« 今月のハンバーグステーキはデミグラスソース&チェダーチーズ | トップページ | 昼の寿司 初夏の美味しいところを見繕います »

2018年6月 6日 (水)

私は黒豚をこよなく愛す “ボロネーゼ”より

コンチネンタルダイニングの永島です。

今月のヒルズランチにイタリア男が混じっています。

その名をボロネーゼと申し、鹿児島の黒豚を愛する余り、ボロネーゼ自身が黒豚になってしまった、と言う「紅の豚」ばりのスパゲッティ野郎です。

243
(本人談:私はイタリアおよびイタリア男性に偏見はありません)

頭からかぶった白い粉「パルミジィアーノ」で塩加減はお好みに、ちょっと辛さが足りないと思ったら「オリオ エ ペペロンチーノ」とお申し付け下さい。

調理の定池さん渾身の力作“ボロネーゼ”、是非お召し上がり下さい。

ヒルズランチにはこの他に小倉が発祥の地と言われている“焼きカレー”、毎年の定番“アジフライ”と食が進むメニューを取りそろえています。

6月のメニューご案内

是非、ご利用ください。

« 今月のハンバーグステーキはデミグラスソース&チェダーチーズ | トップページ | 昼の寿司 初夏の美味しいところを見繕います »