« 北海道の鶏唐揚げと言えば”ザンギ” ランチも残り1週間 | トップページ | 白子、鮭にぼたん海老・・・北海の幸満載、熱々の小鍋  »

2020年11月25日 (水)

アルザスの冬は”シュークルート” ランチにご用意

コンチネンタルダインの飛知和(ひちわ)です。

今日ご紹介するのはランチメニューのオーセンティックの料理から”シュークルート”です

P2050899

”シュークルート”はフランス北西部のアルザス地方を代表する郷土料理、寒くなると各家庭で作られる素朴な煮込み料理です。地理的にドイツ、スイスと接し、歴史的にも両国と切り離せないアルザス地方。食文化もドイツと似てベーコン・ソーセージ、じゃがいもなどを多用します。シュークルートは塩漬けキャベツを乳酸発酵させた「ザワークラウト」と豚肉加工食品を主な材料に使った煮込み料理、ボリュームも満点です。

是非、お召し上がりください。

コンチネンタルダイニングのランチ詳細はこちらのHPをご覧ください。ご来店、お待ちしております。

 

 

 

« 北海道の鶏唐揚げと言えば”ザンギ” ランチも残り1週間 | トップページ | 白子、鮭にぼたん海老・・・北海の幸満載、熱々の小鍋  »