« ちょっと贅沢“松茸と鯛の小鍋仕立て” お昼に如何 | トップページ | 仙台黒毛和牛のステーキがメインのコースです »

2018年10月17日 (水)

平田牧場の三元豚を使った“ポークジンジャー”要は生姜焼きです

コンチネンタルダイニングの飛知和(ひちわ)です。

今月のヒルズランチでお出ししているポークジンジャー、洋風生姜焼きです。

豚肉の部位は、山形の有名な養豚場「平田牧場」さんの肩ロース肉を使っています。

129

シャキシャキの千切りキャベツにはフレンチドレッシング、そしてポテトサラダ

直前にすり卸した生姜をたっぷりと使い、そこに醤油とみりんのタレを加えて仕上げています。

ポークジンジャーはご飯との相性が抜群、ご飯が進む進む、ご自身のランチに如何でしょう。

その他に“あべ鶏の柔かタンドリーチキンカレー”、“秋刀魚と白舞茸のスパゲティ”など気軽に召し上がって頂けるランチもご用意しております。

メニュー詳細はこちらのクラブHPをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

« ちょっと贅沢“松茸と鯛の小鍋仕立て” お昼に如何 | トップページ | 仙台黒毛和牛のステーキがメインのコースです »