« 日本料理より 昼の品書きに寿司が加わりました | トップページ | 蟹クリームコロッケとジンギスカン、豚丼の北海道対決 »

2019年12月 3日 (火)

12月のクラブはまるで「北海道物産展」 お昼に帯広名物“豚丼”も登場 

フロントの永島です。

各ダイニング、12月のメニューは北海道特集

Pptx012_1

鮭の三平汁に焼きたらば蟹、たら白子はポン酢で、北育ち牛のステーキにジンギスカンは十勝のラム、オホーツク海の帆立をフライにし、釧路の牛乳はデザートに使い、十勝の和牛フィレステーキ。さらには鵡川のシシャモに別海の北海縞海老も登場、ハスカップは知床地鶏と一緒にソースになって、札幌の味チキンカレーに日高昆布で出汁を取り、クロソイはポアレに、噴火湾のホッキ貝、小樽のシャコ、松前の鮪は寿司だねで…まるで「北海道物産展」状態

その中でも私の一押しは

コチラの“豚丼”

294_20191114102701

帯広の名物の“豚丼”に私どもの和食料理長西野が一手間を加えました。

まず、一緒にお出しする椀が“三平汁”、そして甘辛味の豚丼に食べ飽きないようロースとバラ肉を使って江戸赤味噌のタレ(桜鍋の味噌だれを想像してください)と卵黄を添え、丼ひとつで味と食感の変化をお楽しみ頂けます。

各ダイニングでお出ししている北海道プロモーションをクラブHPからメニューご案内に掲載しております。どうぞ一度クリックしてご覧いただき、北海道めぐりをお楽しみください。

ご来館、お待ちしております。

« 日本料理より 昼の品書きに寿司が加わりました | トップページ | 蟹クリームコロッケとジンギスカン、豚丼の北海道対決 »