« 牛蒡と地鶏の軽い白ワイン煮込みと黑ソイのポアレ | トップページ | “飛び牛”って何? 鉄板焼より »

2018年11月15日 (木)

BARでお出ししてます“ソースカツ丼” 山形平田牧場の三元豚

BARの荒木です。

今月の丼の新作、お薦めはソースカツ丼

025

主役は庄内の平田牧場三元豚を使ってカラッと揚げた“ポークカツ”

ウースターソースにみりんと醤油がベースの甘辛味にどっぷり漬けて

017

ご飯の上には蒸したキャベツを敷き詰めていますからサッパリと召し上がって頂けます。

ソースカツは福井、新潟、長野、福島、群馬など各地にそれぞれの味があり、最近はB級グルメとしても人気を集めています。

ソースカツ丼は土地によりキャベツが敷いてあったり、無かったり、蒸しキャベツだったりと東京の親子丼を真似た卵とじスタイルのカツ丼とはまた違った美味しさを楽しめます。 

変わったところで岡山のソースかつ丼は通称「デミ(デミグラスソース)カツ丼」。 オリジナルは味司野村というお店、東京オリンピックの頃に考案され庶民に愛された歴史あるご馳走“丼”です。

今回のソースカツ丼は群馬桐生のカツ丼をイメージして作りました。

今月限定でお出ししていますが、評判が良ければメニューに残そうかと考えております。


どうぞ、お召し上がりください。

« 牛蒡と地鶏の軽い白ワイン煮込みと黑ソイのポアレ | トップページ | “飛び牛”って何? 鉄板焼より »