« 春は土佐の味覚 勢ぞろい 寿司より | トップページ | 減塩、低脂質なランチメニュー“マンスール” »

2019年2月27日 (水)

食材で季節を感じる“シェフズディナー”

コンチネンタルダイニングの定池です。

夜の一番人気が“シェフズディナー” メニューコンセプトは「日本の四季を感じて頂くフランス料理」

3月は一足早く春の食材にスポットをあててメニューを作っております。

前菜は自家製のパストラミ うるい、こごみのサラダを添え、山葵の風味を活かした酸味のラビゴットソースで

209

オマールエビに空豆のリゾット

155

甘鯛の松笠焼きにウニのクリームソース、つぼみ菜他春野菜のローストを添えています。

177

メインは国産牛のカイノミのステーキ 筍、タラの芽など山の恵みと一緒に

196

フランス料理の手法で日本の素材を活かした料理の品々、如何でしょうか。

メニュー詳細はこちらクラブHPをご覧ください。

追記:今月からメインのお肉を国産牛サーロインから国産牛のカイノミに変更しました。カイノミは程よい脂の柔かなお肉、ヒレに連なる希少部位です。フランスでは「ステーキ ド バベット(カイノミ)」の名称でビストロの定番、大人気のお肉です。

« 春は土佐の味覚 勢ぞろい 寿司より | トップページ | 減塩、低脂質なランチメニュー“マンスール” »