« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

減塩、低脂質なランチメニュー“マンスール”

コンチネンタルダイニングの定池です。

今月のランチメニューから“マンスール”をご案内、マンスールのメニューコンセプトは「減塩&低脂質」で、日頃から健康に注意していらっしゃる方にご用意したメニューです。

先ずは前菜から 愛媛産の真鯛の昆布締めのカルパッチョ 大葉とエシャロットのソース

116

続いて ホワイトアスパラガスとユリ根のスープ

160

メインはお魚、お肉からお選び頂きます

お魚料理はメバルと手長海老のソテー 軽いトマトソース 筍のブレゼ添え

127

長州地鶏のマスタード焼き 春キャベツのブレゼと蕗のエチュベ

141

これらの料理では塩分をビネガー、柑橘類などに置き換え、バター・クリームは極力減らして植物性の油(オリーブオイルなど)を使うなどの工夫をしております。

ボリュームはしっかりと有りつつもカロリーは控え目、味わいも確かなもの、そして胃にもたれないお料理にしております。

3月のメニュー詳細はこちらクラブHP、メニューのご案内をご覧ください。

ご利用、お待ちしております。


2019年2月27日 (水)

食材で季節を感じる“シェフズディナー”

コンチネンタルダイニングの定池です。

夜の一番人気が“シェフズディナー” メニューコンセプトは「日本の四季を感じて頂くフランス料理」

3月は一足早く春の食材にスポットをあててメニューを作っております。

前菜は自家製のパストラミ うるい、こごみのサラダを添え、山葵の風味を活かした酸味のラビゴットソースで

209

オマールエビに空豆のリゾット

155

甘鯛の松笠焼きにウニのクリームソース、つぼみ菜他春野菜のローストを添えています。

177

メインは国産牛のカイノミのステーキ 筍、タラの芽など山の恵みと一緒に

196

フランス料理の手法で日本の素材を活かした料理の品々、如何でしょうか。

メニュー詳細はこちらクラブHPをご覧ください。

追記:今月からメインのお肉を国産牛サーロインから国産牛のカイノミに変更しました。カイノミは程よい脂の柔かなお肉、ヒレに連なる希少部位です。フランスでは「ステーキ ド バベット(カイノミ)」の名称でビストロの定番、大人気のお肉です。

2019年2月26日 (火)

春は土佐の味覚 勢ぞろい 寿司より

寿司の池田です。

三月は四国、特に土佐の食材にスポットを当てて品書きをご用意しております。

こちらは金目鯛の酒蒸し、夜のコース「有田」の主菜にご用意

029

初鰹の叩きは高知スタイルで薬味をたっぷり、こちらも「有田」でお召し上がり頂け

017

鰹は握りもご用意

045

握りからもう一品、春の小鯛も瀬戸内の物、軽く酢で〆てお出しします。

037

夜のコース「有田」では、のれそれポン酢、高知産春野菜の炊き合わせ、ナガレコ柚子ジュレ、酒盗、山菜の天ぷらなどのツマミもたっぷりとご用意、食事は握りを七貫と生しらすの小丼でしめて頂きます。

品書き詳細はこちらの寿司三月夜の品書きをご覧ください。

ご予約、お待ちしております。
追記:【下記イベントは2月20日現在満席となっております。キャンセル待ちをご了承の上、問い合わせください】
3月15日には一日限りの寿司割烹「土佐編」を酔鯨酒造様のご協力で開催致します。詳細はこちらの土佐の味覚と酔鯨をご覧ください。


2019年2月25日 (月)

3月のコラボレーションメニューご案内

予約の鈴木です。

来月3月のメニューからお問い合わせの多い「コラボレーションメニュー」をご案内します。

お箸で召し上がって頂ける寿司、日本料理、フランス料理の組合わせが「コラボレーションメニュー」

先付替りに季節のネタで握り寿司を三貫 
009

日本料理の前菜は春の瀬戸内がテーマ
笹小鯛芋寿し、稚鮎唐揚げ、じゃこ天、醤油豆など
206

お造りはその時々の三点盛り
221

主菜はAUS産サーロイン 芳醇な赤ワインソースで
370

お食事にご用意したのは阿波尾鶏のつけ汁そば

353


先付にお寿司、和の前菜、お造りにステーキ、〆はお蕎麦と言う日本人好みの品書き、ご接待を中心に人気です。

なお、四月からはメニュー構成を一部変更し

①握り三貫 ②季節のお造り 新しく前菜に代って③“天ぷら盛り合わせ” ④ステーキ ⑤お食事/麺類 ⑥デザート の組合わせを考えております。

メニュー詳細はクラブHPのメニューご案内をご覧んください。

ご予約、お待ちしております。


| コメント (0)

2019年2月22日 (金)

懐かしい味“ソールボンファン” 銘柄ステーキディナーでお出ししています

コンチネンタルダイニング調理の小黒です。

私、グランドハイアット東京から9月に異動して来ました。

お客様、会員の平均年齢が60才と聞きましたので、皆様にホッとするお料理を召し上がって頂こうと思いましてメニューに入れたのが“ソールボンファン”舌平目の白ワインソースグラタンです。

412

私が調理学校で学んだ最初の料理が“ソールムニエル”舌平目のムニエル、2番目に実習で作ったのが“ソールボンファン”でした。

フランス料理の定番中の定番料理

423

古典的な料理と思われがちですが、何方が召し上がっても美味しいと思って頂ける一皿、たまには懐かしい料理も良いものです。 今月の銘柄ステーキディナーのお魚料理としてお出ししております。

主菜の銘柄牛は肉質は柔かでサシ(脂)はほどほどの美味しい上州牛フィレ肉を選び、ボリュームも150gとたっぷりとご用意しておりますが、皆さん食べ飽きずにペロリと完食されます。

404

お料理の詳細はこちら2月のディナーメニューをご覧ください。

是非、お召し上がりください。


2019年2月21日 (木)

早春の四国、瀬戸内の幸  寿司より

寿司の池田です。

二月の品書きから旬の酒肴と握りのコース「有田」のご案内です。

062

二月は一足早く春の品書きを四国瀬戸内の食材で整えております。

品書き詳細はこちらのHPをご覧いただくとして、本日は写真で何品かをご紹介します。

主菜はクエのみぞれ煮をご用意

040

筍と芹の煮浸し

028

子持ちやり烏賊

045

握りは春のネタから金目鯛昆布〆、平貝、鰯、さより、車海老、中トロなどを7種

010

季節の珍味、お酒のアテ、お椀に焼き物、お造り、そして握りと一揃いの料理をご用意します。

是非、ご利用下さい。


2019年2月20日 (水)

釜揚げうどんと天麩羅のご膳 温まります。

日本料理の岡本です。

2月は一番寒さが厳しい季節、お昼に温かな釜揚げうどんは如何でしょう

154

そこに天麩羅を組合わせたお膳をご用意しました。

145

小鉢は根三つ葉の胡麻醤油かけ、金平牛蒡、そして一足はやく春らしい筍ご飯も添えております。

温かな食事はホッとするもの、心を落ち着けてくれます。

今月のお昼の品書きはその他にずわい蟹の天ぷらご膳、鯛めしのお膳、そして一寸贅沢な鰻まぶしご飯などもご用意しております。

是非、こちらのクラブHPをご覧ください。

ご来館、お待ちしております。


2019年2月19日 (火)

新春プランの“特選黒毛和牛ハンバーグ” 今月末まで

鉄板焼の小寺です。

1月、2月限定でお出ししている銘柄和牛を使った“特選黒毛和牛のハンバーグ”も、残り2週間で終了です。

016

通称を「雪見ハンバーグ」と呼んでおり、パルメザンチーズを雪のように振りかけてお出ししています

023
…写真をクリック拡大してごらんください 溢れる肉汁におぼれそう(?)です

お肉は夜の「飛び牛コース」で用意したA5ランクの今月の飛び牛コースで使っている松坂牛の端肉をハンバーグ用に使っています。

このお肉、量がさほど用意できませんので通常のクラシックハンバーグとは別メニューにさせて頂いる、と言う訳です。

新春プランは4名でお一人無料、会員同伴不要などの特典がございますので、是非一度こちらの新春プランパンフレットをご覧ください。


※ランチメニューでお出ししている通常の“ステーキ屋さんのバーグステーキ”は和牛(常盤牛)100%でお作りしております。


2019年2月18日 (月)

宇和島の鯛めしは「日本一贅沢な卵かけごはん」

日本料理の福田です。

今月お出ししている丼は鯛めし

新鮮な鯛の刺身を出汁、醤油、酒、卵黄などで作った特性タレと混ぜ、アツアツのご飯の上にのせ、薬味をたっぷりと利かせて食す丼料理“宇和島式の鯛めし”です。

317

発祥は伊予の漁師の船上料理、今では全国に名を知れた郷土料理となっています。

今月のテーマは「早春の四国、瀬戸内」、とは言えまだまだ寒い日が続きますので、釜揚げうどんと山菜天麩羅のお膳などの温かなお料理もご用意しております。

詳細はこちらHPをご覧ください。


追記:
松山市地方(中伊)は炊込みご飯の鯛めし、南予はお刺身を載せてタレをかけた“ひゅうが飯”が有名、どちらも絶品です。


2019年2月14日 (木)

土曜限定「お好きなボリュームでステーキをどうぞ」お得です

コンチネンタルダイニングの河原です。

土曜限定のお得なメニュー“ステーキ&フリット”をご案内、オーストラリア産サーロインステーキをお好きなボリュームで
昼 3,800円
夜 5,000円
の定額でお召し上がり頂け

136

前菜も立派な盛り合わせをご用意しております。

154

しっかりとした美味しさを持ったお肉をたっぷりと召し上がって頂けますので、お若い方をお連れになってもお財布に響かない、うれしいメニューです。


もっと上質な柔かなステーキを、とおっしゃる方には「銘柄牛ステーキコース」は如何でしょう。 今月は上州牛フィレ肉を150gご用意し、しかも通常平日15,000円を土曜に限り10,000円でご奉仕。

404

この他にも「しゃぶしゃぶ食べ放題」など週末限定お得なメニューの情報を貼っておきますので、ご一読ください。

ご利用、お待ちしております。

2019年2月13日 (水)

コラボレーションメニューも春の色

予約の鈴木です。

今月おだししているコラボレーションメニューから幾つか料理を写真でご紹介

先付替りの握り寿司三貫

010

前菜は四国瀬戸内をテーマに
しょうゆ豆、オリーブ白和え、じゃこ天、若草豆腐など

090

季節のお造り

094

主菜はAUS産サーロインのマルサラソースに筍のロースト

359

きつねのつけ汁蕎麦

213

コラボレーションメニューは和、寿司、フランスの組合わせをお箸で召し上がっていただきます。

詳細はこちらのメニューをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2019年2月12日 (火)

菜の花と蛸のボロネーゼ 思いのほか旨い!!

予約の小澤です。

私どものクラブでは、毎月のメニュー替わりのタイミングでメニュー説明会=試食会を行います。

今回の試食で気に入ったのがヒルズランチの「蛸のボロネーゼ」

489

蛸をミートソースに見立てて作ったソース、これが思いのほか美味しいのです。

魚介の旨味がギュッと凝縮され、食感はムチムチと食べ応え充分、ほろ苦い菜の花も良いアクセントになっています。

今月はその他に「昔ながらのビーフシチュー」

480

「長州鶏の洋風竜田揚げ」

507

など、気軽に召し上がって頂けるメニューをご用意しております。

是非、こちらのHPからメニューのご案内をご覧ください。

2019年2月11日 (月)

ずわい蟹の天ぷらご膳 お昼に如何

日本料理の調理 佐久間です。

今月のおひるのお薦め膳はずわい蟹の天ぷらを主菜にお膳を組んでおります。

082

天ぷらは山菜のタラの芽、さつま芋とずわい蟹を揚げております。

小鉢、先付は根三つ葉の胡麻醤油かけ、きんぴら、鮪山掛け、鶏つくねの煮物といづれもご飯がすすむ副菜をご用意、品数もボリュームもたっぷりとご用意した「ずわい蟹の天ぷらご膳」、是非お召し上がりください。

今月はその他に「鯛めしと煮麺」、「天ぷらと釜揚げ讃岐うどん」のご膳などお気軽に召し上がって頂ける品書きを用意しております。

品書き詳細はこちらクラブHPをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2019年2月 8日 (金)

今月の銘柄牛ステーキディナーは“上州牛フィレ肉150g”+“ソールボンファン”

コンチネンタルダイニングの定池です。

今月ご用意した銘柄牛ステーキディナーのお肉は上州牛フィレ肉

404

150gです。

写真はフィレ肉150g、結構なボリュームがあります。

肉繊維自体が柔かですし、脂が細かく適度に入っていますので食べやすくて胃にもたれません。

しかもおろしポン酢、山葵、藻塩にマルサラソースの4種類を添えていますから、お好みで味に変化をつけながらお召し上がり頂けます。

ご年配の方から女性まで皆様ペロッと完食、そして「柔らかくて美味しい!!」とご好評を頂いております。

これからも食べて美味しく、肉そのものを味わって頂ける「銘柄牛ステーキコース」をご贔屓にお願いします。

メニュー詳細はこちらのDATAをご覧ください。

追記:お魚料理に昔懐かしい”ソールボンファン”を入れております。

423

これがまた、旨いんです。

ご利用、お待ちしております。

2019年2月 6日 (水)

昔ながらのビーフシチュー お昼に如何

コンチネンタルダイニングの定池です。

今月のヒルズランチから私のお薦めは“ビーフチュー”

こちらがその写真

471


クツクツと時間をかけて煮込んだ“昔ながらのビーフシチュー”です。

一緒に召し上がって頂きたく“バターライス”を添えています。

このシンプルな組み合わせが「旨い!」と思わせてくれます。

ヒルズランチのコンセプト「良質な日常食」、そこから導き出された「日本の洋食」をテーマに毎月メニューを作っております。

今月はその他に長州鶏モモ肉の洋風竜田揚げ
521

蛸のボロネーゼと菜の花のスパゲティ
489

そして定番のローストビーフサンドと気軽に召し上がって頂けるお料理をお作りしております。

詳細はこちらクラブHPをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2019年2月 5日 (火)

鰻まぶし飯 鰻の旬は冬

日本料理の佐久間です。

天然の鰻の旬は冬、川魚全般に脂がのった冬が旬なんですが、平賀源内さん発案の「丑の日・・・」で夏に話題をもっていかれてしまい。「鰻は夏」との錯覚が定着してしまいました。

そこでクラブでは「冬こそ鰻」と声を大にし、お昼の品書きにご用意

111

先ずはそのまま一膳、次は出汁茶を添えておりますから茶漬けでもう一膳と召し上がって頂けます。

皆様、脂ののった鰻を食して寒さ厳しい2月を乗切りましょう。

お昼はその他に、ずわい蟹の天ぷらご膳、釜揚げうどんと天麩羅のお膳などもご用意しております。

ご利用お待ちしております。

2019年2月 4日 (月)

長州鶏モモ肉の洋風竜田揚げ 揚げ物ですがさっぱりと頂けます

コンチネンタルダイングで一番の揚げ物ラヴァー 岩田です。

ビールをこよなく愛する私、食べ物の中で一番好きなのが“鶏の唐揚げ”

今月はシェフがランチに新しいスタイルの揚げ物を提案してくれましたので、ご紹介します。

竜田揚げにヒントを得て下味を付けた鶏モモ肉をしっとりと揚げ、香味野菜を刻んでビネガーと合わせたさっぱりソースを添えています

516

全体像はコチラ、シャキシャキの千切りキャベツが良い口直し、ポテトサラダに胡瓜とトマトは欠かせません。

507

前菜はオリーブと山ワサビのサラダ、またはカリフラワーと白菜のポタージュからお選び頂きます。

これにデザートのシャーベットとコーヒーが付いて1,800円、空いていれば個室も使えますから、とてもお得な価格設定です。

その他ヒルズランチでは「昔ながらのビーフシチュー」、「蛸と菜花のボロネーゼ」と気軽に召し上がって頂けるメニューをご用意しております。

メニュー詳細はこちらHPをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »