« 松坂牛100%のハンバーグステーキ セクレタリーズウィーク4/1~ご用意 | トップページ | 4月の丼は”鮪の漬け丼”、春の山菜うどんも付いてます »

2019年4月 1日 (月)

一口食べたら燻香炸裂、こだわりベーコンを使った“カルボナーラ”

コンチネンタルダイニングの調理 定池です

4月のヒルズランチのパスタをご紹介

今月の商品開発テーマは「静岡」、そこでわたくしは皆様に“カルボナーラ”をご用意しました。

「静岡」で、なんで「カルボナーラ」?・・・その理由は最後に

カルボナーラは新鮮な卵黄とクリームをベースにベーコンの塩味と燻香をアクセントにして味付けしております。

440

カルボとはカーボン、炭の意、粗挽き黒胡椒とベーコンの燻された部分が黄色いソースに点々と黒く炭のように散っています。

カルボナーラに欠かせないチーズは、ソースにパルミジアーナ、仕上げにペコリノロマーナと2種類を使い分け

Photo

ソースの主役ベーコンは御殿場二の岡ハムさんこだわりのベーコン、燻煙がしっかりなされスモークの香りは市販のどのベーコンより強いベーコンらしいベーコンです。

今回はこの静岡は御殿場産のベーコンを見つけて「そうだカルボナーラを作って見よう」と思い立った次第、一口食べて頂ければその意味ご理解頂けると思います。

是非、お召し上がりください。

昭和の初めに宣教師Mrホールデンによって燻法を伝えられ、今でも伝統の手作りを続けているのが二の岡ハムさんです。

ランチメニューはその他に、静岡いきき鶏の“チキンカツ”、懐かしい味“ハヤシライス”などご用意しております。

詳細はどうぞクラブHPからメニューご案内をご覧ください。

 

 

 

 

« 松坂牛100%のハンバーグステーキ セクレタリーズウィーク4/1~ご用意 | トップページ | 4月の丼は”鮪の漬け丼”、春の山菜うどんも付いてます »