

このクタクタ具合が良いんです。

Photo_5

辛いのがお好きな方には唐辛子をオリーブオイルに付け込んだ“唐辛子オイル”を用意しております。

食が進むこと、請け合います。

今月のヒルズランチ、この他に「肉汁あるれるメンチカツ」「熱々シーフードドリア」などご用意しております。

詳細はこちらのランチメニューをご覧ください。

2016年2月16日 (火)

ぶり照り焼きのお膳

日本料理の西野です。

お昼の季節のお膳に“ぶりの照り焼き”をお出ししています。
115

白いご飯と良く合います。

お米は佐渡国中平野産のコシヒカリです。


品書きを作る際には食事される方々の利用目的と使勝手が良いように、ご接待向きの品、ご自身のお食事用の品など品書き全体のバランスを考えて作ります。

特に、ご自身用のお昼の食事は、肩の凝らないホッとする料理を一つは品書きの中に入れてるようにしております。

今月は“鰤照りの焼き”を品書きに入れました。

是非お試しください。

その他に鶏けんちん蕎麦、鮭粕汁、牛みぞれ鍋など温まるお料理をご用意しております。

どうぞ、こちらの2月お昼の品書きをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

2016年2月15日 (月)

今月のビストロランチから

コンチネンタルダイニングの柴田です。

先週末は春の陽気、一転して今週はまだまだ寒い日が続きそうです。

皆様、体調管理にご苦労なさっているのでは・・

今月のビストロランチから温から一皿、ポ・ト・フをご紹介

フランスの郷土料理、「熱々の鍋」といった意味でしょうか。

Up

シャルキトゥリーとよばれる豚肉を使ったパテ、イエット、ソーセージなど惣菜も作っており、前菜の盛合せでお出ししています。

メインディッシュは日替わり、この季節ですとコッコヴァン(鶏の赤ワイン煮)、カスレ(隠元と肉類の煮込み)、ナヴァランダニョー(羊の白ワイン煮込み)など温かい品をご用意します。

どうぞお楽しみください。

こちらに2月のランチメニューーを張っておきます。

2016年2月12日 (金)

3/18 日本酒飲み放題イベント“ぽん酒会”準備中 

サービスの佐藤です。

3月18日に新しいイベントを開催致します。
01a704b8529756a3597781c253415715e62

その名も“ぽん酒会”、「大人の居酒屋」シリーズ第3弾です。

お酒好きの方々にご自由に選んで頂き、たっぷり試飲して頂こうと・・・只今銘柄を選んでいる真最中
01d9f8b4cb7d9bf00fd56941ff5677ae4_2

青森 ・・・陸奥八仙 特別純米 いさりび
宮城 ・・・墨廼江 特別純米
山形 ・・・上喜元 純米吟醸 米ラベル
茨城 ・・・来福 純米吟醸
富山 ・・・羽根屋 瓶燗火入れ 特別純米酒
静岡 ・・・初亀 べっぴん 純米吟醸 辛辛
和歌山・・紀土 特別純米酒 カラクチキッド
広島 ・・・雨後の月 特別純米酒
山口 ・・・東洋美人 大辛口 純米吟醸
など、12種ほど選んでおります。

これらを全てお飲み頂いても会費は5千円。

当日ご用意するおつまみは小皿のブッフェ形式、お好きな物をお取りいただき、自由に召し上がって頂くスタイル
Ahc
出汁巻卵、蛍烏賊沖漬け、まぐろ山かけ、飯蛸旨煮、子持ち昆布、切り干し大根、こごみ胡麻和え、ぎんだら西京焼き、里芋にっころがし、ひじき旨煮、唐墨大根、鯛昆布〆、桜海老かき揚げ・・・・・などなど、典型的な居酒屋料理
居酒屋料理はお値段一皿300円~とお手頃な設定です。

お造り、湯豆腐などは厨房で作った出来立てをお持ちします。

さらにお気に召した日本酒はお買い求め頂けて、当日ご協力頂く乾酒店からご自宅にお届けします。

この企画、如何でしょうか?

ご友人、ご同輩とグループでのご利用も大歓迎、皆さんで日本酒を囲んでワイワイ盛上がってください。

ご予約お待ちしております。


2016年2月11日 (木)

イベントレポート 寿司割烹「瀬戸内の幸と雨後の月」

サービスの佐藤です。

10日夜、寿司でイベント「一夜限りの寿司割烹 安芸・広島編(副題:瀬戸内の幸と雨後の月)」を開催しました。

今回は呉市相原酒造のご協力を得て開催、社長の相原準一郎様もご同席くださりました。

010
前列右から二人目が相原様
左から二人目がイベントのコーディネートにご協力くださった乾酒店乾様

ご用意い頂いたお酒は非買品が多く、特に今回のイベントの為だけに絞ってくださった“雨後の月今朝しぼり”をサプライズでお持ちくださり、参加の方々からは拍手喝采。
008

