« 新しい挑戦 タイカレー | トップページ | 冷たい汁蕎麦と温かな天ぷらの組合わせ »

2018年9月18日 (火)

お昼のお薦め“アンガスビーフ”は赤身がステーキ(?)

鉄板焼の小寺です。

今巷で注目のアンガスビーフ、ランチにお出ししています。

アーストラリア産の黒毛のアンガス牛、赤身のしっかりとしたお肉はステーキに最適と彼の地では人気があります。

Angaus_2(こちらは600g)

Photo

脂は控え目で、しっかりと食べごたえある肉質、肉本来の美味しさを楽しめます。

サラダ、季節の焼き野菜、お肉100gとお代わり自由なコンソメスープとご飯で2,800円

お腹いっぱいになっても赤身のお肉ですから胃にもたれません。

是非、お試しください。

詳細はこちらクラブのHPをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。


« 新しい挑戦 タイカレー | トップページ | 冷たい汁蕎麦と温かな天ぷらの組合わせ »