2020年7月 2日 (木)

豆腐カツ煮 暑い時こそ熱い料理

日本料理の西野です。

昨年末、箱根へお湯に浸かりに出かけた際、強羅の駅裏で面白い料理を発見しました・・・「豆腐カツ煮」です。

それに私なりにアレンジを加えたのがコチラ

P2020931

カッコ良く言うと「インスパイア」ってヤツでしょうか。

強羅の方が作った豆腐のカツと私のカツの違いは「海苔」と「具」。私の方は豆腐を海苔で包み、さらに挽肉の具を中に詰めた豪華版です。

熱々の豆腐カツ煮に、しらすと空心菜のお浸し、ぜんまいと干し椎茸の甘煮、具沢山のけんちん汁と組み合わせてお膳でお出しします。お米は佐渡国仲平野のコシヒカリ、食が進むこと請け合いのご飯のお供です。

この時期、冷房が効いた部屋にいる時間が長くなると、意外と温かな料理が欲しくなる時があります。そんんた時に熱々の豆腐カツ煮、是非、ご賞味ください。

 

2020年7月 1日 (水)

二の岡ハムの燻製ベーコンで”アマトリチャーナ”

コンチネンタルダイニングの定池です。

7月のヒルズランチでご用意したスパゲッティ“アマトリチャーナ”をご紹介

P2030658

洋食の”ナポリタン”の原型では?と言う説があるほど(諸説あり)、日本人の舌に馴染み易いスパゲッティがアマトリチャーナ。

今回は御殿場二の岡ハムさんが作った、しっかりと燻製されたベーコンを使っています。ベーコンの旨味と燻煙の香りを楽しんで頂こうと考え、シンプルなトマト、玉ねぎのアマトリチャーナにしました。是非、お試しください。

P2030144

6月、沢山ご注文頂いた”鰺フライ”は7月も続投。新しく登場するのは、生姜の香りが食欲をそそる”ポークジンジャーと発芽米”のプレート、パスタ、揚げ物、ご飯物とその日の気分、お好みでお選び頂けます。

こちらにクラブHPからメニューご案内 へのリンクを貼りますので、是非一度ご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

2020年6月26日 (金)

近海物の”鰺フライ”

コンチネンタルダイニングの定池です。

初夏の魚、と言うと先ず思い浮かぶのが鯵、鰯、そして鰹でしょうか。

この時期は、鯵・鰯の漁場は東京近海に移り、当店も相模湾・房総周辺の漁港に水揚げされた新鮮な鯵を使った“鯵フライ”をご用意しております。

270_20200602140401

今月の付け合わせは懐かしいスパゲティサラダ、マヨネーズ味です。

278_20200602140401

当店の鯵フライは、細かなパン粉を使ってカラッとした口触り、脂がのって厚みのある身はふっくらと揚っています。

タルタルソースの他にもウースターソース、醤油、辛子などもご希望でご用意しますので、貴方のお好みの鯵(味)に変えてお召し上がりください。

日本料理では鯵と紫蘇の天ぷらをお昼にお出ししおりますが、当方は毎年恒例の鯵フライで勝負(?)しております。

その他、今月はミートソーススパゲティ、油と小麦粉を使っていないヘルシーなチキンカレーなどご用意しております。

詳細はクラブHPからメニューご案内を ご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

 

2020年6月24日 (水)

相模・房総 地物の海鮮丼

日本料理の西野です。

毎月ご用意しております”お昼の丼”

今月は相模、房総の地物を中心に盛り込んでみました。

P2020840

相模湾でとれた金目と鯵を軽く酢洗いし、マグロとシラス、色合いに卵、いくら、小田原に因んで蒲鉾も飾っております。

P2020846

一緒にお出ししているのは具沢山の「鰯つみれ汁」。

房総産の鰯を指で三枚に卸し、小骨はそのままにして包丁で薬味と良く叩きます。箸で汁からすくうとホロホロに崩れてしまいそうな鰯つみれ汁、素朴ですが旨い!

一緒にお膳を組むのは千両茄子の揚げびたし、つる紫のお浸し、そして鉄砲漬けのハリハリとした食感、ピリ辛具合が良い箸休めになります。

コチラの他に夏野菜と海老の天ぷらを添えたそばご膳、鯵のシソ巻き天ぷら、金目一夜干しなどのお魚ご膳もご用意、詳細はコチラHPからメニューご案内 をご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

2020年6月22日 (月)

お寿司の半額プロモーション、後1週間でお仕舞いです。

寿司の池田です。

日頃ご愛顧頂いておりました皆様に、4月5月と長らくお休みを頂戴しておりましたお詫び(?)と、営業再開のご挨拶を兼ねて、お昼の美濃6千円を3千円、夜の有田12千円を6千円でご奉仕させて頂いております。

6月末でこの企画も終了となります、残り1週間ではありますが、是非ご利用ください。

026

今月一杯の太っ腹な企画です。

なお、握りのネタとツマミの食材はカウンターの職人にお任せ下さい(当方のやりくり、都合もございますのでご理解のほどを)

また、ご来館時に手のアルコール消毒と検温をお願いしております。

時節柄ですので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ご来店、お待ちしております。

 

2020年6月 4日 (木)

カレーが変わりました。脂分を控えた野菜ベースのスパイシーカレー 

コンチネンタルダイニングの定池です。

当店のカレーのベースが大変身、余分な脂を使わずに野菜と香辛料をふんだんに使ったチキンカレー、ヒルズランチでお出ししております。

P2000986

新しいカレーは小麦粉を一切使っていません。そしてバターなどの動物性脂質は控え、玉ねぎを中心に野菜をたっぷりと使って各種香辛料の香りを充分に引き出しています。トロミは煮込まれたジャガイモから。

