« 自家製の塩辛 じゃがバタと一緒に | トップページ | 黒豚のスパイシーピラフ 程よい刺激 »

2021年4月19日 (月)

山菜のつけ汁、山菜の天ぷら、お蕎麦と山菜は相性が良い

日本料理で副料理長を務めております、倉田と申します

私、前職が箱根の旅館、春になると使う食材は山菜の類が中心、市場経由で農家の方からも仕入れますが、自分達で散歩がてらのびる、ぜんまい、蕗の薹などを採りに近所の雑木林に入ったものです(許可を得て)。

『都会でわぁ、季ぇ~節ゥがぁ♪わからないィだッろ~ぉと~♪』と、「北国の春」で千様(私、大ファンです)が歌ってらっしゃいますが、そんな事は有りません。

今月の日本料理の品書きは山菜類がオンパレード

コチラの天ぷらは、のびる、竹の子、たらの芽、こごみ、ふきのとうに海老の盛り合わせ

P2080730

お昼の”蕎麦ご膳”はにも山菜類、ぜんまいの田舎煮、長芋豆乳寄せ、白魚と明日葉のお浸しに鮪さらだ仕立てとじゃこご飯の組み合わせ

P2080604

山菜のつけ汁に代える事も出来きますし

P2080657

冒頭の山菜天ぷらの盛り合わせを足し”天せいろ”にする事もできます。

品書き詳細は日本料理昼の品書きPDF、こちらをクリックしてご覧ください。

ご利用お待ちしております。

 

『こぶし咲くあの丘、北国の♪・・・・あぁ北国のぉ~春ッあぁぁる~♪』

このご時世ですから、マイクを握るのは暫く自制し、エアカラオケです。

« 自家製の塩辛 じゃがバタと一緒に | トップページ | 黒豚のスパイシーピラフ 程よい刺激 »