« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月28日 (金)

8月のコラボレーションメニューです

サービスの佐藤です。

月末になりましたので、8月のコラボレーションメニューをご案内します。

先付け替わりにお寿司を三貫
Photo_6

日本料理から前菜の盛合せ 
ずんだ豆腐、松茸焼き浸し、炙り鮎うるか、笹小鯛寿司など
Photo_4

寿司よりお造り 旬の素材を見繕います。
3


主菜はAUS産サーロイン 
マデラ酒のソース、枝豆のコロッケとつる紫のソテーを付け合せにしています。
Photo_5

シメは梅干し出汁の冷たいお蕎麦 
Photo_7

夏向きにさっぱりとしたお料理の組合せにし、秋の素材も少し入れております。

その他にもご利用の主旨に合わせたお料理、プロモーションをご用意しておりますのでクラブHPのメニューご案内ページを是非ご覧ください。

ご利用お待ちしております。

2017年7月27日 (木)

夏を楽しむ“すだち蕎麦”

日本料理の西野です。

最高気温が30℃を超え、暑さが身に応えてくる季節 

「食欲が沸かない」そんな方へ酢橘を浮かべた冷たい汁蕎麦は如何でしょう
Up

柑橘系のほのかな香りが鼻腔をくすぐり、一口すすれば爽やかな酸味が
Sudati_all

天ぷらの盛合せ、ジャコと高菜の炒め、旬の新生姜のお握りなどとお膳に組んでお出ししています。

さっぱりと頂け、しかも栄養バランスも良い品書きです。

その他お昼にはとろろを添えた“鉄火丼”、大分の味“鶏天”、“鰻”など力の沸くお食事も用意しております。

詳細は7月お昼の品書きをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。


2017年7月26日 (水)

暑い日は、ちょっと辛味を利かせた“アラビアータ”

コンチネンタル調理の定池(さだいけ)です。

今月のヒルズランチにご用意したパスタは「茄子とモッツアレラチーズのアラビアーター」、夏向きに少し辛さを足しています。

01fc08e9a90d4b641e10d8550ce50ebf558

イタリア人が付けた名前“アラビアーター”の由来は

アラビア人=おこりんぼ=顔が真っ赤=辛い、と連想ゲームのような名づけです。

一昔前のイタリアは地中海をはさんだアラブの国々とあまり良好な関係ではなかったのでしょうか?などと深読みしたくもなります。 名前の由来はどうであっても、美味しいパスタだからこそ定番料理となって全世界に広まった、と言う料理の歴史、ウンチクでした。

7月のお昼は鰻、冷たい酢橘蕎麦などの夏向きのお料理を各店でご用意しております。

是非、こちらのHPをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

2017年7月21日 (金)

鉄板焼のお昼 AUS産のサーロインは適度な赤身で150g 

鉄板焼の小寺です。

今月から登場したのが“AUS産サーロイン150g”とボリュームたぷりのランチ

Aus

良質の赤身のお肉を沢山召し上がって頂きたい、と思いランチにご用意、鉄板焼にはお肉ラヴァーが見逃せないメニューが揃っています。

7月のハンバーグステーキは夏向きにちょっと目先を変えて、山わさび(ホースラディッシュ)を使ったソース

Photo_2

このソース、豆腐を使って山わさびの刺激を適度に和らげ、軽めに仕上がっています。

これから増々暑くなります。

食がすすむように一緒にお出しするスープはトムヤムクン、適度な酸味と辛さが女性に人気です。

どうぞこちらクラブHPをご覧ください。

2017年7月20日 (木)

旬のネタ ゴマ鯖、シンコ、鯵にコチ、車海老も

寿司の池田です。

只今おすすめのネタを写真でご紹介

先ずはツマミから、九州の味 ゴマ鯖
Up

鯵は生姜で
Photo

こちらはシンコ
Photo_2

夏の白身の代表 コチ
Photo_3

車海老は天草産
0423

新烏賊は柔らか
Photo_4

初夏は魚の成長期、美味しい物が揃っています。

是非、お立ち寄りください。

お待ちしております。

2017年7月19日 (水)

今月の丼は鉄火丼、とろろも添えています。

日本料理の大澤です。

今月のお昼の丼は“鉄火丼”

Up_2

ビタミン&食物繊維、そして抗酸化作用に優れた紫蘇、山葵もたっぷり

Up

食がすすむように“とろろ汁”も添えて、モロヘイヤとじゃが芋のお浸し、玉葱豆腐などでお膳を組んでおります。

タンパク質、鉄分が豊富な鮪をメインにし、夏に向けて栄養バランスの良いお昼ご飯になった思っています。

7月のお昼はその他に冷たい酢橘蕎麦、うな丼、鶏天ご膳などもご用意しております。

是非、こちらの品書きをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。


2017年7月18日 (火)

