« 暦では九月は”肉月(にくづき)” 常盤牛プロモーション、鉄板焼より | トップページ | 秋,、旬のリンゴとシードルのソース ハンバーグステーキ »

2020年9月10日 (木)

「オーセンティック」なランチメニュー”子牛のウィーン風カツレツ”

コンチネンタルダイニングの定池です。

今日ご紹介するのは「子牛のウィーン風カツレツ」、今月のランチでお出ししています。

子牛のカツの上にレモンの輪切り、さらにアンチョビがチョンと乗り、ソースは焦がしバターソースに付け合せはこふき芋と定石のスタイル

P2040210

意外やこの料理、ミラノ風とか○○風とか土地の名前がそれぞれ付くご当地バージョンも多く、パン粉にチーズが混ざったり、付け合わせやら、ソースやらが変化して世界中に伝播しております。そのもっと原型と言われているのが、今回ご用意した「ウィンナーシュニッツエル=子牛のウィーン風カツレツ」です。

この度のCOV禍の休業後、ランチメニュー”オーセンティック”を復活させるに一番適したお料理かと思い、お出ししています。

是非、お召し上がりください。

その他、ヒルズランチでは鮭と舞茸のフライ、新潟名物のタレカツ、茸とベーコンのスパゲッティ、ポークフィレカツサンドなどもご用意しております。

詳細はこちら9月のランチPDFをご覧ください。

 

« 暦では九月は”肉月(にくづき)” 常盤牛プロモーション、鉄板焼より | トップページ | 秋,、旬のリンゴとシードルのソース ハンバーグステーキ »