« 今日のお昼にお寿司は如何 | トップページ | 国産牛の希少部位“カイノミ”と炙りとらふぐのカルパッチョ »

2019年6月13日 (木)

九州の味覚色々 夜の品書き有田でお召し上がりください。

寿司の兼(かね)です。

今月は九州の素材を使ったお酒のアテを取り揃えております。

先ずは天豆の塩茹でで初めて頂き、若布のひょっつると続き、炙り明太子、唐墨、鰯なめろう、稚鮎天ぷらなどお出しします。

066

焼き物は大きな椎茸のステーキを、大分が椎茸の一大産地

主菜は、黑鮑の酒蒸しポン酢ジュレがけ 

060

握りは旬の物を仕入れに応じて見繕ってご用意、中トロ、赤身、真鯛、剣先烏賊、関鯵、車海老などを見繕います。

032

〆のお椀は有明海苔の汁

如何でしょう、九州の旨い物、素材を楽しんで頂ける品書きになっているかと思います。

その他にもお使い勝手に応じて選んで頂ける品書きをご用意しておりますので、詳細はクラブHPメニューご案内をご覧ください。

 

« 今日のお昼にお寿司は如何 | トップページ | 国産牛の希少部位“カイノミ”と炙りとらふぐのカルパッチョ »