« 冷たい汁蕎麦と温かな天ぷらの組合わせ | トップページ | 【20周年記念のワインバル イベントレポート】 テーマは1998年のボルドー »

2018年9月20日 (木)

ちょっと贅沢に“松茸と和牛のすき煮”、お昼に如何

日本料理の岡本です。

秋を代表する味覚、松茸を贅沢に和牛と合わせて小鍋で甘辛に炊いています。

214

鍋は野菜もたっぷりと頂け、栄養バランスも良し。

先付は季節の柿と帆立の白和え、そして銀杏豆腐、お造りなどで脇を固めてお膳に組んでお出しします。

ちょっと贅沢なお膳で秋を感じて頂けるたらとご用意しました。

お昼はその他に“天麩羅と冷たい汁そば”、“秋刀魚の塩焼き”、“牛丼”などもご用意しております。

是非、ご利用ください。

« 冷たい汁蕎麦と温かな天ぷらの組合わせ | トップページ | 【20周年記念のワインバル イベントレポート】 テーマは1998年のボルドー »