« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月27日 (水)

5月6、7日の2日間限定 お得なメニュー『大盤振る舞い』

予約の小澤です。

今年のGWはお休みを上手に取ると10連休だそうです。

クラブは4月29日~5月5日の間を休館とさせていただきます。

GW終盤の6(金曜)、7日(土曜)は営業しておりますので、是非ご来館ください。

そこで皆様に“大盤振る舞い”、料理内容を変えずにディナーメニューをお安く提供します。

✔コンチネンタルダイニング  “山の恵みコース”12,000円 → 10,000円

✔日本料理 旬のアイナメを主采に使った“極”13,000円 → 10,000円 
  アイナメは“煮付け”“唐揚”“木の芽焼き”の3種の調理方法からお好みを

✔鉄板焼   “国牛と伊勢海老コース”12,000円 → 10,000円
Up

✔寿司は人気の週末限定お得なメニュー“お好きなネタ二十貫10,000円”&“十貫5,000円”をご用意
Photo_2

メニュー詳細はこちらのリンクをご覧ください。

GW終盤、ご自宅でゆっくりされる方も多いかと思います。

皆様の6日、7日のご予定は如何でしょう、是非アークヒルズクラブにお越しください。

2016年4月26日 (火)

5月のコラボレーションメニューです

予約の小澤です。

5月のコラボレーションメニューをご案内します。

先付替わりにお寿司を三貫

3

前菜は日本料理からお持ちします
甘海老の酒盗玉掛け、姫さざえ、稚鮎唐揚など

Photo_2

お造りは旬の物を仕入れて盛合せて

3_2

メインはオーストラリア産サーロインのグリル モリーユと言う茸のソースを添えています

Photo_3

〆は冷たいきつね蕎麦

Photo_4

こちらにデザートとコーヒーが付きます。

その他の5月のメニューはこちらをご覧ください。
5月はサミットが開催される伊勢志摩に因んだ食材、食文化をテーマにメニューを作っております。

ご予約、お待ちしております。

2016年4月25日 (月)

セキュリティ強化の為1Fカンターが変りました

メンバーシィップの田中です。

アーク森ビルは竣工から30周年を控えて1Fロビー廻りの改修工事を進めています。

またセキュリティの強化を目的に受付廻りは一新され、クラブ受付も25日より新たなカウンターで皆様をお迎えしています。
001

Ark
(クリックで拡大)

元のカウンター位置から少し車寄せ向きに移動しております。
皆様にはカウンター右手のセキュリティゲートをお通り頂くこととなります。
004

【セキュリティ強化のご案内】

従前はセキュリティゲートは常時開、スタッフによる視認警備であったものが

今後はセキュリティゲートは常時閉、スタッフの視認によりゲートを開ける方式に変更されセキュリティが強化されます。


伊勢志摩サミットを控えてセキュリティの強化と重要性の認識を各方面から求められております。

当クラブにおきましてもセキュリティを強化、整備し、皆様に安心してご利用頂ける環境にすべく努めてまいります。

どうぞご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


お昼の“牛タンの塩焼き”は今週いっぱいで終了です

日本料理の西野です。

今月のお昼はちょっと趣向を変えて“牛タン”をお出ししています。

牛タンは高蛋白で低脂肪な食材、付け合せには蒸したキャベツなど野菜もたっぷりと添えています。
Photo_4

肉厚の身には細かく包丁を入れて食べやすくしております。

ひじきの煮付け、お造りは鮪とあおり烏賊、蛍烏賊の噌和えなど一緒にお膳を組でおりますので、栄養バランスも充分かと思います。

そうそう、汁は牛テイルスープにしております。

年度初めはお若い方とご一緒の機会も多いかと思います。

食べ応えも充分、ご飯がすすむ事受け合います。

その他、桜海老の掻揚げの天麩羅そば、鯛茶漬けなどもご用意しております。

どうぞ4月の昼品書きをご覧ください。

2016年4月21日 (木)

ビストロランチをご紹介 調理の定池です

この場は初登場、コンチネンタルダイニングで調理を担当しております定池(さだいけ)と申します。

私どもが日替わり、週替わりでお出ししている「ビストロランチ」から幾つかお料理をご紹介させて頂きます。

先ずは、チーズを詰めた仔牛のロール 香草パン粉焼き
Photo

トリッパ 野菜とトマトソース、白ワインでしっかり煮込んでいます
Photo_2

牛ハラミのステーキ 味わいある赤身肉、玉葱とフォンドヴォーのソースで
Photo_3

写真でお分かりのように定番のフランス地方料理から毎月幾つかピックアップして作っております。
私の今のトレンドは“バスク地方の料理”、トマト・オリーブ・ニンニクなどの野菜をたっぷりと使い鶏、豚などをシンプルに焼いたり、煮込んだりした料理です。ピレネー山脈をはさんでフランスとスペインにまたがる地域ですから両国の食文化の結束点がバスク、良い具合に混じり合って日本人にも親しみやすい料理が沢山あります。

