2020年12月17日 (木)

ハンバーグステーキは王道のデミソース

鉄板焼の小寺です。

和牛100%、ステーキ屋さんのハンバーグステーキ、今月はデミグラスソースでお召し上がり頂きます。

Humberg-cut_20201127141001

肉汁があふれ・・・ あぁ~と感嘆のうめきしか出てこない。

何とセクシーなハンバーグステーキ、私は肉汁に溺れたい。(談:焼き手鈴木)

Humberg_20201127141001

冬の根菜類を焼き野菜にたっぷりと使い、前菜替わりの7種野菜サラダは甘さと酸味が絶妙バランスのりんごドレッシング、と肉以上に野菜も沢山召し上がって頂きます。

ご好評いただいている牛すじコンソメスープはお代り自由、これだけでも食べに来る価値あり、と言われています(コメント:会員E様より)。

是非、お召し上がりください。

 

 

2020年12月15日 (火)

冬に美味しくなる物、色々ご用意 寿司より

寿司のカウンターで握手をしている兼(かね)です。

毎朝仕込みをしておりまして、冬になると手間がかかる仕込みが増えます。

それは「蟹」。

毛ガニ、香箱蟹、ズワイ蟹と予約のお客さまの顔を思い浮かべながら仕入れるのですが、まぁ~仕込みが大変。

P2050483_20201127093601

さらに冬らしいツマミとして白子、あん肝、イクラなども仕込みに手間をかけます。

P2060186

おすすめとしては北海道鵜川産のししゃもが手に入りましたので、揚げてお出しします。

P2060167_20201127093401

握りのネタでは貝類、イカ、白身のハタの類なども美味しくなりますし、鮪も旬。

P2050429-2

要は「何を食べても美味しい」のが冬、寿司は冬が一番おいしい季節です。

こちらにHPのクラブからお得な情報のページへのリンクを貼っておきます。

是非ご覧ください。

2020年12月10日 (木)

12月のシェフズディナーは北の恵み満載

コンチネンタルダイニングの定池です。

12月は、一足早く冬を迎えて食材に栄養をたっぷりと蓄えた北海道の海の幸、野の恵みでメニューを作ります。

今日は、私のおすすめ”シェフズディナー”を写真を交えてご紹介(写真はクリックで拡大)

✔鮪と帆立の炙り 蝦夷わさびのビネグレットソース

P2060432

✔ズワイ蟹とほうれん草のリゾット ふぐ白子のローストを添えて

P2060417

✔平目のシャンパーニュ蒸し ウニのクリームソース 白菜のエチュベとともに

P2060505

✔国産牛希少部位”カイノミ”のグリル 熟成バルサミコ 北見玉ねぎの岩塩包み焼き

P2010107_20201117145901

シェフズディナーは「冬の北海道」を料理で感じてい頂きたく、ズワイ蟹、蝦夷わさび、雲丹、平目、鮪に帆立と北海道の食材を満載したメニューを作っております。メニュー詳細はこちらクラブHPからメニューご案内のページをご覧ください。

またご接待、お打ち合わせに最適な銘柄和牛のフィレ肉を使ったステーキディナー、ワインがお好きな方に蝦夷鹿の赤ワイン煮込みなどを入れたメニューもご用意しております。

ご利用、お待ちしております。

 

 

2020年11月18日 (水)

北海道の味覚 日本料理夜の品書きより

日本料理の西野です。

今月の夜の品書きから”巧”は、北海道の海の幸、野の恵みから食材を集めて献立を作っております。

写真を交えて品書きを説明させて頂きます。

先付け 菊菜の黄金和え

前菜  しゃこ、ししゃも、鰰、雲丹、くわいなどで構成

P2050747

お造り 鮪、鯛松皮つくり、帆立

P2050572-2

焼き物 真鱈の唐墨焼き

そして 小鍋に仕立てた十勝牛の柳川仕立て

P2050776

酢の物に 水蛸の炙り

お食事  ななつぼしの新米

お椀   石狩汁

以上の構成でお造りしております。

品書き詳細はコチラHPからご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

 

2020年11月16日 (月)

北海の海の幸満載 あんこう、鮭、おおあさり 海の幸ディナー

コンチネンタルダイニングの定池です。

11月は一足早く冬を迎える北海道の食材にスポットをあててメニュー作りをしております。

今回ご紹介するのは夜の”海の幸ディナー”

北海道と言えば鮭、前菜は鮭を二種の料理方法 マリネとリエットにしサラダ仕立てでお召し上がり頂きます。

P2050809_20201109104501

そしてアサリ、大きな物を選んでクラムチャウダーに

P2050887

アンコウをローストにし 海老と赤ワインのソースで

P2050935_20201109104601

冬の北海道の食材をたっぷりと使ったお料理でコースを構成してみました。

メニュー詳細はこちらHPでご覧いただけます。

ご利用、ご予約お待ちしております。

 

2020年11月13日 (金)

毛ガニ、帆立、白子 酒肴色々ご用意してます 寿司より

寿司の池田です。

本州より一足先に冬に入る北海道、この寒さで海の幸がグッと美味しくなる季節です。

そので今日は夜にお出ししている、酒肴一揃いと握りのコース”有田”から美味しいところをご紹介

P2050498

先ずは冬の味覚の代表”毛ガニ” 食べるのが大変ですから、ほぐし身でお出しします。

P2050483

帆立も見逃せません 今回はサッと炙り、炊いた占地と合わせています。

P2050465

そして黒七味をふった白子、北海道ではタチと呼ばれています。

P2050452

その他、鱈子の含め煮、季節のお造り三点盛り、握り7貫とお出しします。

お造り、握りは季節の物から良いところを見繕ってお出しします。

品書き詳細はコチラHPから寿司夜の品書きをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2020年11月12日 (木)

