« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

お客様のお好みで握ります 金曜、土曜限定20貫1万円、10貫でも5千円 

寿しの池田です。

築地から豊洲へ市場の引っ越し完了、仲卸さんから届けられるネタも冬の物に様変わりしています。

その一部を写真で記録しました。


秋から冬のネタと言えばイクラとウニ
046
035
“しらす”も軍艦で
030
光物からは鯵と秋刀魚、秋刀魚はそろそろお仕舞でしょうか
179
Iwashi
酢をまわしたネタからコハダとしめ鯖も
Kohada
Simesaba
烏賊は墨烏賊
Sumiika
貝は赤貝にツブ貝
272
Tububai
白身は真子鰈、小豆ハタ
Makogarei
Azukihata
鮪は大トロ、中トロ、赤身とひと揃えご用意
058
071
085

ネタケースからお好みでご注文いただき20貫で1万円、10貫で5千円とお得な品書きをご用意しております。

金曜と土曜限定です。

また、平日はお酒の肴一揃いと握りを楽しんで頂くこちらの夜の品書き“有田”がお薦めです。

ご予約、お待ちしております。


2018年10月30日 (火)

減塩、低脂質がコンセプトのランチメニュー

コンチネンタルダイニングの定池です。

お昼にご用意している減塩、低脂質がコンセプトのランチ“マンスール”
11月のメニューを写真でご案内します。

先ず前菜、秋刀魚と焼きナスのテリーヌをご用意

053

スープは聖護院かぶらをポタージュにして

070

メインはお魚、お肉からお選び頂きます。

お魚料理は黑ソイのポアレ 優しい酸味のフレッシュトマトソース

031

お肉料理は、東北のあべ鶏と牛蒡の白ワイン煮込み オリーブとセルバチコのアクセント

041

今回は日本の秋、特に東北宮城の食材にスポットを当ててメニュー作りをしました。

秋刀魚、ごぼう、ソイ、あべ鶏などで季節を感じて頂けいると幸いです。

バターなどは極力控えてオリーブオイルなど植物系の油脂に置き換え、塩は減らしてビネガー・柑橘系で味付けたお料理ですが、味はキッチリと付けております。そしてボリュームも充分ご満足いただけると自負ております。

しっかりと召し上がって頂いても胃にもたれないフランス料理、是非一度ご利用ください。

メニュー詳細はこちらのクラブHPに載せております。


2018年10月29日 (月)

11月のコラボレーションメニュー ご案内

予約の鈴木です。

お箸で召し上がっていただく、寿司・日本料理・フランス料理を組み合わせた“コラボレーションメニュー”

11月分を写真でご案内します。

先ずは先付替りにお寿司を三貫お出しします。
370

前菜は日本料理から、今月は「宮城・三陸」がテーマ
牛タン粕漬け、フカヒレ煮凝り、サーモン寿しなどを盛り合わせ
407

季節のお造り
422

主菜はAUS産牛サーロインのロースト 芳醇な赤ワインソースで
111

お食事は肉そば
488

メニュー詳細はこちらクラブHPに詳細を載せております。

是非一度ご利用下さい。

2018年10月25日 (木)

11月のお薦め“銘柄和牛のステーキディナー”

コンチネンタルダイニングの河原です。

11月からメニュー内容を一新する“ステーキディナー”

新しいコンセプトは「美味しい和牛をシンプルに食べて頂く」です。

127

11月の銘柄和牛は“仙台黒毛和牛”、そのフィレ肉(150g)をご用意 

山葵、藻塩、おろしポン酢、ポルト酒のソースを脇に添えています。

お食事は“前菜の盛り合わせ”でスタート、一皿に秋の味覚を色々と盛り込んでお愉しみ頂き

006

スープは玉葱の甘さを最大限に引き出した熱々で濃厚なオニオングラタンスープ
108

主役の銘柄和牛を美味しく召し上がって頂く為に「前菜・スープ・銘柄和牛」と言うシンプルなメニュー構成です。
 
三皿ですからお食事もスムースに進みますので、ご接待・ご自身のお食事に如何でしょう。

メニュー詳細はこちらのクラブHPをご覧ください。

2018年10月23日 (火)

秋の味覚 料理長のお薦め懐石 日本料理より

日本料理の西野です。

夜のお薦め季節の味覚懐石“巧”からお料理を写真でご紹介します。

こちらは前菜、仙台牛たん味噌漬け、豆腐山形だしかけ、紅葉青利烏賊、氷頭なます、揚げ銀杏など

199

そして、旬のお造り三点盛り

204

さわらの魚醤焼きをお出しし

松茸と和牛の柳川鍋

271


口直しの酢の物、フカヒレの琥珀寄せで気分転換していただき

お食事に鶏五目釜炊きご飯と留椀、香の物、甘味の品書きとなります。

詳細はこちらクラブHPをご覧ください。

三陸の海の幸、宮城、山形の野の恵みを料理にいれた晩秋の品書きです。

是非、ご利用下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

秋刀魚も後1週間でお仕舞い

日本料理の西野です。

お昼にお出ししている秋刀魚も後1週間、10月末で品書きから消えます。

171

山形の郷土料理“芋煮”と組み合わせてお出しして、好評を頂きました。

184

今週一杯で終了の秋刀魚

Photo

食べ収めにいらしてください。

お昼にはその他、三陸の郷土料理“はらこ飯”、舞茸の天ぷらを添えた蕎麦ご膳などもご用意しております。

詳細はこちらクラブHPからお昼の品書きをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

2018年10月19日 (金)

11月16日 一日限りのワインバル東北編 ご案内

コンチネンタルダイニングの河原です。

ワインバルも7回目、今回のテーマは今人気の“日本のワイン”、しかも東北エリアのワイナリーから厳選します。

11月16日 夕刻6時30~ 

参加費は1,5000円(ワイン、お食事、税サ込)

当日は漫画「神の雫」のアドバイザー(株)いまでやの斉藤研一さんも参加くださり

Photo

現在、斉藤さんと山形・岩手・秋田・青森エリアから特色あるワイナリーを選んでおります。

一例として
     スパークリングワイン ココ・ファーム のぼブリュット
     高畠ワイン ナイト・ハーベスト・シャルドネ
     朝日町ワイン マイスター・セレクション キュべ・シャルドネ
     サントリープレミアムシリーズ 津軽ソーヴィニヨン・ブラン
     ドメーヌ・エーデル ツヴァイゲルトレーベ 天神ヶ丘畑
     タケダワイナリー シャトー・タケダ
     など

お食事は東北の食材を使ったワインのおつまみとフレンチ料理です。

     茸とユリ根のテリーヌ
     帆立のブランダード  
     洋風芋煮 ポトフ仕立て
平田牧場三元豚のローストポーク
     庄内のラムチョップ
     三陸焼き雲丹、平目のムニエル
     大鰐もやし、仙台セリ、山形人参など野菜の蒸し焼き

     などおつまみを色々とご用意します。
     また、〆の食事は『平田牧場の三元豚を使ったタレカツにでも・・・』などと考えております。

ワインバル、カジュアルな試飲スタイルのワイン会ですので、ご友人ご同僚と連れ添ってご参加ください。

ご予約、お待ちしております。

2018年10月18日 (木)

仙台黒毛和牛のステーキがメインのコースです

コンチネンタルダイニングの定池です。

こちらのメニューは三陸、宮城の食材をテーマに組み立てております。

前菜の鮑とサーモンの炙り、カルパッチョ仕立て

010

コンソメスープにフカヒレとモリーユ茸

035

三陸沖の平目と帆立のポアレ ソースは白ワインにサフランの香り

075

メインの仙台牛フィレ 茸のシャスールソースにトリュフ香るインカの目覚めを添えて

109

三陸沖の幸、野菜に肉類と食材の宝庫“宮城”、寒さが厳しくなるとそれらは栄養を溜め込み美味しさが増してきます。メニュー詳細はこちらHPをご覧ください。

自分で言うのも何ですが、バランスの取れた良いメニューに仕上がっていると思います。

是非お召し上がりください。

ご予約、お待ちしております。


2018年10月17日 (水)

