« 「今日のお魚は何?」スタッフへお訪ねください 日本料理より | トップページ | 竜飛岬の本鮪“食べ比べ” 寿司より »

2019年10月23日 (水)

秋の定番“はらこ飯”もあと一週間でお仕舞

日本料理の岡本です。

毎年この季節になるとお出ししているのが“はらこ飯”、宮城から三陸地方で獲れる新鮮な鮭を使った郷土料理です。

143

この時期はお店毎に様々な鮭イクラ丼がメニューに載りますが、当店では焼いた背の部分と炊いたハラスの身を中骨でとった出汁で炊いたご飯と丼にし、イクラを飾った“はらこ飯”をお出ししています。スタッフが5年前に宮城県の亘野町へ出向き、見て、食べて来た“はらこ飯”を再現しております。

今回は宮城名物の油麩と三陸の若布を飾った小うどんとも一緒にお出ししますので、お若い方にも満足いただけるボリュームになっているかと思います。

129

当店自慢の秋の定番料理”はらこ飯”もあと1週間でお仕舞、この機会に是非お召し上がりください。

今月はその他に、秋刀魚塩焼き、さば味噌煮、わらさ西京漬けなど「本日の魚料理」のお膳、松茸と鯛の小鍋などもご用意しております。さらにご接待、勉強会などのお集まりには松花堂スタイルのお弁当、また昼の懐石コースもご用意しております。詳細はこちらお昼の品書きPDFをご覧ん下さい。

ご利用、お待ちしております。

« 「今日のお魚は何?」スタッフへお訪ねください 日本料理より | トップページ | 竜飛岬の本鮪“食べ比べ” 寿司より »