« 上州牛のすき焼をコロッケにしました。 | トップページ | 牛鍋、江戸赤みそと割り下で“こってり”で“さっぱり”? »

2019年3月18日 (月)

【イベントレポート】赤坂一日限りの寿司割烹 高知編 

日本料理の岡本です。
3月15日、寿司で開催された「赤坂一日限りの寿司割烹」 も14回目となりました。
008
今回は高知市の酔鯨酒造様のご協力を得て開催
004
001
ご協力頂き用意しましたお酒は
010
酔鯨さん渾身の特別純米酒、純米吟醸から高育54号、吟麗、純米大吟醸から弥、瑞、兵庫山田錦など
当方でご用意した高知食材、郷土の食事は
初鰹薬味盛り
017
金目酔鯨の酒粕に漬けて
016
その他に土佐の素材から、宗田生節一番出し、クエ唐揚げ、土佐はちきん鶏
酒の肴として、のれそれ、鰹酒盗、ふき味噌など春の味覚をご用意
021
お食事とお酒のリストはこちらをクリック拡大してご覧ください。
1
2
「鯨飲馬食」のことわざ通りに皆様鯨のように飲まれておりました。
塩を吹く人はいらっしゃいませんでしたが・・・大盛況、ご満足いただけた様子。
【次のイベントご案内】
5月17日(金)夜に居酒屋スタイルの飲み放題イベント「ぽん酒会」を開催します。
今回は静岡のお酒を集めます。
静岡は隠れた地酒の宝庫、磯自慢、吉久酔、正雪、初亀、英君、開運と蔵名をあげたらきりがありません。
初夏の地物食材と美味しいお酒の組合わせをお愉しみください。

« 上州牛のすき焼をコロッケにしました。 | トップページ | 牛鍋、江戸赤みそと割り下で“こってり”で“さっぱり”? »