« お昼に如何、“鴨つけ汁そば” | トップページ | 減塩、低脂質のランチ“マンスール” »

2018年12月14日 (金)

白エビ、鱈子、アンコウと加越能の幸満載 夜のメニュー

コンチネンタルダイニングのソムリエ河原です。

今月の私のお薦めは冬の日本海の幸満載、シェフズディナーから写真でお料理をご紹介

先ず、前菜は富山湾の宝石白エビを平目とタルタルにし、冬野菜のサラダと加賀蓮根のチップを添えています

320

鱈白子のムニエル 焦しバターソース 春菊とベーコンのソテー
濃厚な白子にバターの風味が重なり春菊の香りが良いアクセント、食をそそります。

365

アンコウと帆立のブイヤベース仕立て 能登中島菜とげんすけ大根のブレゼと共に
サフランの香りたつ魚介のスープにゼラチン質たっぷりのアンコウ、添えた大根に旨味が染み込んで・・・

386

12月のシェフズディナーから加賀、越中、能登の食材を盛り込んだ料理の一部を写真でご紹介しました。

メニュー詳細はクラブHPからメニューの案内をご覧ください。

ご予約、お待ちしております。

« お昼に如何、“鴨つけ汁そば” | トップページ | 減塩、低脂質のランチ“マンスール” »