« 蔵王発祥”ジンギスカン”はオニオン&ジンジャーの醤油ソースで | トップページ | 仙台名物”牛タン”、牛スープも »

2021年11月24日 (水)

宮城の郷土料理”はらこ飯” 後1週間でお仕舞です

日本料理の倉田です

”はらこ飯”の発祥の地は宮城県の但野町(諸説あり)だそうです。

P2120233

クラブでは「がんばれ宮城」と、震災の翌年から”はらこ飯”を品書きに入れており、今では晩秋の定番料理。この丼を待ち望んでいる方も多いと聞いております。

「はらこ飯」、要は”鮭丼”ですが、当店では鮭の腹身は”炊き”で、背側の身は”つけ焼き”にし、ご飯は腹身を炊いた出汁で炊くなど、手の込んだ丼になっております。そしてイクラもたっぷりと乗せてます。

お昼の品書き「お昼のご飯膳」で白ご飯の替わり(追加550円)でお出ししております。

今月は宮城に因んで金華山沖の”サバ竜田揚げ”、醤油と出汁で里芋と牛肉、根菜類を炊いた”芋煮”などをお出ししております。

こちらのクラブHPメニューご案内で品書き詳細をご覧頂けます。

宮城の郷土料理、今月末までご用意しております。

 

« 蔵王発祥”ジンギスカン”はオニオン&ジンジャーの醤油ソースで | トップページ | 仙台名物”牛タン”、牛スープも »