因みに従前のポークカレー一皿が≒900Kカロリー、今回(写真)のチキンカレーは500Kカロリーと半減しています。ご飯200gが約300Kカロリー、これは変わりませんので、ルーに使う脂分と小麦粉、肉の脂肪の減少が主なものです。

「カレーは好きなんだけど、胃もたれが・・・」とおっしゃる方、当店の新しいカレーを是非一度お試しください。胃もたれしない美味しいカレーに仕上がったと自負しております。 

新しくなったカレーはバー&ラウンジでも終日お召し上がり頂けます。

ご注文、お待ちしております。

 

2020年6月 2日 (火)

お昼のセット”美濃“、夜のコース”有田”を半額の3千円、6千円でご提供 寿司より

寿司の池田です。

長らくお休みを頂戴しておりました。

日頃ご愛顧頂いておりました皆様に、お詫び(?)とご挨拶を兼ねて

お昼の美濃6千円を3千円、夜の有田12千円を6千円でご奉仕させて頂きます。

是非ご利用ください。

026

期間は今月一杯、太っ腹な企画です。

なお、握りのネタとツマミの食材はカウンターの職人にお任せ下さい(当方のやりくり、都合もございますのでご理解のほどを)

ご来館時に手のアルコール消毒と検温をお願いしております。

時節柄ですので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ご来店、お待ちしております。

 

2020年4月 6日 (月)

ランチ”オーセンティック”はお馴染の料理を提供

コンチネンタルダイニングの定池です。

3月から新しいコンセプトのランチ”オーセンティック”、タイトル通りに何方も「食べた事がある」「(料理名を)聞いたことがある」そんな安心して注文頂けるお料理をお出しします。

4月はイタリアはローマの郷土料理から”サルティンボッカ”

P2010949

サルティンボッカは子牛肉をソテーしセージ(サルビアの葉)、生ハムを一緒に添え、今回はマルサラソースで召し上がって頂きます。

サルビアの花が咲くのが春、それで春の料理とも呼ばれています(談:定池、諸説あり)。

前菜はオードブルヴァリエ(本日の盛り合わせ)、またお魚料理もお選び頂けますのでご希望の方は「お魚は何?」とスタッフにおたずねください。

メニュータイトルの”オーセンティック”がコンセプトそのもの「安心してご注文頂けるお馴染みの料理」を心がけて毎月メニューをお作りしております。

ランチではその他には銘柄牛のステーキをシンプルに楽しんで頂く「ステーキランチ」、減塩低脂質を心がけた「マンスール」、良質な日常食日本の洋食をコンセプトにした「ヒルズランチ」などお使いの目的に合わせてお選びいただける様々なメニューをご用意しておりますので、是非こちらクラブHPからメニューご案内をご覧ください。

ご利用、お待ちしております。

 

2020年3月25日 (水)

4月は九州の味覚 シェフズディナー 

コンチネンタルダイニングの定池です

4月のシェフズディナーは九州に素材を求めて春らしいメニューを作成しております。

ちょっとおもしろい食材も使っておりますので、写真を交えてお料理をご紹介。

先ず、前菜のトラフグの炙りカルパッチョスタイル ウルイと新玉ねぎのサラダ添え

P2010839

玄海灘産のヒゲダラのポアレ カラスミと春菊を練りこんだパスタを付け合わせに

P2010884

ウチワ海老とそら豆のテルミドール 懐かしい料理テルミドールを九州名産のうちは海老で作ってみました。走りのそら豆も一緒にグラン状に焼いております。

P2010992

国産牛の希少部位”カイノミ”は適度な脂の赤身肉、ただ柔らかなだけのお肉ではなく、かみしめて美味しいお肉です。そこに有馬山椒とフォンドヴォーのソース 新じゃがとグリーンアスパラガスのコロッケ

P2010916

九州は海も山も近く、豊富な山菜に春野菜、玄界灘、有明海など豊富な魚介類に、鶏に豚、牛の野の恵み、さらに独特の料理文化もあります。

この機会にシェフズディナーで九州の素材を生かしたお料理を是非お楽しみください。

メニュー詳細はクラブHPからメニューご案内 をご覧ください。

追記:ウチワ海老について

ウチワ海老は九州から山口にかけての砂地の海底に住む珍しい海老。身はプリっとした食感で濃厚で旨味が強いのが特徴。体全体が固い鎧のような扇状の殻に覆われています。身が肥えて美味しい時期は冬から初夏と言われており、イセエビより旨いと評価する方もいます。

2020年3月24日 (火)

”宇和島鯛めし”は日本一贅沢な卵かけご飯

日本料理の西野です。

3月は一足早く春が訪れる瀬戸内、愛媛の食文化にスポットを当てて品書きを作っております。

今月のお昼にご用意した丼は”宇和島鯛めし”、召し上がって頂けるのもあと1週間です。

P2000647

「日本一豪華な卵かけご飯」とも言われている様に、醤油出汁に卵を溶いた特製漬けダレを鯛の切り身にたっぷりとかけて召し上がって頂きます。

P2000641

一緒にお出しするのは、浅利のはりはり汁、小鉢は根三つ葉のお浸し、山クラゲと薄揚げの炒め煮

一般的な鯛茶漬けとは一味違った”宇和島の鯛めし”もあと1週間でお仕舞いです。

瀬戸内には美味しい物が色々とあります。品書き詳細はこちらクラブHPをご覧ください。

ご来店、お待ちしております。

より以前の記事一覧