« 松茸に鮑、贅沢な天ぷらご膳をご用意 | トップページ | 冷たい汁そば 茄子の田舎煮と辛味大根を添えて »

2017年9月 8日 (金)

和食材で季節を楽しむフランス料理“シェフズディナー”

コンチネンタルダイニングの仁藤です。

夜のコースメニューで最近の一番人気は“シェフズディナー”

お料理のコンセプトは「旬の食材で季節を感じて頂く」

積極的に和の食材を用い、フランス料理の技法を使って作るお料理です。

今月は前菜が秋鮭のタルタル、猟師料理“なめろう”から発想した一皿
Up

スープは冷製の洋風茶碗蒸し 
Photo

こちらは鯛のポアレ ソースは牛蒡のピュレと胡桃に木の芽の香り
秋らしい一皿です。
133

お肉は、国産牛背肉のグリル 
バター風味の大根の炒煮、豆苗の胡麻和えを添えました。
Photo_2

こちらのコースにデザートとコーヒーをご用意

如何でしょうか、一足早く、秋の素材を使ったお料理でコースを組んでおります。

夜のコースはその他に、定番フランス料理の“ビストロディナー”、魚介中心の“海の幸”、銘柄和牛と召し上がって頂くご馳走の“ステーキディナーとお使勝手に応じてご用意しております。

是非、こちらの夜のコースメニューをご覧ください。


« 松茸に鮑、贅沢な天ぷらご膳をご用意 | トップページ | 冷たい汁そば 茄子の田舎煮と辛味大根を添えて »