« 12月は“ふぐ”をご用意致します | トップページ | 九州 門司の名物“焼きカレー”そして“バナナの叩き売り” »

2016年11月30日 (水)

一度で二度美味しい牛タンの炙りと味噌煮込み 

日本料理の西野です。

12月のお昼のお勧めはちょっと贅沢な牛タン料理

手前は“炙り”タンの根本をスライスし、食べやすいように細かく包丁を入れて炙り焼き、胡椒をきかせています。

奥は“味噌煮込み”和風のタンシチューとでも言いましょうか、柔らかく煮たタンと根菜を合わせております。

2

こちらがお膳

Photo_7

鮪ととろろの山掛け、蓮根の金平、おろしに帆立と椎茸に京麩を和えた小鉢などを副菜にし、佐渡のコシヒカリと牛タンのスープの組合せです。

その他、風呂吹き大根としじみ汁のお膳、鴨南蛮そば、本日の煮魚のお膳などもご用意しております。

是非、こちらの12月お昼の品書きをご覧ください。

« 12月は“ふぐ”をご用意致します | トップページ | 九州 門司の名物“焼きカレー”そして“バナナの叩き売り” »