ブランケット ド ヴォー 子牛のクリーム煮込み 懐かしい料理です

コンチネンタルダイニングの飛知和(ひちわ)です。

今月、私からのお勧め2皿、フランスの地方料理、ご紹介します。

先ず、夜のオーセンティックディナーでお出ししておいる「ブランケット ド ヴォー 子牛のクリーム煮込み」

白いお肉の料理=子牛肉の煮込みは冬の家庭料理の代表、見た目ほどしつこくありません。玉ねぎとワイン、そしてクリームのバランスの良いお料理です。

P2050974

メニューコンセプトどおりの懐かしい料理、冬になると必ず作る定番フランス料理です。

そして二皿目はアルザス地方の郷土料理「シュークルート」ランチにお出ししています。

P2050899_20201109091801

ソーセージ、塩漬けの豚肉など貯蔵用に加工した豚肉食品を使った冬の煮込み料理です。

古くは、秋深くなると村中の人が集まって豚1頭を屠畜、解体し生肉を取り、残りをソーセージなどに加工して分配し一冬分の食材を確保。貯蔵用のキャベツの漬物=ザワークラウトとじゃが芋とソーセージ類を一緒に炊いて作った庶民の味がシュークルートです。

今月の昼夜にお出ししている「オーセンティックな料理」をご紹介しました。

是非、お召し上がりください。

メニュー詳細はコチラHPへのリンクをご覧ください。

2020年11月10日 (火)

タラバ蟹、北寄貝、帆立、アンコウに蝦夷わさびとバター シェフズディナーは北海道の味覚満載

コンチネンタルダイニングの定池です。

今月のシェフズディナーは北海道の野の恵み、海の幸をふんだんに使ったお料理で組み立てています。

先ず、冷たい前菜はタラバ蟹、水菜のサラダ仕立て イクラとクラムのジュレ

P2050817

二皿目は帆立貝と北寄貝のバターソテー 春菊とベーコンのパスタ添え

P2050914

お魚料理の2品目は北海道産あんこうのロースト 海老風味の赤ワインソース

P2050935

メインは国産牛の希少部位”カイノミ”のグリル 蝦夷わさびソース 海老芋リヨネーズと共に

P2020499

今月は一足早く冬が訪れる北海道の食材を使った料理でコースを構成し、寒くなると益々美味しくなる貝類、アンコウなど北の幸に海老芋、えぞ山葵などの和の食材をアクセントに用いて料理を作っております。

ご接待、お仲間内の会合などにいかがでしょうか。

その他にも、ご予算、お使い勝手に応じてお選び頂けるメニューをご用意しております。是非こちらメニュー詳細のPDFをご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2020年11月 4日 (水)

北海道と言えば”ザンギ”、鶏の唐揚げをアレンジしました

コンチネンタルダインの定池です。

11月は北海道をテーマにしてメニューを作っております。

その中から、今日はヒルズランチでお出ししている”鶏もも肉の一枚揚げ”をご紹介

もうお気づきと思いますが、北海道の郷土料理”ザンギ”から発想を得た一品

P2060005

塩胡椒、少量のニンニクにアレコレ(秘密です)をまぶしたオリジナルの唐揚げ

P2060014

肉汁がしたたり落ちるほどに身は柔らかく、皮目はパリッと揚って、美味しい唐揚げの条件が揃っています。

ヒルズランチではその他に”ジンギスカンとななつぼしの新米プレート”、”魚介たっぷりのスパゲティ”など、気軽に召し上がって頂けるメニューをご用意しています。こちらのリンク先、クラブHPからメニューご案内で内容詳細をご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2020年10月26日 (月)

急に寒くなって来ました「鯛と茸の小鍋」お昼に如何 

日本料理の西野です。

今月は羽越、新潟・山形をテーマに品書きを作っております。

新潟は粟島、山形は飛島と有名な漁場があり鯛が名物、そこでお昼に「鯛と茸の小鍋」熱々をお出ししております。

P2040707

具は鯛、平茸、椎茸、はなびら茸、厚揚げ、白菜、長葱に水菜と秋の野の物と海の幸を合わせて炊いております。

小鉢は、秋ナス含め煮、牛時雨煮とお造り二種を一緒にお膳に組み、あわせて佐渡のコシヒカリの新米をお出しします。

今月のお昼は、その他に「はらこ飯」、秋刀魚塩焼きなど「本日のお魚料理」、さらに「天ぷら」、「お造り」を品書き”お昼のご飯膳”でご用意、ご自身のお好みのお料理を主菜に選んで頂けるようになりました。

昼の品書き詳細はこちらのHPからご覧いただけます。使い勝手に応じてお膳、お蕎麦、黒毛和牛のステーキなどご用意しておりますので是非、ご利用ください。

なお、只今はCOV対策の一環としてテーブル席の椅子数を減らし、また個室の収容人数を抑えてご予約の席コントロールをしております。場合によってはご要望にそったご案内が出来ねる場合がございます。この点、ご容赦ください。

 

より以前の記事一覧