« 当店オリジナルのニース風サラダ | トップページ | ビストロランチをご紹介 調理の定池です »

2016年4月20日 (水)

“海老フライ”は一生の相棒 NO AGEMONO, NO LIFE

コンチネンタルダイニングの徳永です。

私し、お店で揚げ物の広報を担当しております。

今月のヒルズランチには揚物界の王様“海老フライ”が登場。
037

今でこそ普通に食卓に登りますが、私の子供の頃“海老フライ”はすき焼きと肩を並べる・・・ハレの日でなければ食べる事ができない、家族全員で手を合わせてから頂くご馳走でした。

“NO AGEMONO, NO LIFE”を合言葉に揚物、フライ系が大好きな方々のご希望をメニューに反映させ、毎月必ず一品は揚物をメニューに入れるべく柴田シェフとファイト(交渉)しております。

一方では皆様に揚げ物の必要性、「カロリー摂取は生命維持の基礎」と啓蒙活動もし、より多くのご注文を頂いてメニューから揚物が無くならないよう、販促活動も職務としている訳です。

“NO AGEMONO, NO LIFE”揚げ物好きの皆様、是非ともご支援、ご注文をお願いします。

今月のヒルズランチはマデラ酒で煮込んだ牛タンシチュー、ホタル烏賊とウルイのペペロンチーノなど強敵ぞろいです。詳しくは4月のランチメニューをご覧ください。


« 当店オリジナルのニース風サラダ | トップページ | ビストロランチをご紹介 調理の定池です »