お出しした料理です。
クリックし拡大してご覧ください。
2016210

お料理の一例を写真でご紹介
酒の肴三種盛・・・鯵なめろう、カワハギ肝和え、サヨリ昆布〆
006

走りの竹の子も木の芽和えにして
005

宮島の郷土料理 穴子飯を最後に頂きました。
004

ご参加くださった中には呉のお生まれの方、若かりし頃に広島での勤務を経験なさった方々も。

皆様で広島の歴史と風土、そしてお酒を中心にした食文化の話題で盛り上がっていらっしゃいました。

本日のお酒が勢ぞろい
007
雨後の月 スパークリングアジア 微紅
       にごり梅酒
       十三夜(酒コンペティション2013純米部門グランプリ受賞)
       純米大吟醸 愛山 
       大吟醸 真粋+3.5
       純米大吟醸 真粋       

今回のイベントでは相原酒造様、乾酒店様に大変お世話になりました。
ありがとうございました。

次回は6月に開催予定、またお知らせさせて頂きます。

冬の“海の幸”を楽しんでください。

コンチネンタルダイニングの柴田です。

今月の夜の“海の幸”コースをご紹介します。

こちらは温かい前菜 ズワイガニのコロッケと蟹みそのフラン
Photo_2

真鱈のオーブン焼きを被っているのはポルチーニ茸のグラタン マッシュルームのソースで頂きます。
Photo_3

ホタテとヒイカのナージュ サフラン風味のスープ仕立て、魚介の旨味がたっぷり
Photo_4

今月は美味しい物をストレートに楽しんで頂こうと思い、シンプルに作りました。

ズワイガニのコロッケ、これは是非召し上がって頂きたい。
蟹みそのフランをソース替わりにして頂くと最高です。トマトソース、タルタルソースも添えています、これはこれで洋食系の味に変化、色々と楽しんで頂けると思います。


こちらに海の幸ディナーメニュー詳細を張っておきますので、是非ご覧ください。

ご来店お待ちしております。

2016年2月10日 (水)

越後の味覚 のっぺい、鰤、柳鰈、鴨鍋、鮭釜炊きごはん

日本料理の西野です。

冬は日本海の海の幸が本当に美味しい季節です。

12月は能登、1月~2月は越後をテーマに夜の品書き“巧”を組んでいます。

その中から幾つかご紹介

先ずは“のっぺい”、越後ではお祝いに欠かせない汁物
1

酒好きにはたまらない一品、漁師が潮風に当てて作った“柳鰈の一夜干し”
Photo_4

そして“鴨鍋”温まります。
Photo

その他に鰤、鯛、甘海老のお造り、鮭の釜炊きご飯などで品書きを組んでおります。

是非、こちらの2月の品書きをご覧ください。

2016年2月 9日 (火)

【残席わずか】ナパヴァレーのカルトワイン事情 イベント告知です

コンチネンタルダイニングの岡本です。

2月26日のイベント「ナパ・ヴァレーのカルトワイン事情」にキャンセルがでましたので、ご案内をさせて頂きます。
Napa_valley_welcome_sign
このイベントの目玉は超レアワイン、スケアクローのムッシュ・エタンに代表される少量生産の希少ワイン6種を楽しんで頂く、カリフォルニアワインのイベントです。

ファシリテーターとして㈱中川ワインより山村様をお招きし

Hirokoyamamura20152_1

ナパヴァレーを中心にカルトワインのお話を伺いながらお食事と試飲を楽しんで頂くカジュアルなイベントです。

当日ご用意するワインをご参考まで
・スパークリングワイン JCB by ジャン・シャルル・ボワゼ No.9
・白ワイン   2012 ハドソン シュルドネ カーネロス
・ロゼワイン  2014 チェッカーボード ロゼ ナパ・ヴァレー
・赤ワイン   2011 レアム ザ・テンペスト
・赤ワイン   2011 メルカ CJ カベルネ・ソーヴィニヨン
・赤ワイン   2012 スケアクロウ ムッシュ・エタン カベルネ・ソーヴィニョン

会費はお一人様18,000円
18時30分 食前酒にスパークリングワインでスタート、21時頃散会の予定です。
詳細はこちらのワイン愛好家のための企画「ナパ・ヴァレーの最新カルトワイン事情」フライヤーをご覧ください。
(フライヤーはキャンセル待ち表記になっておりますが、席に空きがでております。但し、早い物勝ちです。)

「残席わずか」ですが、お問合わせは電話03-5562-8201へ


お昼のお寿司 大トロ、中トロ、赤身の食べ比べ

日本料理の大澤です。

お寿司のお昼メニュー「美濃十巻 寿」は、その日のネタから良い物を料理長が見繕って握ります。

今の時期ですと
白身ではハタ、真鯛、金目鯛、サヨリなど
貝類ですと赤貝、とり貝、海老なら車海老、ボタンエビ、甘海老
光物は鯖、〆サバ、縞あじ、烏賊もヤリ烏賊なども美味しいと思います。