ビストロランチですが、前菜はその時々の物を5種類ほどを盛合せにしてお出しし、メインはお魚、お肉からお選び頂いて、デザート&コーヒーというシンプルな構成。

お昼はその他、日本の洋食をテーマにした「ヒルズランチ」、動物性脂質と塩分を抑えた「マンスール」、ご接待に最適なお昼のコース「シェフズランチ」と『お客様のご利用目的に合わせてお選び頂けたら』などと考えてメニューを作っております。

是非一度、こちらのランチメニューをご覧ください。

よろしくお願いいたします。


2016年4月20日 (水)

“海老フライ”は一生の相棒 NO AGEMONO, NO LIFE

コンチネンタルダイニングの徳永です。

私し、お店で揚げ物の広報を担当しております。

今月のヒルズランチには揚物界の王様“海老フライ”が登場。
037

今でこそ普通に食卓に登りますが、私の子供の頃“海老フライ”はすき焼きと肩を並べる・・・ハレの日でなければ食べる事ができない、家族全員で手を合わせてから頂くご馳走でした。

“NO AGEMONO, NO LIFE”を合言葉に揚物、フライ系が大好きな方々のご希望をメニューに反映させ、毎月必ず一品は揚物をメニューに入れるべく柴田シェフとファイト(交渉)しております。

一方では皆様に揚げ物の必要性、「カロリー摂取は生命維持の基礎」と啓蒙活動もし、より多くのご注文を頂いてメニューから揚物が無くならないよう、販促活動も職務としている訳です。

“NO AGEMONO, NO LIFE”揚げ物好きの皆様、是非ともご支援、ご注文をお願いします。

今月のヒルズランチはマデラ酒で煮込んだ牛タンシチュー、ホタル烏賊とウルイのペペロンチーノなど強敵ぞろいです。詳しくは4月のランチメニューをご覧ください。


2016年4月18日 (月)

当店オリジナルのニース風サラダ

コンチネンタルダイニングの柴田です。

皆様、ニース風サラダを一度は召し上がった事、お有りになると思います。

今回はちょっと材料に工夫をし、手間をかけてご馳走に仕立て、夜のコース「山の恵み」で前菜におだししております。
Up_2

ニース風サラダの定義はツナ、アンチョビ、オリーブ、ジャガイモ、卵、トマトなどにオリーブオイルベースのドレッシングを廻しかけた猟師町の家庭的な地方料理。

Photo_3
私の作ったニース風サラダ、普通はツナ=ツナ缶のところを、贅沢にもマグロのコンフィを作り使っております。
また野菜は癖のない旬のウルイ、おかひじきなど春の物を、トマトは甘味の強いチェリートマトと具材を奢りました。

是非、お試しください。

こちらに4月夜のコースメニューを添えておきますので、是非ご覧ください。

2016年4月14日 (木)

ご存知ですか 黒アワビと国産牛のセットがお得です

鉄板焼の小寺です。

今日ご案内するのは黒鮑と国産牛、両方を召し上がって頂く夜のメニューとてもお得な価格設定です。

鮑は150g、国産牛も100gとボリュームたっぷり。

是非こちらのメニューを開いてご覧ください。
Photo_3

先付、サラダをお召し上がり頂いている間に目の前で鮑を焼きますので、その様子もお楽しみ頂けます。

お肉と一緒に季節の野菜をご用意、私し野菜に拘っておりまして、ちょっと珍しい野菜を選んでお召し上がりいただきます。

今でしたらそのままでも召し上がれる春玉ねぎ、加賀蓮根、りーキ、ウルイ、アスパラなど色々仕入れ、時々の美味しい野菜を楽しんで頂きます。

野菜もたっぷりと召し上がって頂ける「栄養バランスの良い健康的な鉄板焼きの料理」を目指しております。

ご来店、お待ちしております。

2016年4月13日 (水)

脂質と塩分を控えたランチメニュー“マンスール”

コンチネンタルダインングの柴田です。

料理の味を決めるのにバター、クリームを極力使わない料理方法でメニューを作ったのがランチの“マンスール”

今月のメインをご案内

お魚は太刀魚のポアレ 白ワインソースに焼いたアスパラガスを添えています。
黄色は人参のフリット、香ばしさと甘味が広がります。
Photo_2

お肉は大山地鶏の腿肉ビネガー煮込み
Up
煮込むことでビネガーの酸味は無くなり、しっとりとした味わいが残り、肉質も柔らかくなります。
コクのあるベーコンと新じゃが芋も一緒に煮込んでいます。

前菜はモッツアレラチーズと帆立のスモークにフルーツトマト

スープがグリーンピースのポタージュをご用意しております。

詳細はこちらの4月のランチメニューをご覧ください。

2016年4月12日 (火)

「春よこい」寿司より

寿司の池田です。

旬のネタをご紹介

姿が美しい桜色の車海老
011

走りの鰹は四国沖から
Photo

五島列島のマテ貝、ご当地では「馬刀貝」と書くそうです。
1

シンプルに酒蒸しで歯応えと磯の香をお楽しみください。
Photo_2

桜が咲くこの時期は松任谷由美さんの歌「春よこい」がピッタリ。

お寿司でも春らしいネタをご用意しております。

夜の酒肴と握りのセット「織部」では旬の素材を充分お楽しみ頂けます。

どうぞこちらの寿司 夜の品書きをご覧ください。

2016年4月11日 (月)

“シャリアピン”と言う人の名前が付いた料理

コンチネンタルダイニングの岡本です。

今月のシェフズランチのメインは“シャリアピンステーキ”

このお料理の特色は飴色になるまで炒めた玉葱をたっぷりと添えているところです。
Photo

昭和の初め頃のお話し、ロシア出身のオペラ歌手“シャリアピン”と言う方が日比谷のホテルに滞在、料理長がかれの注文に応じて有り物の材料“玉葱”で作ったソースをステーキに添えてお出ししたところ、事のほか喜ばれたそうです。それ依頼、彼の名前“シャリアピン”が料理名になったという由来です。

この料理、日本生まれの日本の料理、当時庶民の間で流行りつつあった“洋食文化”と同じルーツです。

こちらに4月のランチメニューのリンクを張っておきます。


2016年4月 7日 (木)

4月はホタル烏賊とうるいのスパゲティ ヒルズランチで 

コンチネンタルダイニングの仁藤です。

4月にご用意するのは春の恵み満載のスパゲティ、富山のホタル烏賊とうるいを使っています。

Photo_7

オリーブオイルにニンニクの風味を付け、唐辛子をほんの少し利かせたペペロンチーノがベース。
和の素材を用いたシンプルなスパゲティ、きっとお気に召すと思います。
Photo_8

是非、お召し上がりください。

今月のヒルズランチは定番の海老フライ、牛タンシチューなどご用意しておりますので、こちらのランチメニューをご覧ください。


2016年4月 5日 (火)

白魚の玉締め膳 日本料理より

日本料理の大澤です。

健康的で良質な日常食をテーマにお作りしているのがお昼の“今昔物語”

今月は小鍋を使って季節の白魚を卵とじにした一品を主菜にしています。
Photo_5

豆腐に笹がき牛蒡、人参などと出汁で煮て卵とじにし、三つ葉をそえた栄養バランスの良いお食事です。

あした葉と揚げのお浸し、まぐろ山掛け、ひじきの旨煮などとお膳に組んでお出しします。

2016年4月 4日 (月)

じっくり煮込んだ“牛タンシチュー”

コンチネンタルダイニングの徳永です。

今月のヒルズランチから“タンシチュー”をご案内
Photo_2

赤ワインとマデラ酒で肉の繊維がホロリとなる位にじっくりと煮込んでいます。

Photo_3

「ホッとする料理」って言葉は、このタンシチューの為にあるようなもの。

お仕事の合間、気分転換にクラブで昼食は如何でしょう。

タンシチューがお待ちしています。

今月のヒルズランチではエビフライ、ホタル烏賊とうるいのペペロンチーノもご用意しております。


2016年4月 1日 (金)

お花見がてらに鯛茶漬け

予約の小澤です。

アークヒルズ周辺は桜の名所です。

スペイン坂を登って左に曲がると桜のトンネル、道なりに進んで霊南坂、榎坂、桜坂と名前は代わりつつ桜並木が続きます。
Ahc201441_017
六本木道りに戻ったらアークヒルズを一周です。

お腹も減った頃合い、クラブでお昼に鯛茶漬けは如何でしょう。

Photo_9

・・・目に桜、やまほととぎす、鯛茶漬け(?)


今月は春の食材満載のメニューをご用意しております。

Photo_10

どうぞこちらの4月のダイニングメニューをご覧ください。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »