« 誰もが知っている「オーセンティック」なランチメニュー | トップページ | 9月は新潟・山形の味覚 秋刀魚は・・・入荷は難しいかも知れません »

2020年8月27日 (木)

旬の食材で日本の四季を感じていただく「シェフズディナー」

コンチネンタルダイニングの徳永です。

夜のご利用で一番人気が「シェフズディナー」、コンセプトは「旬の食材で季節を感じて頂くフランス料理」

今回は、新潟・山形の食と食文化をテーマに作った9月のメニューをご紹介します。

前菜は 鮪とアヴォカドのシャルロット バルサミコソース

P2040162

鱧のムニエル シャンピニオンデュクセル 山形の赤ネギのブレゼを添えて

P2040256

新潟産オコゼのポアレ 松茸とコシヒカリのリゾットと

P2040273

国産牛”カイノミ”のグリル ポルト酒ソース トリュフ香インカのめざめフリット

172

9月のシェフズディナーはオーソドックスなフランス料理の技法を用いつつ、新潟・山形の食材を使って日本の秋を演出しています。

メニュー詳細はクラブHP、メニューのページからコンチネンタルダイニングのディナーをクリックしてご覧ください。

アークヒルズクラブではその他にもご利用の目的、お使い勝手に応じた様々なお料理をご用意しております。

是非、お問合せ下さい。

 

 

« 誰もが知っている「オーセンティック」なランチメニュー | トップページ | 9月は新潟・山形の味覚 秋刀魚は・・・入荷は難しいかも知れません »