010

その他旬の物を色々ご用意しておりますが一番のご馳走は“鮪”それも大トロ、中トロ、赤身と3種を食べ比べて頂けます。

お値段はこちらの2月のお昼 寿司美濃十巻 “寿”をご覧ください。

とてもお得です。

大切なお客様、気の置けないご友人と様々な場面でお使い頂ける品書きになっていると思い、ご案内させて頂きました。

2016年2月 8日 (月)

低脂質で減塩のランチメニュー“マンスール”

コンチネンタルダイニングの岡本です。

今月のランチ“マンスール”をご紹介します。

動物性脂質を抑え、塩分も控え目にして胃に負担をかけない料理をお出ししています。

前菜は「タコとセロリのマリネ」
Photo

スープは「レンズマメのポタージュ」

メインはお選び頂けて
こちらはイトヨリのポアレ、酸味を利かせたトマトソース
Photo

お肉は仔牛ロースのグリル ローズマリー風味のマスタードソース
Up

そして、本日のデザートとコヒー紅茶をお出しします。

日頃から健康に気を使われている方々に安心して召し上がって頂けるメニューになっていると思います。

是非、お試しください。

詳細はこちらの2月のランチメニューをご覧ください。

2016年2月 5日 (金)

週末限定お得なメニュー 日本料理“極”が料理内容そのままで・・・

日本料理サービスの大澤です。

新春の特典をご紹介します。

土曜に限り 日本料理で平日13,000円でお出ししている夜のコース“極”を料理内容はそのまま変えずにお値段だけ手軽にしてご提供します。

お値段と料理内容はこちらをご覧ください。

2月はメバルを塩焼き、煮付け、唐揚とお好きな調理方でご用意、週末はお得です
Photo

こちらはコンチネンタルダイニングの土曜限定ローストビーフ、定額なのにお好きなボリュームを注文頂けます。
Photo

是非週末限定メニューから各店のパンフレットをご覧ください。

「本当にお得です!!」(ジャパネットたかたさん風に)

ご来店、お待ちしております。

2016年2月 4日 (木)

ちょっと贅沢に“牛みぞれ鍋” お昼に如何

日本料理の西野です。

まだまだ寒い日が続きます。

お昼も温かい物がよろしいかと思い“牛のみそれ鍋”を作りました。
Photo_2

熱々の小鍋仕立てにし大根おろしをたっぷりと入れ、和牛ロースを出汁に絡ませて召し上がって頂きます。
豆腐、椎茸、笹がき牛蒡と焼いた葱、栄養バランスも良いお昼の献立かと思います。

お造りに走りの竹の子の木の芽和え、蒟蒻とぜんまいにへしこを加えて炒めた物などとお膳を組んでおります。

是非、ご賞味ください。

詳細はこちら2月のランチメニュー 日本料理をご覧んください。


2016年2月 3日 (水)

今月のハンバーグは焦がしオニオンのソース

鉄板焼の小寺です。

2月のハンバーグステーキは“焦がしオニオンのソース”

Photo_10

香ばしく炒めた玉葱の甘さ、フォンドヴォーの旨味と白ワインの酸味が活きた・・・私が言うのもなんですが“絶品”のソース。

使っているお肉は和牛100%、旨味を閉じ込めた脂はサラりとして胃にもたれません。

付け合せの野菜は蓮根、蕪など冬の根菜に芽キャベツの組合せ、クレソンのほろ苦さも春の味、野菜もたっぷり添えています。

人気のスープは“ずわい蟹と帆立”、小鉢にサラダも付いて、ご飯のお替りもご自由と食べごたえ充分、お若い方をお連れになっても安心です。

詳細は鉄板焼2月のランチメニューをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

2016年2月 2日 (火)

鮭粕汁と竹の子ご飯 お昼にいかが

日本料理の西野です。

お昼のお膳、今昔物語は「鮭の粕汁と竹の子ご飯」
Photo_9

大根、牛蒡、椎茸などを粕を溶いたダシで鮭と炊き、汁に仕立ててイクラを飾っています。

まだまだ寒さが続くこの季節、熱々の粕汁で体の芯から温まってください。

一緒にお膳を組むのは「竹の子ご飯」、根三つ葉の辛子和え、蒟蒻とぜんまいのへしこと炒め、鮪サラダなどの副菜を添えております。

旬の素材を使って懐かしい味、体に良いお食事を、と思ってお昼にご用意。

今月はその他に鰤の照り焼き、鶏けんちん蕎麦、牛みぞれ鍋などお出ししております。

どうぞ、こちらの2月の品書きをご覧ください。

皆様のご来店をお待ちしております。

2016年2月 1日 (月)

肉汁こぼれるメンチカツ

コンチネンタルダイニングの揚物担当、徳永です。

お待たせしました。

ヒルズランチに“メンチカツ”が一年ぶりに登場します。

Photo_5

如何でしょう、当店自慢の“肉汁あふれるメンチカツ”

Photo_6

今回は付け合せに安納芋のポテトサラダを使うなど、一工夫しております。

クリーミーで熱々のシーフドドリアもご用意いております。
Photo_8

是非、こちらの2月のヒルズランチをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »