« 筍と炙り鰆のジェノベーゼスパゲティ ヒルズランチより | トップページ | なごりの鰤で“鰤大根”そして鮪三種も今週でお仕舞 »

2019年3月22日 (金)

あと1週間で終了です“桜鯛茶漬け” 

日本料理の西野です。

春になるとお昼の品書きでご用意する定番料理“鯛茶漬け”を今年もご用意しました。

363

今月は「ひゅうが飯」、南伊予地方の丼仕立ての鯛茶漬けをご用意しました。

先付、小鉢には春キャベツのお浸し、ひじきの旨煮をご用意、お膳に組んでお出ししますので、お時間の限られた方にも最適です。

そしてちょっと贅沢な“味噌仕立ての牛鍋”などもご用意しております。
394

品書き詳細は日本料理三月昼の品書きをご覧ください。


2月にお出ししたのは宇和島市周辺の鯛めし、醤油出汁と卵黄のタレをかけてまぶした丼 

一方、中伊(松山市)地域は鯛の炊込みご飯の鯛めし、と“鯛めし”ひとつでも地域毎に色々な種類が有るものです。

今月お出ししている鯛めしは南予(伊方町、八幡浜など佐多岬周辺)で一般的な“ひゅうが飯”、のこり2週間で終了、それまでに是非お召し上がりください。


« 筍と炙り鰆のジェノベーゼスパゲティ ヒルズランチより | トップページ | なごりの鰤で“鰤大根”そして鮪三種も今週でお仕舞 »