« 佐渡のコシヒカリ“新米”と本日の特選干物  | トップページ | もち豚のつけ汁蕎麦 »

2016年11月22日 (火)

豚肉ラヴァーな私

コンチネンタルダイニングの徳永です。

出身は福岡の飯塚、かつての炭鉱の街、一説によると“もつ鍋”発祥の地とも言われております。

実はわたくし“豚肉”が大好き、その柔らかな肉、サラッとした脂の美味しさ・・・

今回ご紹介するのはスペインからいらした“豚”のお肉、スペインはヨーロッパ随一の豚の産地、生ハムなども有名です。

お出ししているのは肩ロース200gの大判(業界用語で面を広く取ってカットしたもの)です。

Photo_2

良い素材は調理に手をかけ過ぎない方がストレートに美味しさを感じて頂けると思い、黒胡椒を利かせた肉汁をソースにしてシンプルに召し上がっていただけます。

028

食べ応えも充分です。

夜のコース“ビストロディナー”のメインとしてお出ししております。

こちらはコースの前菜 パテドカンパーニュー、シェーブルチーズのサラダ
Photo_3

さつまいものポタージュ
Photo_4

そしてメインの豚肉、デザート&コーヒーの組合せです。

当然、アラカルトでもご用意します。

どうぞこちらのダイニング11月のディナーメニューをご覧ください。


« 佐渡のコシヒカリ“新米”と本日の特選干物  | トップページ | もち豚のつけ汁蕎麦 »