ちょっと和風なデザート 牛乳プリンに黒糖の蜜

コンチネンタルダイニングの松原です。

私、コンチネンタルダイニングのサービススタッフで唯一の女性です。

今日ご紹介するのはパティシエの鈴木さんに作って頂いた“和”を感じられる夏向きのデザート

2

冷たい“牛乳プリン”、大納言とクリームシャンテを飾り、黒糖の蜜を添えてお出しします。

黒糖の濃厚な香り、さらっと切れの良い甘さが牛乳を使って軽く仕上げたプリンを引き立て、甘さ控えめの大納言との相性も抜群。

「和食材で季節を感じて頂く」がコンセプトのシェフズディナー、そのデザートにご用意しております。

私の一押しデザートです。

是非、お試しください。

こちらに7月のディナーメニューのリンクを貼っておきます。


2017年7月15日 (土)

7月14日 赤坂一日限りの寿司割烹 福岡編 三井の寿と旨い物

サービスの佐藤です。

最初に、九州北部豪雨の被害を受けられた方々にお見舞いを申し上げます。

「赤坂一日限りの寿司割烹」もお陰様で12回目。

今回は、九州を代表する福岡の“食”と三井の寿から選りすぐった“美酒”を皆様にお楽しみ頂くイベントです。

Photo_2

「寿司割烹」のイベントは福岡県の銘酒三井の寿(みいのことぶき)井上専務のご協力を得て開催しました。
Photo
(写真前列中央右が井上様)

(クリックで拡大)どうぞこちらの品書きと日本酒リストもご覧ください。
九州北部の大雨でウチワ海老が入荷せず、急遽サザエのつぼ焼きに変更するなどのハプニングも有りましたが、「漁は自然相手ですから」とご参加の皆様も九州の豪雨による被災地に思いを馳せていらっしゃいました。
2017714_2

お料理の一部を写真でご紹介
先ずは“すもつ”
Photo_2

“あぶってかも”すずめ鯛の黒焼きです
Abuttekamo

サプライズで井上専務が大吟醸鑑評会金賞受賞酒をふるまってくださり、ご参加の皆様と一緒に堪能させて頂きました。

020

品書きに在る奈良漬けは蔵元自家製、寿司のシャリを炊く水は蔵元の仕込み水、おきゅうと、あぶってかも(すずめ鯛)は地元から取り寄せ、など㈱みいの寿様にご協力頂き、福岡の味を再現、ご参加の皆様にお楽しみ頂きました。

今回の豪雨では佐賀、福岡、大分、熊本など九州北部各地で甚大な被害が発生しました。

クラブでは継続的にこれら地域の生産者の方々を応援したいと考えており、これからも九州の食文化をご紹介してまいります。そして玄界灘・豊後水道の魚介、朝倉の野菜、阿蘇の赤牛など九州各地の食材を使用した料理を積極的に提供してゆきたいと考えております。

九州になんらかのご縁のある方、是非この機会にクラブにお立ち寄りください。

また、ご縁が無くとも九州の食、日本酒が好きな方、旨い酒とツマミを用意しておりますのでご来館ください。

お待ちしております。


2017年7月14日 (金)

酒の肴一揃いと握りのコース「織部」 がんばれ九州!!

寿司の池田です。

7月の夜のコース「織部」をご紹介

九州の珍味、ゴマ鯖、烏賊のこのわた和え、鯛昆布締め、明太などをツマミにご用意
Up

焼きもは鰻の白焼きをご用意
Photo_4

旬のネタは鯵、こはだ、うに、海老、シマアジに鮪などから見繕い
Photo_3

その他に先付に鰹出汁のところてん、夏やさいの冷やしあんかけと初夏のお料理をお出しします。

飲んで、つまんで、握りで〆るお得な夜のコースが「織部」、こちらの品書きも“九州の食”をご提供しております。

がんばれ!! 九州 

どうぞこちらの品書きをご覧ください。

お来店、お待ちしております。

2017年7月13日 (木)

がんばれ 九州!! “食”で九州を応援します。

日本料理の岡本です。

九州北部の豪雨災害に見舞われた方々へお見舞いを申し上げます。

私どもは食を通じて継続的に九州の方々を応援しようと考えています。

先ず、7月14日には寿司にて一日限りの赤坂寿司割烹 福岡編で「博多の旨い物と三井(みい)の寿」という酒と食文化をご紹介するイベントを開催致します。

さらに九州各地の味覚、食材を積極的に用いたメニューを各店舗で作っておりまして、その一例として日本料理の夜のコース「巧」をご紹介します。

先付に玉蜀黍豆腐
Photo_5

こちらは前菜 瓜の明太和え、おきゅうと、辛子蓮根、三菜の旨煮など
Photo

鯛、福子、あおり烏賊のサラダ仕立て
Up

栄螺の壺焼き
Photo_3

和牛冷しゃぶ
Photo_4

お食事は太刀魚の釜炊きご飯をご用意しております。

私たちにできる事は、当クラブをご利用くださる皆様に九州の食材を使ってお料理を作り、提供し、生産者の方々を間接的に支援すること。九州の食文化をご紹介して興味を持っていただき、九州を訪ねる動機づけをする事。そんな事ぐらいしかできませんが、少しでもお役に立てればと思っております。

7月はその他、宮崎の“チキン南蛮”、大分の“鶏天”など九州に因んだメニューを色々とご用意しておりますので、是非こちらクラブHPをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2017年7月12日 (水)

ビストロディナー  スペイン産ポーク、美味しいですヨ!

コンチネンタルダイニングの柴田です。

永く料理人をしておりますと、一時は目新しい食材や流行りのテクニックで料理を作る時期もありました。

しかし、最近は皆様に安心して召し上がって頂ける「分かり易くて美味しい料理」をモットーにし厨房に立っております。

今日ご紹介するもの、そんな料理を組合せつつ、ちょっと変化球も加えたビストロディナーです。

前菜はサーモン、枝豆、リコッタチーズのタルタル バジルのソース

057

緑黄野菜のガスパチョ

G

スペイン産ポークのポアレ カフェドパリ 付け合せは南瓜のグラタンとオクラのベニエ
Photo

如何でしょうか、涼しげな前菜とスープ、豚肉の甘さを引出す風味豊かなバターソースの組合せです。

こちらに7月のメニューのリンクを貼っておきますので、是非ご覧ください。

2017年7月11日 (火)

ジャンバラヤ って?

コンチネンタルダイニングの河原です。

今月のヒルズランチにアメリカ南部の庶民の味“ジャンバラヤ”をお出しします。

海老や鶏肉と野菜の炊込みご飯にパプリカ、ガーリック、胡椒などのケイジャンスパイスでちょっと刺激を足し、食が進むようにしています。

今回は目玉焼きものせました。
Photo_2

食事のスタートは“タコと胡瓜のサラダ”または

“グリーンのガスパチョ(緑黄野菜の冷たいスープ)”からお選び頂きます。
G

ヒルズランチでは皆様にお気軽に召し上がって頂けるよう、パスタに“茄子とモッツアレラチーズのアラビアータ”、宮崎の郷土の味“チキン南蛮”など親しみ易い料理をご用意しております。

どうぞこちら7月のメニューをご覧になってください。

ご来店、お待ちしております。

2017年7月10日 (月)

なぜ土用に鰻を食べるの? 平賀源内説

サービスの佐藤です。

今年も7月のお昼に鰻をお出しします。

Up

でも何故、土用の丑の日に鰻をたべるようになったのでしようか。

諸説ありますが、私は平賀源内説派

本来、鰻の旬は冬。

夏場に商売が上手くゆかない鰻屋が平賀源内に相談したそうで、「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」という平賀源内のアイデアが功を奏して鰻屋は繁盛。

この背景には丑の日にちなんで“う”のつく物を食べると夏負けしない、という風説が巷にあったそうです。

なお、今年の夏の土用丑の日は7月25日と8月6日の2回です。

7月は鰻の他に鉄火丼、冷たい出汁の酢橘蕎麦、鶏天など食の進む料理をご用意しております。

是非、クラブHP 7月のメニューをご覧ください。

2017年7月 4日 (火)

鶏天vsチキン南蛮 「どっちの料理ショー」です

サービスの佐藤です。

7月のランチは大分の“鶏天” vs 宮崎の“チキン南蛮”、同じ食材を使った九州の隣県対決となりました。

日本料理でお出しするのは鶏天、卵の天ぷらも

おろしポン酢と柚子胡椒で召し上がって頂きます
Photo

一方コンチネンタルダイニングは宮崎のチキン南蛮で勝負

甘酢をくぐらせた鶏唐揚にタルタルソースをたっぷちと添えています

Photo_2

どちらの料理もガッツリ系の似た者対決

さて宮崎、大分どちらの“鶏”に人気が集まるのでしょうか?
(昔し懐かしい「どっちの料理ショー」を思い出しました。)

お昼のメニューはその他に“とろろ汁を添えた鉄火丼”に“うな丼”、“冷たい汁の酢橘蕎麦”“茄子とモッツアレラのアラビアータ”など気軽にお召し上がり頂けるお料理をご用意しております。

こちらのクラブHPメニューご案内をご覧ください。

ご来館お待ちしております。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »