« お箸で頂く寿司、和食、フランス料理の組合わせ | トップページ | 「がんばれ福島」 11月9日ポン酒会“会津若松の酒と食”  »

2018年10月 1日 (月)

東北の秋、山形・福島・宮城から 先ずは芋煮と秋刀魚

日本料理の岡本です。

10月は秋の東北をテーマに商品づくりをしております。

先ずご紹介するのはお昼の品書きから「芋煮と秋刀魚の塩焼き」

184

滋味深い芋煮は置賜・村山地域の味、醤油味と牛肉でお作りしております。

そして、秋刀魚は三陸に水揚げされた盛りの物を塩焼きにしました。

188

お膳の脇を固めるのはジャガイモと水菜の煮びたし・鮪山掛けなど

ご自身の昼食に野の恵みと海の幸、最適なお膳に仕上がっていると自負しております。

その他にお昼の品書きでは、三陸の味「はらこ飯し」、福島山通りから山の恵み「茸の天ぷらととろろ蕎麦」、山形庄内より海の幸「松茸と鯛の小鍋」など秋の味覚を満載です。

詳細は日本料理10月お昼の品書きをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

« お箸で頂く寿司、和食、フランス料理の組合わせ | トップページ | 「がんばれ福島」 11月9日ポン酒会“会津若松の酒と食”  »