« 鉄板焼のお昼 AUS産のサーロインは適度な赤身で150g  | トップページ | 夏を楽しむ“すだち蕎麦” »

2017年7月26日 (水)

暑い日は、ちょっと辛味を利かせた“アラビアータ”

コンチネンタル調理の定池(さだいけ)です。

今月のヒルズランチにご用意したパスタは「茄子とモッツアレラチーズのアラビアーター」、夏向きに少し辛さを足しています。

01fc08e9a90d4b641e10d8550ce50ebf558

イタリア人が付けた名前“アラビアーター”の由来は

アラビア人=おこりんぼ=顔が真っ赤=辛い、と連想ゲームのような名づけです。

一昔前のイタリアは地中海をはさんだアラブの国々とあまり良好な関係ではなかったのでしょうか?などと深読みしたくもなります。 名前の由来はどうであっても、美味しいパスタだからこそ定番料理となって全世界に広まった、と言う料理の歴史、ウンチクでした。

7月のお昼は鰻、冷たい酢橘蕎麦などの夏向きのお料理を各店でご用意しております。

是非、こちらのHPをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

« 鉄板焼のお昼 AUS産のサーロインは適度な赤身で150g  | トップページ | 夏を楽しむ“すだち蕎麦” »