平田牧場の三元豚を使った“ポークジンジャー”要は生姜焼きです

コンチネンタルダイニングの飛知和(ひちわ)です。

今月のヒルズランチでお出ししているポークジンジャー、洋風生姜焼きです。

豚肉の部位は、山形の有名な養豚場「平田牧場」さんの肩ロース肉を使っています。

129

シャキシャキの千切りキャベツにはフレンチドレッシング、そしてポテトサラダ

直前にすり卸した生姜をたっぷりと使い、そこに醤油とみりんのタレを加えて仕上げています。

ポークジンジャーはご飯との相性が抜群、ご飯が進む進む、ご自身のランチに如何でしょう。

その他に“あべ鶏の柔かタンドリーチキンカレー”、“秋刀魚と白舞茸のスパゲティ”など気軽に召し上がって頂けるランチもご用意しております。

メニュー詳細はこちらのクラブHPをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2018年10月16日 (火)

ちょっと贅沢“松茸と鯛の小鍋仕立て” お昼に如何

日本料理の福田です。

10月の声をきくと、食事に温かな物を欲しくなる私。

意外です。

今日は自分で食べたいな、と思って作ったお昼の品書き“松茸と鯛の小鍋”

名残りの松茸とさっぱりとした旨味の鯛をあわせて、美味しい出汁で炊いています。

245

熱々をご用意しますので、上あごの火傷には充分ご注意ください。

Up_2

ご飯は、佐渡の国仲平野のコシヒカリ、新米です。

お造り、ヤマクラゲと鶏肉の旨煮などと一緒にお膳に組んでお出しします。

その他、お昼は「はらこ飯(鮭とイクラの丼)」、「秋刀魚と芋煮」など秋の味覚をご用意しております。

是非、ご利用ください。

品書き詳細はこちらのHPをご覧ください。

2018年10月15日 (月)

秋刀魚のスパゲティ

コンチネンタルダイニングの定池です。

秋刀魚を使ったスパゲティを作りました。

146

南イタリアのサルディニアなどで食べられている「鰯のスパゲティ」の秋刀魚ヴァージョン、ちょっと日本人向きにアレンジしてオリーブオイルと白醤油の香りで召し上がって頂きます。

ベースはペペロンチーノ、香ばしく焼いた秋刀魚を少しほぐし気味にしてスパゲティと和え、白醤油をほんの少し加えて味を引き締めています。

秋刀魚とオリーブオイル、醤油の相性は抜群、さらにニンニクの風味が旨さを引き立ててくれます。

きっと皆様に気に入って頂けると思います。

その他ランチには「いわい地鶏の竜田揚げのカレー」、「庄内平田牧場三元豚のポークジンジャー」などカジュアルなメニューもご用意しております。

是非こちらクラブHPをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2018年10月12日 (金)

今月のシェフズディナーは三陸の海の幸に福島和牛

コンチネンタルダイニングの定池です。

シェフズディナーは“日本の四季を料理で表す”、その時期の和素材を使ったフランス料理をお出ししております。

今月はのテーマは東北の南、山形・福島・宮城の食材と食文化からヒントを得てメニューを作っております。

先ず前菜、三陸沖の戻り鰹を叩きにし茗荷生姜などの薬味をジュレにして添えました

005

スープはいちご煮にヒントを得て コンソメスープにアワビと雲丹の組合わせ

030

お魚料理は平目のポアレ 白ワインのソースに仙台味噌の風味を忍ばせています。

075

メインは福島会津地方の和牛サーロインのグリル 
ソースは有馬山椒をアクセントにし、ずんだコロッケを付け合せに

124

今回は鰹、鮑、平目と三陸物を多く使ってメニュー作りに挑戦しました。

鰹のジュレなどは一寸和食と見間違う味わい、でも美味しい事には違いありません。

メニュー詳細はこちらのHPをご覧んください。

ご予約、お待ちしております。


2018年10月11日 (木)

土曜は本当にお得です。

フロントの木永です。

土曜限定のお料理をご存知でしょうか?

