« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月28日 (水)

鮪づけ丼も今週で終了、4月は鶏ソースカツ丼 日本料理より

日本料理の岡本です。

好評を頂いているお昼の鮪づけ丼

228


沢山の方々にご注文いただきましたが、今週一杯で終了となります。ありがとうございました。

そして4月は新しい丼が登場します。

180

西野料理長がお若い方々に新商品を提案、“鶏ソースカツ丼”です。

183

甘辛のオリジナルソース、胡麻の風味が鶏カツと白飯に良く合います。

芋がらの旨煮、春キャベツのお浸し、具だくさんの味噌汁と一緒にお出ししますので栄養バランスも良いと思います。

その他にもご利用目的に応じたメニューを色々とご用意しておりますので、こちらのクラブHPメニューのご案内を是非ご覧ください。


2018年3月26日 (月)

肉汁あふれるメンチカツ 今週で終わりです

コンチネンタルダイニングの松原です。

今月のヒルズランチでお出ししているメンチカツ、大人気です。

ナイフを入れると肉汁が・・・ジュワっと溢れ出ます。

Photo_2

付け合せはキャベツの千切りにポテトサラダ

ソースはウースターソースベースのちょっと甘辛の味、ご飯に良く合います。

メンチカツは今月末で一端お休みし、来月の“揚げ物”はポークカツをご用意します。

130

揚げ物ファンの方々、ご注文お待ちしております。

来月のヒルズランチは“黒毛和牛のハヤシライス”、“春キャベツと桜エビのペペロンチーノ”もご用意します。

お楽しみください。

2018年3月22日 (木)

阿波尾鶏と春野菜のちり蒸し お昼に如何

日本料理の西野です。

今月は春をイメージして四国の郷土料理、素材を居れた品書きを作りました。

お昼の品書きに徳島の地鶏“阿波尾鶏”を使って春野菜と一緒に蒸し上げたお料理をお出しして、ご好評を頂いております。

217

阿波尾鶏は徳島で80日以上飼育し、3㎏以上に育てた地鶏、肉質は適度な歯応えがあり甘味とコクが有ります。

その肉と春キャベツ、ウド、アスパラガスなどを一緒に蒸し、コクのある胡麻ポン酢で召し上がって頂きます。

筍の白和え、ひじきの旨煮、お造り三種盛りなどと一緒にお膳に組んでお出しします。

是非、お召し上がりください。


因みにこちらが阿波尾鶏
Awajidori_shamo

筋肉質のりっぱな鶏です。

2018年3月20日 (火)

3月のワイン オブ ザ マンスは"Laurent-Perrier Rose"

コンチネンタルダイニングの河原です。

3月のおすすめワインは“Laurent-Perrier Rose" 

今月のWine of the Monthはプレステージシャヤンパン、ローランペリエのロゼをお手軽なお値段でお楽しみ頂けます。

201703_wine_of_the_month_laurentper

3月も皆様のご利用目途に応じて様々なメニュー、プロモーション、イベントをご用意しております。是非こちらのクラブホームページをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2018年3月19日 (月)

春の鳴門若布は胡麻の香り、鮪と一緒に丼で

日本料理の大澤です。

今月のお昼の丼、主役は鮪のヅケ、脇は鳴門の若芽

228

春の若芽、胡麻と大葉の風味が良くて主役の鮪を食ってしまいそうなほど

一緒にお膳を組むのは胡麻豆腐、根三つ葉のお浸しとしじみ汁、香の物は胡瓜と白菜に牛蒡のたまり漬け

野菜類もバランス良く頂ける“鮪のヅケ丼のお膳”是非、お召し上がりください。

お昼はその他に銀だらの西京焼き、桜えびのかき揚げ天麩羅とお蕎麦などご用意しております。

詳細はこちらのお昼品書きをご覧ください。


2018年3月15日 (木)

常陸牛のステーキコース 前菜はボタンエビのタルタル

コンチネンタルダイニングの柴田です。

今月のお薦め、銘柄牛のステーキコースは常陸牛のフィレ肉

141

グリーンペパーを使ったシンプルなソース 付け合せはフランス産モリーユ茸のコロッケと黑キャベツのソテーを添えています。

前菜はボタンエビのタルタル

261

スープはコンソメスープ 焼いた筍と地鶏、木の芽の香りで

156

お魚料理はオマールエビと黑アワビの軽い煮込み

282

如何でしょうか、春らしいメニュー構成になっていると思います。

ご接待でも充分満足していただけるお料理、是非お試しください。

ご予約、お待ちしております。

2018年3月14日 (水)

ジャンボマッシュルームのアヒージョ 鉄板焼から

鉄板焼の小寺です。

今月の黒鮑とお肉のコースでお出ししている温かな前菜がジャンボマッシュルームを使ったアヒージョ

091


スペイン料理のアヒージョを私なりにご接待用にアレンジしました。

ニンニクは控え目にし、オリーブのペーストとアンチョビ、ローリエをオリーブオイルで炊いて味のベースにしています。


こちらのアヒージョに春の彩野菜のサラダ、黒鮑の肝ソース、焼き野菜をお出しし、国産牛又は常陸牛の組み合わせが「黒鮑とお肉のコース」

こちらの3月の鉄板焼夜のメニューに詳細がございますので、是非ご利用下さい。

ご予約、お待ちしております。

2018年3月13日 (火)

旨辛のキーマカレー、タンドリーチキンも付いてます

コンチネンタルダイニングの調理飛知和(ひちわ)です。

実は私重度の花粉症でこの時期は食欲が減退、そして今一スッキリとしない体調が続いています。

私同様のお悩み、そんな方々にも美味しく召し上がって頂こうと作ったのが今回ご紹介するキーマカレー。

300

ターメリック、シナモン、コリアンダー、カイエンペパー、クミンなど香辛料を豊富に使い、玉葱、トマトなどの野菜ベースにひき肉をたっぷりと入れて炒めて練り上げています。

一緒にお出しするタンドリーチキンはカレーパウダーを入れたヨーグルトに漬けて風味豊か、同時に柔らかくしており、これだけでも立派な一品。

カレーの香りが鼻腔をくすぐり、食が進むことと間違いありません。

花粉症でお悩みの方、是非ご注文ください。

その他、ヒルズランチではメンチカツ、シラスとアスパラガスのスパゲティなどお気軽に召し上がって頂けるお料理をご用意しております。
詳細はこちらクラブのHPをご覧ください。

ご来店、お待ちしおります。


2018年3月12日 (月)

お昼にご用意した旬の握り“萩”

寿司の長谷川です。

カウンターに立ち始めて1年、やっと皆様の顔と名前が一致してきました。

今日は気軽にお使い頂きたいと思ってご用意したお昼の品書き“萩”をご紹介させて頂きます。

この時期の一例を盛り込んで写真にしました。

033

先付に春キャベツの昆布和えをお出ししてから、握り10貫と巻物を順次握らせて頂きます。

今日はマグロが中トロと赤身、さより、真鯛、北寄貝などの貝類、やり烏賊、ずわい、しろ魚、いくらに卵など何時もお出ししている旬のネタの中から見繕ってお出しします。

254

最後に日替わりの味噌汁、筍と新若芽、浅利、海苔、海老の頭などその日の美味しい物をご用意します。

これで4,000円、ネタの品質を考えると随分とお得かと思いますので、是非お召し上がりください。

その他、お昼の品書きはこちらのリンクをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

追記:私(長谷川)クラブの寿司に勤務して1年ですが、寿司の経験は15年有りますのでご安心ください。


2018年3月 9日 (金)

ステーキ&海軍カレー 鉄板焼3/23お昼 一日だけのメニュー

日本料理の岡本です。

3/23日のお昼、この一日の為に作るカレーとステーキのご案内

Photo

ステーキは広島産の国産牛を使い、カレーは牛筋と玉葱をコトコト煮込んだリッチなソース、毎週金曜のお昼に食べる海軍カレーをイメージしています。

ピクルスも自家製、何気に手の込んだお料理、この贅沢な組み合わせで2,800円とお得なお値段、3月23日のお昼だけのメニューです。

ご予約、お待ちしております。

2018年3月 8日 (木)

減塩、低脂質のランチメニューご用意してます

コンチネンタルダイニングの定池と申します。

今日ご紹介するランチ“マンスール”のコンセプトは減塩、低脂質

日夜ご接待で過食ぎみの方々に美味しくて胃にもたれないフランス料理をお出ししています。

前菜は縞鯵のマリネ、塩昆布の風味で

048

マッシュルームのスープ

268

メインはお魚、お肉からお選びいただきます。

お魚はイトヨリ鯛のスチーム タプナードとズッキーニのバジル風味

075

お肉はコレナイ豚のポアレ マルサラソース 春キャベツのブレゼと蕗のコンソメ煮

274

こちらにデザートとコーヒーをお付けしております。

ボリュームもしっかり有りつつ、バターなどの動物性脂質を控え、塩分は柑橘類またマリネなどの味付けで置き換えて使用を抑えた料理です。

健康に注意されている方々に是非召し上がって頂きたい、と作っております。

その他、お客様のご利用目的に応じてお選び頂ける様々なメニューをご用意しておりますのでこちらのHPを一度ご覧ください。

ご利用、お待ちしております。


2018年3月 7日 (水)

阿波尾鶏と春野菜のちり蒸し 四国の味覚

日本料理の西野です。

3月は春らしいお料理をお出ししようと、“四国”をテーマに品書きを作っております。

お昼にご用意した徳島の地鶏“阿波尾鶏”と春野菜のちり蒸し

218

うど、白アスパラ、春キャベツなどと阿波尾鶏を蒸し上げ、胡麻だれで召し上がって頂きます。

一緒にお膳を組むのは筍の和え物、ひじき旨煮、お造り3点盛りに佐渡のコシヒカリとシジミ汁

ブロイラーでは味わえないしっかりとした肉質の阿波尾鶏、食べごたえある地鶏です。

是非、お召し上がりください。

3月はその他に鮪のヅケ丼、桜えびかき揚げとお蕎麦などもご用意しております。

品書きはこちらのクラブHPをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。


2018年3月 6日 (火)

釜あげシラスとアスパラガスのスパゲティ

コンチネンタルダイニング調理の定池です。

今月のヒルズランチでお出ししているパスタは“釜揚げシラスとアスパラガスのスパゲティ”

297

旬のシラスの塩味とアスパラガスの香り、歯ごたえのバランスをアンチョビとニンニクベースのオイルソースが包み込んでいます。

日本の海と野の恵み、季節の出会い物で作ったスパゲティ、とても良い組み合わせだと自画自賛しております。

その他、ご飯ものでは“タンドリーチキンを乗せたキーマカレー”

300

揚げ物好きの方々には肉汁たっぷりな“メンチカツ”もご用意しております。

ご自身の昼食、お仲間との気楽な打ち合わせなどにご利用されては如何でしょう。


2018年3月 5日 (月)

三月は山ワサビのソースでハンバーグステーキ 鉄板焼

鉄板焼の小寺です


3月はやま山わさび(=ホースラディッシュ)を使い、ちょっと刺激を加えたクリーム系のソースで召し上がって頂きます。

Photo

山わさびの擦りおろしに豆腐の裏ごしを混ぜ、さらに豆乳を加えてクリーム状にしたソースです。

辛味を押さえつつ山わさびの香りを残した絶品ソース(評価:自分)。

和牛ひき肉のシンプルなクラシックスタイルのハンバーグ、適度な脂肪にホースラティッシュが良く合います。

お代わり自由のランチスープは牛筋から採ったコンソメスープ、これを飲むだけでも来店する価値有り(評価:自分)です。

私の座右の銘は「自画自賛」

明日から3月、ご来店お待ちしております。


2018年3月 1日 (木)

まぐろ漬けと鳴門の若芽 日本料理、お昼の丼

日本料理の西野です。

 

3月は春、瀬戸内と四国の食をテーマに品書きを作りました。

 

今日ご紹介するのはお昼の品書きから「まぐろ漬けと鳴門の若芽」の丼
231

 

しっかりと味をのせた鮪のヅケが主役、その脇を口直しの鳴門海峡産の若芽が固めます。

 

一緒にお膳を組むのはヨモギ胡麻豆腐、根三つ葉お浸し、お椀はシジミ汁

 

その他に定番の蕎麦ご膳は「桜えびのかき揚げ」と盛りそばの組み合わせです。

 

222

 

四国沖は鰹、マグロなど回遊魚の魚影が濃い黒潮が陸にもっとも近づく海です。

 

春先の鰹に始まりカジキ、マグロ、シイラなど釣りファンにはたまらないエリア、

 

一方内海の瀬戸内海、鯛、ひらめを始めとした白身、さらに蛸、あなご、鯵鰯など豊富な魚種が多くの消費者を支え、様々な食文化が生まれています。

 

それらからヒントを得て「ちょっと美味しい物」をお昼にご用意させて頂きますので、こちらのHPを是非ご覧ください。

 

ご来店、お待ちしております。

 

 

 

 

| コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »