« 秋刀魚のスパゲティ | トップページ | 平田牧場の三元豚を使った“ポークジンジャー”要は生姜焼きです »

2018年10月16日 (火)

ちょっと贅沢“松茸と鯛の小鍋仕立て” お昼に如何

日本料理の福田です。

10月の声をきくと、食事に温かな物を欲しくなる私。

意外です。

今日は自分で食べたいな、と思って作ったお昼の品書き“松茸と鯛の小鍋”

名残りの松茸とさっぱりとした旨味の鯛をあわせて、美味しい出汁で炊いています。

245

熱々をご用意しますので、上あごの火傷には充分ご注意ください。

Up_2

ご飯は、佐渡の国仲平野のコシヒカリ、新米です。

お造り、ヤマクラゲと鶏肉の旨煮などと一緒にお膳に組んでお出しします。

その他、お昼は「はらこ飯(鮭とイクラの丼)」、「秋刀魚と芋煮」など秋の味覚をご用意しております。

是非、ご利用ください。

品書き詳細はこちらのHPをご覧ください。

« 秋刀魚のスパゲティ | トップページ | 平田牧場の三元豚を使った“ポークジンジャー”要は生姜焼きです »