ご家族、ご友人でお使い頂けるよう、お若い方にも楽しんで頂けるようお好きなボリュームをご注文頂けるメニューをご用意しております。

こちらはコンチネンタルダイニングでお出ししている”ステーキ&フリット”
123

その他日本料理では“しゃぶしゃぶ”の食べ放題などお得なメニューをご用意しております。

お寿司、鉄板焼でも太っ腹な土曜限定のお料理を昼夜ご用意しております。

是非こちらクラブHPからメニューをご覧ください。


2018年10月10日 (水)

三陸の味“はらこ飯” 今年もご用意します

日本料理の西野です。

今年も“はらこ飯”ご用意しました。

Photo

宮城県の郷土料理、特に亘理町のはらこ飯が有名

Photo_2

鮭の中骨で出汁をとってご飯を炊き、焼いた腹スと炊いた背の身にイクラをたっぷり添えて「三位一体」、この丼一つで色んな鮭の旨さをご堪能頂けます。

この10月、東北の南側、宮城・福島・山形の郷土の味と食材にスポットをあてたメニューを各店でご用意しております。

色んな東北の味を召し上がってください。

詳しくはクラブHPをご覧ください。

ご来館、お待ちしております。

2018年10月 9日 (火)

この時期の美味しい物を集めました 寿司より

寿司の池田です。

その時期その時期の美味しい素材を集めてお届けする夜の品書き「有田」

10月の品書きに入れた旬の素材をご紹介します。

先ずは、自家製のイクラ

305

お造り、この時期は青魚が美味しくなるので入れております。
鰹、鯵、真鯛、赤貝など

302

私がお勧めするのは、金華山沖の鯖 「金華鯖」の塩焼き

295

寿司屋ですから握りも 中トロ、赤身、真子かれい、秋刀魚、ホッキ貝、墨いかなどを見繕ってお出しします。

詳細はこちらのHPをご覧んください。

ご予約、お待ちしております。

2018年10月 5日 (金)

11月16日ワインバルは“日本のワイン東北編” 「神の雫」アドバイザー斉藤さんとご一緒に

コンチネンタルダイニングの河原です。

ワインバルも7回目、今回のテーマは今人気の“日本のワイン”、しかも東北エリアのワイナリーから厳選します。

11月16日 夕刻6時30~ 

参加費は1,5000円(ワイン、お食事、税サ込)

当日は漫画「神の雫」のアドバイザー(株)いまでやの斉藤研一さんも参加くださり

Photo

現在、斉藤さんと山形・岩手・秋田・青森エリアから特色あるワイナリーを選んでおります。

一例として
     スパークリングワイン ココ・ファーム のぼブリュット
     高畠ワイン ナイト・ハーベスト・シャルドネ
     朝日町ワイン マイスター・セレクション キュべ・シャルドネ
     サントリープレミアムシリーズ 津軽ソーヴィニヨン・ブラン
     ドメーヌ・エーデル ツヴァイゲルトレーベ 天神ヶ丘畑
     タケダワイナリー シャトー・タケダ
     など

お食事は東北の食材を使ったワインのおつまみとフレンチ料理です。

     茸とユリ根のテリーヌ
     帆立のブランダード  
     洋風芋煮 ポトフ仕立て
平田牧場三元豚のローストポーク
     庄内のラムチョップ
     三陸焼き雲丹、平目のムニエル
      大鰐もやし、仙台セリ、山形人参など野菜の蒸し焼き

     などおつまみを色々とご用意します。
     また、〆の食事は『平田牧場の三元豚を使ったタレカツにでも・・・』などと考えております。

ワインバル、カジュアルな試飲スタイルのワイン会ですので、ご友人ご同僚と連れ添ってご参加ください。

ご予約、お待ちしております。

2018年10月 4日 (木)

”あべ鶏”をタンドリーチキンにしちゃいました

コンチネンタルダイニングの飛知和です。

”あべ鳥”をタンドリーチキンにしてカレーに乗せちゃいました。

153

あべ鳥は岩手北部で丹精込めて育てられた鶏

その鶏をヨーグルトと香辛料、カレーパウダーに漬けこみ焼いてタンドリーチキンに、そしてカレーにドンと乗せました。

タンドリーチキンはしっかりとした歯応えと味が有りますので、カレーはサラッとしたルーにしバランス良く召し上がって頂けます。

このタンドリーチキンだけてビール1杯?たまにはお昼のビールもよろしいのでは・・・余計なお節介でした。

タンドリーチキンカレー、是非召し上がってください。

お昼にはその他に山形平田牧場の三元豚を使ったポークジンジャー、三陸の郷土料理はらこ飯などもご用意しております。

詳しくはこちらクラブのHPををご覧ください。

色んな秋の味覚をご用意しております。

2018年10月 3日 (水)

「がんばれ福島」 11月9日ポン酒会“会津若松の酒と食” 

日本料理の岡本です。

11月9日に行われる日本酒イベント「ポン酒会」のご案内です。

今回は「がんばれ福島」、会津若松の酒蔵宮泉銘醸のご協力を得て開催します。

Photo_2

今泉銘醸さんと言えば銘酒「寫楽」

Photo

今回も日本酒好きには応えられない品揃えでご用意するよう選定中

寫楽 純米酒に始まり、純米吟醸から「東条山田錦」「吉川山田錦」「備前雄町」「赤磐雄町」「播州愛山」「なごしざけ」などもご用意

さらに大吟醸「しずく取り」純米大吟「しずく取り」と揃え

宮泉銘醸の礎、會津宮泉から純米吟醸「山田穂」「短稈渡船」などもご用意しようかと検討を進めております。

居酒屋スタイルでご用意する料理は会津の郷土料理から

にしん山椒漬け、じゅうねん味噌の豆腐田楽、いか人参、焼き味噌、蕎麦のおやき、茄子山葵漬け、茸汁そしてしめの蕎麦、他にもたっぷりとお召し上がり頂きます。

福島、会津若松にご縁のある方(無い方も)、是非ご参加ください。

参加費はお一人12,000円(お食事、お酒飲み放題、税サ込)

お気に召したお酒を見つけたら当日注文表に記入頂き、後日酒販店からご自宅へお届けします。

イベント詳細はこちらクラブHPをご覧ください。
 


2018年10月 1日 (月)

東北の秋、山形・福島・宮城から 先ずは芋煮と秋刀魚

日本料理の岡本です。

10月は秋の東北をテーマに商品づくりをしております。

先ずご紹介するのはお昼の品書きから「芋煮と秋刀魚の塩焼き」

184

滋味深い芋煮は置賜・村山地域の味、醤油味と牛肉でお作りしております。

そして、秋刀魚は三陸に水揚げされた盛りの物を塩焼きにしました。

188

お膳の脇を固めるのはジャガイモと水菜の煮びたし・鮪山掛けなど

ご自身の昼食に野の恵みと海の幸、最適なお膳に仕上がっていると自負しております。

その他にお昼の品書きでは、三陸の味「はらこ飯し」、福島山通りから山の恵み「茸の天ぷらととろろ蕎麦」、山形庄内より海の幸「松茸と鯛の小鍋」など秋の味覚を満載です。

詳細は日本料理10月お昼の品書きをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »