« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

4月のハンバーグステーキはデミソースの目玉焼きのせ

鉄板焼サービスの永島です。

4月のハンバーグステーキです。
162

我がシェフ小寺さんの座右の銘は「道に近道無し、王道を行く」

何事もブレが有りません。

軸がしっかりしています。

他人の言葉に惑わされません。

でも・・・支配人に「ハンバーグの王道は目玉焼きのせでしょう」「もっと分かり易く」と言われ

当初メニューの「クラシックスタイルのハンバーグステーキ」

が 「ハンバーグステーキ 目玉焼きのせ デミグラスソース」に替わりました。

小寺さん、意外と柔軟な一面もお持ちです。

皆様ご来店の際には、小寺シェフへ励ましのお言葉を

HPでは全店の4月のランチメニューをご覧になれます。

ご来店お待ちしております。

2016年3月30日 (水)

セクレタリーズ ウィーク 4月5日より開催、スタッフ一同お待ちしております。

予約の小澤です。

毎年この季節になるとセクレタリーズ ウィークを開催しております。

日頃お世話になっている秘書、予約窓口の皆様に当クラブを実際にお使い頂き、各施設の雰囲気、サービススタイルなどご体験頂ければと開催しております。

今年は4月5日から28日までお昼3,300円、夜7,800円で特別メニューをご用意、しかも4名様以上のご利用でお一人無料ですから、社内の懇親会、季節的に歓送迎会などでお使い頂ければと思っております。

一例ですがコンチネンタルダイニングのランチをご紹介。

最初に春らしい前菜盛り合わせ
Photo_4

次ぎにグリーンピースのポタージュスープをお出しし

メインディッシュはお魚とお肉からお選び頂きます。

お魚は、マコガレイのフリット
033

お肉は、大山地鶏の白ワインビネガー煮込み
Up

デザートとお飲物もご用意しております。

各店の特別メニュー詳細はこちらのセクレタリーズ ウィークパンフレットをご覧ください。

ご予約をお待ちしております。


2016年3月29日 (火)

4月のコラボレーションメニュー

予約の小澤です。

4月のコラボレーションメニューをご案内します。

付だし替わりに旬のネタで握ったお寿司を三貫
017

日本料理から春の前菜をお出しします。
Photo_3

そしてお造りも
Photo_4

肉料理はオーストラリア産サーロインのグリル エストラゴン風味のソース
Photo

〆はもり蕎麦
Photo_2

お箸で頂ける、寿司、日本料理、フランス料理の組合せです。

それぞれ出来立てをお店からお部屋へ運びます。

私どものクラブだからできるコラボレーションメニュー、季節の食材を使ってお造りしています。

是非、お楽しみください。


2016年3月28日 (月)

桜にあわせてロゼ 結(YUI) ケンゾーエステート

コンチネンタルダイニングの河原です。

桜のシーズン限定でお出ししているロゼワインをご紹介
Photo
ワイナリーは皆様ご存知のカリフォルニア ナパの“ケンゾーエステート”

グラス2,000円 ボトル11,000円でご用意しております。

2016年3月24日 (木)

オリジナルチーズケーキ 北海道産のチーズを使っています

パテシィエの鈴木です。

3月26日は北海道新幹線の開通の日

私なりに考えて、皆様に北海道を近くに感じて頂こうと作ったのがこのチーズケーキ
Photo_6
しっとり感を活かしたクリーミーなケーキ、とてもリッチな味わいです。

コンチネンタルダイニングでデザートとしてお出ししています。

ご希望があればラウンジでもお出ししますので、お申し付けください。
(売切れの際はご容赦ください。)

そろそろ桜も満開、桜を使ったロールケーキをお出ししようか、などとレシピ帳を見ながら考えております。

Photo
(こちらは試作中の桜ロールケーキです)

ご期待ください。


2016年3月23日 (水)

【イベントレポート】第一回 ぽん酒会

サービスの佐藤です。

18日金曜の夜 30名を超えるお酒愛好家の方々にご参加頂き、日本酒の利き酒イベント「ぽん酒会」が催されました。

Photo

私佐藤が全国から選りすぐった蔵元のお酒十三種が飲み放題、皆様節度(?)を持って沢山楽しまれていました。
Photo_2
中には全てのお酒を一巡りされた方も・・・
青森   陸奥八仙  特別純米 いさりび
宮城   伯楽星   特別純米
山形   上喜元  純米吟醸 米ラベル
茨城   来福     純米吟醸
栃木   鳳凰美田  純大 五割磨き 
富山   羽根屋   特別純米酒 煌火
静岡 初亀 べっぴん 純米吟醸 辛辛
奈良   篠峯     純米 無濾過生
和歌山  紀土    純米酒 
広島   雨後の月 特別純米酒 十三夜
山口   東洋美人 一歩 純大 直汲み生
福岡   三井の寿  春純吟 クアドリフォリオ

また、当日サプライズで上喜元様より鑑評会出品酒、限定大吟醸をご提供いただき、皆様と一緒に味あわせて頂きました。
ありごとうございました。

当日の酒リスト詳細はこちら「poncyukai_sake_list.pdf」をダウンロードをご覧ください。

お料理はカンターにお惣菜、おつまみ類をご用意し、温かなお料理は注文頂いて厨房からお出しするというスタイル。お好きな物をご自分の目で選んで頂き、お好みのお酒と合わせるという趣向。

Photo_3

Photo_4

また、お気に召したお酒はお買い求め頂け、乾酒店からご自宅へお届けさせて頂きました。
※今回のイベントは乾酒店様のご協力で開催されました。


2016年3月22日 (火)

“甘鯛の松かさ焼き” フランス料理です

コンチネンタルダイニングの岡本です。

日本料理の調理方法で『松かさ』と言う調理方法があります。

鯛、甘鯛などのウロコをあえて残したままにし、脂で揚げたり、直火で焼いたりしてウロコを立て、マツカサに見立てた料理。
ウロコもパリパリとした食感で、美味しく頂けます。

043

今回はディナーメニュー“山の恵み”のお魚料理の甘鯛で『松かさ』の手法を使っています。
ウロコを残した切り身の表面をオリーブオイルで焼き『松かさ』に仕立て、赤ピーマンのソースで召し上げって頂きます。

前菜はフォアグラのテリーヌ ハスカップの甘酸っぱいソースで召し上がって頂きます。
Photo_5

メインは牛サーロインのグリル 赤ワインソースを添えています。
Photo_6

こちらにコンチネンタルダイニング 夜のメニューのリンクを張っておきますので、是非、ご覧ください。

2016年3月21日 (月)

ランチにビストロ料理はいかがでしょう

コンチネンタルダインングの岡本です。

お昼のBISTROランチが男性陣に好評です。

奇をてらわずに余計な物を省いた分かり易い定番フランス料理を日替わりでお出ししています。

メインディッシュの一例を写真でご紹介

牛ハラミのステーキ
Photo

仔羊の背肉
Photo_4

真鯛のポアレ
083

アイナメの浅利ソース
Photo_3

こちらの3月のランチメニューを是非ごらんください。


2016年3月18日 (金)

ツマミも握りも春の色 寿司より

寿司の池田です。

三寒四温と云われますが、この週末は雪もようちょっと寒すぎです。

一方、寿司ネタの仕入れ既に“春”が来ています。

先ずは筍、定番の土佐煮
005

同じ筍ですが、こちらは蛍烏賊と炊合せにしています。
Photo

走りの鰹、シンプルなお造り
Photo_2

春の白身と言えばサヨリ
Photo_3

蛤と菜の花のお浸し、少し辛味を利かせた出汁で頂きます。
008

春は野菜も海の物も生命力あふれるのびのびとした素材が多いような気がします。

お酒も色々と取り揃えております。

合わせるお酒は、陸奥八仙の特別純米いさりびなど如何でしょうか

是非、こちらの日本酒リストをご覧ください。

2016年3月17日 (木)

祝「北海道新幹線開通」 北海の味覚をご用意しました。

日本料理の西野です。

日本料理では3月に北海道の食材をテーマにして品書きを作っております。

こちらは夜にお出ししているコースの一品、「帆立の貝焼き」味噌と昆布で焼いています。
Photo_7

その他にも三平汁、ししゃも、ハタハタの飯鮨、ホワイトアスパラ豆腐など北海道の恵みをたっぷりと使ったお料理で『北海の味覚懐石』を組んでおります。

品書きの詳細はこちらの品書きをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

2016年3月16日 (水)

季節の食材を使った“海の幸”ディナー

コンチネンタルダイニングの柴田です。

夜お出ししているコースメニュー“海の幸”

季節の代表的な食材を使って春らしいメニューを組んでおります。

先ずは前菜
北海道産みず蛸と帆立のカルパッチョ ハーブとフレンチキャビアをアクセントに
Photo_2


二皿目は“カサゴと蕗の薹のフリット からすみの風味”
ホロホロに揚ったカサゴとほんのり苦味がアクセントの蕗の薹、春らしい味わいです。
Photo_3

鰆と新ジャガイモのロースト 柚子胡椒風味 
素材を活かしたシンプルな調理法で召し上がって頂きます。
Photo_4

旬の食材を使って目でも季節を楽しんで頂けるよう、料理を作っております。

こちらに3月の各店舗メニューへのリンクを張っておきますので、是非ご覧ください。


2016年3月15日 (火)

【イベントレポート】 一日限りの旬采割烹“ふくたや” 

サービスの佐藤です。

3月11日金曜に催した「ふくたや」と名付けたイベントのレポートです。
Dsc_0001

日本料理の統括料理長 福田が一晩だけの為に、旬の食材を仕入れて品書きを作り、お客様の目の前で料理を仕上げて春満載のお料理をお召し上がり頂きました。
Dsc_0021

彩り溢れるお料理を写真でご覧ください。

お食事の始りは「春貝寄せ」と題し、三種の貝料理を前菜に盛り込んでいます。
Dsc_0015

お椀「春の露」 若狭ぐじ酒蒸し、ひろうす
Dsc_0025

炊合せは伊勢海老を使って大和煮に
Dsc_0035

こちらはお食事のあなご飯蒸しです。
Dsc_0037

その他に桜鯛へぎ作りと竹の子のお造り、黒毛和牛の焼き物など・・・詳細はこちらをクリックしてご覧ください。
Dsc_0004

20名のお客様をお迎えして一晩だけの旬采割烹「ふくたや」をお楽しみ頂きました。

次回は八月初旬を予定しており、詳細が決まりましたらお知らせさせて頂きます。


2016年3月14日 (月)

お料理も春の色 桜海老を使ったランチ二品

サービスの佐藤です。

3月の静岡、駿河湾の春の色と言えば“桜海老”

私どももこの“春の色”を使ったお料理をお昼に二品ご用意しております。

こちらはコンチネンタルダイニングの「桜海老と菜の花のペペロンチーノ」

桜海老が良い食感、ほろ苦い菜の花も春の味、春満載のパスタ
Photo


もう一品、日本料理の「桜海老のかき揚げ蕎麦」

カラッと香ばしく揚った掻き揚げは春野菜と桜海老を満載、美味しいものです。
135

その他、北海の旬を満載した「北海丼」、富山湾の蛍イカと三重の蛤をサフランライスで炊き込んだパエリヤ風の一皿、富良野の和牛A4ランクのステーキなどもご用意しております。

こちらのクラブHPを是非ご覧ください。

2016年3月11日 (金)

ローストビーフフリー、黒鮑&国産牛・・・週末は本当にお得です。

わたくし日本料理サービスの大澤が“週末限定お得なメニュー”をご案内します。

土曜に限り、日本料理では平日13,000円でお出ししている夜のコース“極”を料理内容はそのまま変えずにお値段だけ手軽にしてご提供します。

3月は蛤を塩焼き、酒蒸し、天ぷらとお好きな調理方でご用意しています。

お料理の詳しい内容は週末特別懐石をご覧ください。

鉄板焼では黒鮑と国産牛の組合せをご提供
Photo

コンチネンタルダイニングの土曜限定ローストビーフは定額なのにお好きなボリュームを注文頂けます。
Photo

是非週末限定お得なメニュー【全店】から各店のパンフレットをご覧ください。

「本当にお得です!!」(ジャパネットたかたさん風に)

ご来店、お待ちしております。

2016年3月10日 (木)

今月のハンバーグステーキは照り焼きソースです

鉄板焼サービスの永島です。

こちらが今月のハンバーグ
Photo_4

ソースは定番、真っ向ストレート勝負の照り焼きソースです。

最初にお出しするサラダには新タマネギのドレッシング

新タマネギって美味しいですよネ

フレッシュで甘いし、辛くない。

新タマネギだけをスライスして1ヶまるまるサラダで食べられそう。

私がそう言ったら料理長小寺さん曰く「それはオニオンスライスって言うの、昔スナックで一番安いツマミだった」

「スナック?」・・・世代の差を感じてしまい、それ以降の会話が成り立たなくなりました。

私達、鉄板焼チームは世代間の意思疎通の難しさを抱えつつも、老若男女、幅広い年齢のお客様に愛される鉄板焼を目指してゆきます。

その他ランチでは「祝 北海道新幹線開通」を記念して“かみふらの和牛”もお出ししております。

こちらの3月のランチメニューをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

2016年3月 9日 (水)

ランチのお勧め「和牛と山菜の蒸し焼き」 日本料理より

日本料理の西野です。

今月のお薦めは「和牛と山菜の蒸し焼き」です。

Photo_3

今回は自家製のポン酢に北海道の辛味調味料“三升漬”を添えています。

和牛の脂をポン酢と辛味調味料でよりサッパリと召し上がって頂けるかと思い、タラの芽、こごみ、筍なども一緒に蒸し焼きにして添えて見ました。

帆立と山菜の白和え、干し椎茸と芋がらのキンピラ、初鰹と槍烏賊のお造りなどと組んでお膳にしています。

季節の香り“山菜”と上品な脂の“和牛”の組合せ、如何でしょうか。

3月のお昼は北の海の恵みを盛り込んだ“北海丼”、鱈の使った“じゃっぱ汁”など「祝 北海道新幹線開通」フェアー。
そして定番の蕎麦ご膳は桜海老の掻き揚げを添えています。

こちらに3月お昼の品書きを添えておきます、是非お召し上がりください。

2016年3月 8日 (火)

脂質と塩分を控えたランチメニュー“マンスール”も「祝 北海道新幹線開通」

コンチネンタルダイニングの岡本です。


3月のランチメニューから動物性脂質と塩分を控え健康に気を使っていらっしゃる方向けに作った“メニュー マンスール”をご案内します。

前菜は、鰊のマリネとクレソンのサラダ

スープは北海道産北あかりのポタージュ

メインはお魚とお肉からお選び下さい。

お魚は旬の桜鯛 グリーンペッパーのソース
Photo

お肉は鶏胸肉のローズマリー風味のグリル 
Photo_2

脂質と塩分を押さえながらも香草、ビネガーなどを使ってしっかりとした味付けにしており、ボリュームも充分だと思います。

今月は「祝 北海道新幹線開通」をテーマに北の大地と海から食材を選んでメニューに組み入れております。

是非、ご利用ください。


2016年3月 7日 (月)

寿司も「祝 北海道新幹線開通」 北の素材満載

寿司の池田です。

3月はクラブの各店が北海道をテーマにメニュー作り。

素材勝負の寿司、北の海の幸で他店に負ける訳にはいきません。

酒肴と握りのコース“織部”でお出しする焼き物“タラバ蟹”、直球勝負の北海道産素材
Photo

握りにも鮪、とり貝、ホッキ貝など
077


その他、サヨリに小肌、蛤など春の素材も色々用意しています。

こちらの3月の夜品書きをご覧ください。

2016年3月 2日 (水)

続々「祝 北海道新幹線開通」 鮭と帆立のフライ コンチネンタルダイニングより

コンチネンタルダイニングの徳永です。

鉄板焼、日本料理に続きコンチネンタルダイニングでも「祝 北海道新幹線開通」のメニューをご用意。

揚物担当(商品説明係)の私が柴田シェフに頼んで作ってもらったのが、こちらヒルズランチの一品
Photo_3

鮭と帆立のフライ

「実に分かり易」と自画自賛しております。

『創意工夫』とか、『斬新な商品提案』の類は他人に任せ

『実直で愚直』を座右の銘とする私は、鮭と帆立のフライで勝負します。

北海道産「北あかり」のポタージュも付いてきます。

是非お召し上がりください。

その他、ヒルズランチのチョイスは「桜海老と菜の花のスパゲティ」、「蛍いかと蛤のパエリア風」

北の大地に春風を吹き込むようなメニューをお出ししています。

詳細は3月のランチメニューをご覧ください。

2016年3月 1日 (火)

続「祝 北海道新幹線開通」と言う事で“北海丼” 日本料理より 

日本料理の福田です。

これ以上分かり易い商品は無いと思います。

お昼にお出しする丼、“北海丼”です。
Photo

北海道の海の幸をたっぷりと盛り込んでいます。
Photo_2

ストレートのど真ん中の直球勝負、余計な薀蓄、説明は致しません。

是非召し上がってください。

その他に“じゃっぱ汁”、“山菜と和牛のせいろ蒸”、“桜海老のかき揚げ蕎麦”などもご用意しております。

詳細はこちらの3月お昼の品書きをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »