« 九州の味覚色々 夜の品書き有田でお召し上がりください。 | トップページ | あじフライ、焼きカレーに黒豚ミートソース  »

2019年6月14日 (金)

国産牛の希少部位“カイノミ”と炙りとらふぐのカルパッチョ

コンチネンタルダイニングの徳永です。

夜のメニューで一番人気がシェフズディナー、料理は旬の食材を積極的に使って季節感あるメニューを作っております。

6月のメインは国産牛の希少部位”カイノミ”のグリル、フレッシュなオレガノとトマトのソースに初夏の野菜をグリルして添えています。

224_2

最初にお出しするのは冷たい前菜、とらふぐの炙りを薄切りにして新生姜風味のソースと茗荷のサラダ

188

続いて温かな前菜、稚鮎のフリットを紅タデとバジルのソースで、リエッも一緒に召し上がって下さい。

203_1

お魚料理はハタのポアレを赤茄子とアンチョビのピュレーをソースにして、甘唐辛子のソテーを添えました。

209_1

初夏の野の恵み、特に香味野菜をたっぷりと付け合せ、ソースにと使っておりますので、皆様に季節を感じて頂けると幸いです。

詳細はこちらのディナーメニューPDFをご覧ください。

ご予約、お待ちしております。

« 九州の味覚色々 夜の品書き有田でお召し上がりください。 | トップページ | あじフライ、焼きカレーに黒豚ミートソース  »